スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
El Capitan + Reason & Pro Tools
本日、我が愛機iMacのOSをEl Capitanにアップデートしました。

心配なのはReasonとPro Tools。それぞれのメーカーサイトに行ってみると、ReasonはEl Capitanで動作確認できてるらしい。でも、Pro Toolsはまだダメみたい。

ん〜・・・

まぁでも、幸いなことに、現在進行中の音楽プロジェクトはありません。僕の場合、Reasonが止まられるのは結構困るんだけど、Pro Toolsが止まるのは、進行中のミックスがないのであれば多少は大丈夫だったりするのです。

というわけで、よし、行っちゃえ!

(・・・約1時間後)

さてさて、アップデートは終わりました。気になる二つのアプリケーションはどうでしょう。まずはReasonから。

・・・あれ?起動しません。Reasonアイコンをダブルクリックすると、ピョコピョコ動き出しはするんだけどそれっきり。なにも現れません。アクティビティモニターを見ても「応答なし」になってる。なんてことだ!動作確認されてるはずの方が動かないなんて!

Pro Toolsは?・・・こっちもダメ!ちょ、ま、二つともダメ!?勘弁してよ!いや、多少は覚悟してたけどさ、それにしてもいざこうなっちゃうとくぁwせdrftgyふじこlp・・・

・・・あれ?・・・何もしてないのに突然Reasonが起動しました。なんで今頃?一旦終了してもう一度試しに起動してみると、やっぱり起動しない・・・と思って5分くらい何もしないで放っておくと、突然起動する。どうやら起動に異常な時間がかかっているようです。ひょっとしてPro Toolsもそうだったの?

・・・本当だ。一旦起動して、何もしないで5分待つと起動してる。そんなバカな・・・。いや、そりゃまぁ起動はするけど、いちいち5分も待つわけ?そりゃないぜ・・・

ブツブツ言いながら晩御飯を食べ、もう一度、このひどくシュールな状況を確かめてみようとReasonを起動すると・・・

・・・あれ?ウソのようにスルっと立ち上がります。Pro Toolsは?

・・・これもさっきまでのグズグズがウソのようにスムースに起動。なにそれ(--;)

El Capitanにアップデートした直後、「Macを最適化するので、しばらくパフォーマンスの問題が出るかもよ」っていうダイアログが出たんですけど、それだったんですかね。

まぁ、何はともあれ動いてます。もうちょっと様子を見て、何もなければ良しとします。

あ、それから、Pro Toolsは(2015年10月3日の時点では)El Capitanはサポートしていません。僕はたまたまうまくいったっぽいけど、この記事を読んで「よし、オレも!」なんつって、El Capitanにアップデートして動かなくなっても、僕を含め、誰も責任を負いませんからね!よいこのみんなは絶対に真似しないでね!(ニカッ!)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。