スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またかよ!(あるいは「マジで、誰か教えてください」)
いやぁ、まいった・・・

2年ほど前にSafari(というか、Mac上のWebブラウザー)がmidiをサポートしなくなったことで、すべてをmp3に置き換えなきゃならなくなった「作曲・編曲講座」ですが、今度はChromeです。

2015年9月をもって、ChromeがNPAPIサポートを終了するそうです。そうなると、ChromeではQuickTimeプラグインは起動できなくなります。NPAPI非サポートは、実は今のバージョンのChromeでもそうなっていて、ただ現在のところは、設定でNPAPIをOnにできるようになっています。それをOnにすれば、今は大丈夫。でも9月以降はどうにもできなくなります。つまり、今度は9月までに、講座内のすべての音素材をNPAPIではない手段・・・例えばPPAPI Flash埋め込みとかにしなきゃならないってこと。

・・・「NPAPIが終了なので、今度はPPAPIに」とか、わかったような事書いてますけど、実は自分で何を言ってるのかさっぱりわかってません。えぬぱぴ?ぴーぱぴ? ってか、ここに辿り着くまで大変だったんだから。いきなりQuickTimeが再生できなくなってるから、「何が起きたんだ!?」と慌てて、調べて調べて、やっと。「PPAPIのFlash Playerで埋め込み」っていう手段で合ってるの?で、それをするにはどうしたらいいの?

もうね・・・ほんといい加減にしてほしい。レガシーなテクノロジーを急いで締め出すことで、ユーザーにどういう恩恵があるんだろう?・・という根源的な問いはこの際置いておくとしても、この種の事態と対応は複雑になる一方で、昔はそれでも意味のわかる対応をすればよかったんだけど(midiをmp3に変換するとかね)、今回のは皆目検討がつかない。僕はいったいどうすればいいの?

マジで、誰か教えてください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。