スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新曲!『気づかずに -featuring Junko, Mayu,kikuzo-』
新曲です。タイトルは『気づかずに –featuring Junko, Mayu, kikuzo–』です。
この曲には、「ニシオカ史上初めて」のことがたくさんあります。

(1)(歌入りとしては)初のスロー曲
インストとしてはやったことがあるのですが、歌モノとしては始めてです。どうして今までスローをやらなかったんでしょうね?自分でも不思議ですが・・・。

(2)初のR&B
これもどうして今までやらなかったんですかね・・・?まぁ、単に「巷で流行り過ぎてたから」っていうところもあるんですが・・・(^^;)

(3)初女性デュオ+Rap
kikuzoさんに「Duoってどうですか?」と提案していただき、しかも2人とも紹介してもらって歌っていただきました。kikuzoさんは本当に顔がデカ広い。いいボーカリストを沢山知っています。いつもありがとね。もちろん、彼のRapも今回はいつも以上に大人かつキレイです。

(4)史上最長
8分42秒あります。kikuzoさんと二人で話し合ったテーマは「空気感」。「息をつめて聴く」というよりは「空気に溶け込んでいる」という感じで「フワ~」っと聴いていただければ幸いです(なので、メロディーもわざわざ覚えにくく希薄な感じに作っています)。それに見事に応えてくれたJunkoさんとMayuさん。2人のアンニュイかつ美しいハーモニーが、やわらかで落ち着いた雰囲気を作り出してくれることでしょう。

(5)大人数コラボ
Music and Arrange :Takayuki Nishioka
Lyrics:Junko、kikuzo
Vocals:Junko、Mayu
Rap:kikuzo
French Poem:浅見秀雄
Poem Reading and Dialogs:千葉祐子、永瀬たくみ

合計7人。これは、「Amazing Grace」の8人に次ぐ記録です。本当は、このBlogでもちょっとだけ触れたフランス人のRemyがきちんと仕事をしてくれていれば9人になったのですが、まぁ多けりゃいいってもんでもないし、千葉さんもたくみさんも、代役どころかそれ以上の仕事をしてくれました。千葉さんはまるでネイティブみたいに読んでくれましたし、たくみさんのささやき声もたまらない。曲の一番最後に流れる「ウフフ」というたくみさんの笑い声を聞いて、kikuzoさんが「惚れちゃいそう」と言ってました(笑)

浅見氏は、ご自分のサイトで美しいフランス語の定型詩を作っておられます(http://www.gabacho-net.jp/french-poems/)。「曲の途中でフランス語の詩の朗読を流したい」と思いつき、(自分では作れないので(^^;))ネットを探しているときに見つけた方で、形式的にも文法的にも正しく、今回の曲のイメージにもぴったりという最高の内容だったので、早速メールさせていただき、使用許可をいただきました。ご快諾いただいたことを、この場を借りてお礼申し上げます。

そんなわけで、やっとできました。Remyさえちゃんと仕事をしてくれていれば1ヶ月前にはリリースできたはずなのに、ズルズルと遅れてしまい、他の関係者の方にはご迷惑をおかけしました。2週間経ってもファイルが送られてこなくて「あの件、どうなってる?」とメールで問い合わせたら「いや、女の子は見つけたんだけどね。今、マイクを探してるんだ」という返事が返ってきたときは、椅子から転げ落ちそうになりました。なんじゃ、そら(--;)。

さぁ、では是非お聴きください。こんな豪華なコラボは、多分しばらくできません(^^;)。

※毎度ではありますが、認証に時間がかかるため、Nextmusic以外のサイトで聴けるのは2~3日後です。Nextmusicではすぐにお聴きいただけます。

Nextmusic:
http://nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20090627211142

Muzie:
http://www.muzie.co.jp/artist/a010442/

MySpace:
http://www.myspace.com/takayukinishioka

lastfm:
http://www.lastfm.jp/music/Takayuki+Nishioka
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。