スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bose SoundSport
SoundSport.jpg

買ってしまいました!去年の年末に!

それまで使っていたM-Audio IE-40がケーブル断線で使えなくなってしまい、本体部に問題はなさそうなので、ケーブルだけ買い換えれば指し直して使える仕様ではあるのですが、そもそもケーブルがあるから断線するのだ、と。この際ワイヤレスにしちゃえば、断線もなにもないではないか、と。あの邪魔なケーブルから解放されるし、いいではないか!

ちなみにワタクシ、スポーツはいたしません(きっぱり)。スポーツ目的でワイヤレスにするわけではないので、SoundSportの「防滴仕様」とかは、正直どっちでもいいのです。通勤・外出時にiPhoneで音楽を聴くためのヘッドフォン。条件としては

1. ワイヤレス
2. カナルタイプ(というか、「オーバーヘッドではない」。持ち歩くので、大きいのヤダ)
3. 電話用マイク付き
4. 音質

この4つ。で、これを買う前にネットでワイヤレスヘッドフォンをいろいろ探してみたんですが、SenheiserもAKGもワイヤレスのカナルタイプヘッドフォンって出してないのね。ひょっとしたら出してるのかもしれないけど、見つけられなかった。で、以前からとても興味のあったBose SoundSportを選ぶことにしました。ノイズキャンセリングもとても興味あったんだけど、上の条件の(2)にひっかかる。首にかける部分が思った以上に大きいのですよ。使わないときはカバンの中に雑に突っ込むニシオカとしては、あっという間にカバンの中で壊しちゃいそうで不安。

というわけで、Bose SoundSport。実使用はまだ2日程度ですが、これまでに気づいたことを書いていきます。

(1) 音質
良くも悪くもBoseの音です。低音出過ぎ、高音キラキラの、いわゆるドンシャリなBoseの音。個人的には、Boseの高音はそんなに嫌いではないのですが、この低音はいかんともしがたい。聴く音楽によっては素晴らしく迫力のある音になるかもだけど、モニタリングのようなそのままの音を聴きたい用途にはまったく向いていません。

それでもこれにしたのは、店先で試聴したとき、周りの雑音の中でBose独特のクセがそれほど気にならなかったから・・・いや、曲によっては気にしだすと気になっちゃうんですけど、このとき手持ちのiPhoneの中で試聴した曲がBasiaの"Drunk On Love"でして、これがなんだか良かったのです。店先のあの喧騒の中でこれだけクリアに聴かせてくれるんなら、(このヘッドフォンはこういう環境で聴くために買うのだから)悪くないぞ、と。

(2) 装着感
感覚としては、「耳のそばに置かれてる」感じ。カナルタイプのヘッドフォンは、僕の感覚で言うと耳の中に「これでもかっ!」と押し込み、ガッツリ固定してから聴くものなのですが、SoundSportはそうなりません。というか、チップ(耳に差し込む部分)がそういう形状になっていないので、そうはできません。チップについている翼のような部分が耳の中で本体を支える構造になっています。本体には大・中・小の3つのサイズのチップがついていますが、違うのはこの翼のような部分の大きさで、耳に差し込まれる部分の大きさはほとんど変わりません。

この「置かれる感じ」が、装着感としてはなんだかとても不安なのですが、使っている最中にズレたり落ちかけたりすることはありません。名前の通りスポーツ仕様なのでしょうから、多少の動きで落ちるんじゃ困るわけです。なので、不安感はあるものの、不思議にズレたりしない。耳の穴の中で支える構造ではないので、耳が痛くもならない。

この不安感、実はまだちょっと違和感があります。このあたりは慣れの問題なのかも。ただ、とにかくワイヤレスの身軽感は本当に本当に快適!!何かをするたびにまとわりつく、あのケーブルがないというだけで晴れ渡る気分なのです!

(3) 充電
そう。ワイヤレスの宿命として、充電が必要なのです。iPhone、iPad、iQOS、そしてあぁ、また充電するモノが増えた・・・。

2時間充電で6時間使用。USBケーブルでの充電ですが、iPhoneみたいにコンセントに直に指して充電することはできません。いや、できないのかどうか、どこにも説明がないので分からないのですが、コンセント用のアタッチメントがついていないのでダメなのでしょう。ということは、充電するためにパソコン(か、USB充電器)が必要ってこと。これは実は、なかなかに面倒な仕様な気がしてます。


というわけで、これからはコイツが私の「お耳の恋人」です。実は大切な要素「耐久性」がどの程度なのか、これから本番で試していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。