スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソニー vs 任天堂(あるいはPS vs Switch)
Nintendo Switchが発表されました。

僕は別にゲームマニアじゃないけど、ソニーや任天堂のゲーム機がリリースされるたびに気にして見てます。

で、いつも思うのは、ソニーと任天堂のゲーム機に対してのアプローチの違い。大げさにいえば、両者の「ゲーム機に対する哲学の違い」です。

ソニーはPSを「エンターテイメント・センター」にしようとしているみたいです。Blu-Rayが再生できる。グラフィック性能がすごい。なんだったら4Kだって再生できちゃう。すごい。

一方、任天堂のほうにはそういった項目はあまりフィーチャーされてきません。SwitchのときもWii Uのときも、古くは64のときもそうだったんですが、ゲーム機のスペックはほとんど全面に出ない。今回のSwitchもそうですが、同時期のマシンスペックだけでいったら、PSのほうが上に見えるんです。

でも・・・

でもね。

僕らは楽しいゲームで遊びたい。はっきり言ってしまえば、ゲーム機のスペックなんてどうでもいいです。楽しいゲームで遊べればそれでいいんです。なんだったら、グラフィックのレベルはスペースインベーダー程度だって全然構わない。インベーダーが他のゲームより面白ければ、それで十分なんです。映画も見られるゲーム機より、映画は見られないけどマリオが遊べるゲーム機のほうがずっといいわけです。

任天堂はそこを知っている。だから、彼らはいつでも「そのゲーム機でどんな楽しいゲームができるか」にフォーカスを絞っているように思えます。「あれもこれも、全部できます」ではなく、「こんなに楽しいゲームが遊べます」っていうポイント。マリオが、マリオカートが、スプラトゥーンが、このゲーム機でこんなに楽しく遊べる、っていうことのほうが、Blu-Rayが再生できます、ゲームのグラフィックがきれいです、なんていうことよりずっと大事なことのように、僕には思えます。

3DOやサターン、Xboxといったゲーム機戦争を戦って勝ち残ったのはソニーと任天堂だけなわけですから、どちらが正しいという話ではないのです。逆に言えば、この両者は「ゲーム機がとるべき2つの形」を提示したからこそ生き残っているわけです。しかし、もしこれが最後の2つの形なのだとしたら、僕は任天堂的な哲学のほうが好きです。

というわけで、僕の家には64もWii Uもありますが、PSは買ったことはないし、ほとんど遊んだこともありません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。