スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良いお年を!
そんなわけで、2016年もあと7時間を切りました。みなさま、年末のご用事はお済みでしょうか?私は、済んでないけどこんなものを書いてます。何か?

さて、今年を振り返ってみますと、なんといってもアルバムリリースでございます。長年の夢だったアルバム販売が、ついに実現したのでした。


Landscape _Thumb

『LANDSCAPE』 (\1,800)
1. Intro
2. Blue Sky
3. Romantic Headache
4. Blue Stone
5. Chu Chu Chu
6. Silver Hawk Jack
7. Phonon
8. Delicious
9. Landscape

いや、ほんとにうれしい。
しかし、出すだけでは意味がない。是非買っていただきたいのです。みなさんも、お年玉をもらったら是非買ってあげてください(何歳向けの日記なんだ、これは)

iTunes Store
https://itun.es/jp/I4lKgb

Apple Music

Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MXVRQLT/ref=dm_ws_sp_ps_dp

Prime Music (Amazon Prime)
(2017年3月8日より販売開始)

Music.jp

ORICON
(2016年12月13日より販売開始)

Spotify

kkbox
https://www.kkbox.com/jp/ja/album/IRTFXv7j3G7pZ0F1FiXZ009H-index.html

mora

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005531935/?affiliate=4350010196

LINE MUSIC

Google Play
https://play.google.com/store/music/album/Takayuki_Nishioka_Landscape?id=Bsujtbhvxtwalyebsg7a2shs4jm&hl=ja

AWA
(2016年12月10日より販売開始)

うたパス

スマホでUSEN

楽天MUSIC


それ以外には・・・とブログを読み返すと、NumberOneMusicで1位というのもありましたね。

で、あとは新曲リリースのことくらいしか書いてない。ん〜・・・まぁ、そのためのブログでもあるのでいいんですけど、告知ばっかりってのは、典型的な「面白くないブログ」。これじゃいかんな。

ってかね、前にも書いたかもしれないけど、普段のことはFacebookで書いちゃってるので、ここにあんまり書かないのよ。とはいえ、それが故にここが無味乾燥になっていくのは本意ではないのです。うん、来年はちょっと考えようっと。

さて、2017年の決意ですが、すでに心に決めていることもあったりします。が、それは来年はじめの「あけましておめでとうブログ」で書くことにします。ほら、気が変わるかもしれないし(ちょー弱気)。

そんなわけでみなさま。本年も大変お世話になりました。来年も変わらぬご愛顧のほど、ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください!
1stアルバム『Landscape』 iTunes Store等で販売開始!
皆様!

本日12月8日、Takayuki Nishioka初の1stアルバム『Landscape』をリリースいたしました!
iTunes Store、Google Play、Amazon Music等でダウンロード販売を開始しております!


Landscape _Thumb

『LANDSCAPE』 (\1,800)
1. Intro
2. Blue Sky
3. Romantic Headache
4. Blue Stone
5. Chu Chu Chu
6. Silver Hawk Jack
7. Phonon
8. Delicious
9. Landscape


ネット未発表曲2曲(「1. Intro」「9. Landscape」)を含む、全9曲入り!
全曲Flash氏によるリマスタリング!

アルバム・ジャケットの写真もFlash氏です。

これまで発表した曲達から厳選した7曲(リマスタリング)+未発表曲2曲(「Landscape」はこのアルバムのために書き下ろした曲です。)いわば、ここ10年の集大成です。
1曲200円。9曲で1,800円です。よろしければ、是非買ってやってください!


アルバム『Landscape』は、以下の各サイトでお買い求めいただけます。

iTunes Store
https://itun.es/jp/I4lKgb

Apple Music

Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MXVRQLT/ref=dm_ws_sp_ps_dp

Prime Music (Amazon Prime)
(2017年3月8日より販売開始)

Music.jp

ORICON
(2016年12月13日より販売開始)

Spotify

kkbox
https://www.kkbox.com/jp/ja/album/IRTFXv7j3G7pZ0F1FiXZ009H-index.html

mora

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005531935/?affiliate=4350010196

LINE MUSIC

Google Play
https://play.google.com/store/music/album/Takayuki_Nishioka_Landscape?id=Bsujtbhvxtwalyebsg7a2shs4jm&hl=ja

AWA
(2016年12月10日より販売開始)

うたパス

スマホでUSEN

楽天MUSIC

NumberOneMusicで1位
誰にも言ってなかったんですが、最近「NumberOneMusic」というサイトに曲をアップロードしていました。

このサイト、無料で音楽を登録できるんですが、無料だと登録できるのが3曲まで。しかも、最初に登録したときに「SoundCloudと同期する」という項目に「Yes」としたら、新しい曲から3曲同期されて、以上、終了。もう新曲は登録できない、という。

なので、誰にも言わなかったのでした。なんだ。どうにも使いようがないや。

で、もういいやと思っていたんですが、今年のはじめにリリースした「Blue Sky」という曲が、このサイトで1位になってました。


https://www.numberonemusic.com/charts?geo=local&country_id=108&genre_id=27&query=&my=0

いえ、「Japan」の「Electronica」ジャンルでの1位ですけどね。

ちなみに、「Japan」の「All Genre」ランキングだと、今日は7位(過去最高3位)。「Global」の「Electronica」ジャンルだと31位。

というわけで、久しぶりの「1位」。よかったら今のうちに、上のリンクから見ておいてやってください。
klix*新曲『Moonlight Swing』
はい、klix*のニシオカです。

相変わらず制作周期がデタラメなklix*ですが、新曲です。お待たせしました、ボーカルはmiyuです。

今回のこの曲は、「ジャズが歌いたいっ!」というmiyuのリクエストです。と同時に、僕自身もどうしてもやってみたかった曲です。ものすごく時間がかかってしまいましたが、やっとできました。曲は短いですが、どうか聴いてやってください。miyuと僕の自信作です。

この曲の音も、ほとんどがReasonでゼロから作った音です。頑張ってます(w。

OKMusic
http://okmusic.jp/user/36993

MySpace
https://myspace.com/klix5

Musictrack (+)
http://musictrack.jp/user/19151

Big Up! Free (*)
http://www.muzie.ne.jp/artist/r018106

+) コメントを書きこむにはログインが必要です。試聴はログインしなくてもできますが、このサイトからのダウンロードはできません。
(*) 公開までに1~2日程度必要です。
ソニー vs 任天堂(あるいはPS vs Switch)
Nintendo Switchが発表されました。

僕は別にゲームマニアじゃないけど、ソニーや任天堂のゲーム機がリリースされるたびに気にして見てます。

で、いつも思うのは、ソニーと任天堂のゲーム機に対してのアプローチの違い。大げさにいえば、両者の「ゲーム機に対する哲学の違い」です。

ソニーはPSを「エンターテイメント・センター」にしようとしているみたいです。Blu-Rayが再生できる。グラフィック性能がすごい。なんだったら4Kだって再生できちゃう。すごい。

一方、任天堂のほうにはそういった項目はあまりフィーチャーされてきません。SwitchのときもWii Uのときも、古くは64のときもそうだったんですが、ゲーム機のスペックはほとんど全面に出ない。今回のSwitchもそうですが、同時期のマシンスペックだけでいったら、PSのほうが上に見えるんです。

でも・・・

でもね。

僕らは楽しいゲームで遊びたい。はっきり言ってしまえば、ゲーム機のスペックなんてどうでもいいです。楽しいゲームで遊べればそれでいいんです。なんだったら、グラフィックのレベルはスペースインベーダー程度だって全然構わない。インベーダーが他のゲームより面白ければ、それで十分なんです。映画も見られるゲーム機より、映画は見られないけどマリオが遊べるゲーム機のほうがずっといいわけです。

任天堂はそこを知っている。だから、彼らはいつでも「そのゲーム機でどんな楽しいゲームができるか」にフォーカスを絞っているように思えます。「あれもこれも、全部できます」ではなく、「こんなに楽しいゲームが遊べます」っていうポイント。マリオが、マリオカートが、スプラトゥーンが、このゲーム機でこんなに楽しく遊べる、っていうことのほうが、Blu-Rayが再生できます、ゲームのグラフィックがきれいです、なんていうことよりずっと大事なことのように、僕には思えます。

3DOやサターン、Xboxといったゲーム機戦争を戦って勝ち残ったのはソニーと任天堂だけなわけですから、どちらが正しいという話ではないのです。逆に言えば、この両者は「ゲーム機がとるべき2つの形」を提示したからこそ生き残っているわけです。しかし、もしこれが最後の2つの形なのだとしたら、僕は任天堂的な哲学のほうが好きです。

というわけで、僕の家には64もWii Uもありますが、PSは買ったことはないし、ほとんど遊んだこともありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。