スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゑ:ヱビス
神はわれわれを愛し、われわれに幸せになることを求めている
ビールがその証拠である
 -ベンジャミン・フランクリン



これくらいしか思いつかないって。「ゑ」。あと思いついたのは小説家の「住井すゑ」さん。これも子供の頃家に本があったのを覚えてるからで、「橋のない川」は読んだことはないです。いつか読まなきゃなんだけどね。

ヱビス。七福神としてのヱビス。または東京都渋谷区恵比寿。でも渋谷区恵比寿はそこにヱビスビールがあったからであって、どうしてもヱビスビールに行き着いちゃうわけです。

ヱビスビールは、僕らがビールを飲み始めた頃にはマイナーブランドでした。おじいちゃんが飲んでたかも、くらい。それが一気にプレミアムブランドになったのは、美味しんぼがきっかけなんだそうです。そう言われてみると、僕がヱビスビールを意識して飲みだしたのも美味しんぼを読んでから。それまでは全国どこに行ってもドライビール全盛で、とにかくドライ一辺倒だったのが、一気にプレミアムビールに舵を取ることになり。昨日まで「ドライビール最高!」と言ってた人たちが「まだそんなの飲んでるの?味がわかる人はやっぱりヱビスでしょ」とか言い出すようになりました。そんなもんです。こうしてドライビールはアサヒを残して市場から消え去り、そして、プレミアムビールもヱビスを除いて市場から消え去りました。僕はハートランドが結構好きだったんですが、今置いてある店を見たことがないです。

では常にヱビスが最高なのかというと、なかなかそうも言い切れない感じもするんですよね。確かに美味しいんです。ずっしりとしたボディー。なるほど、これがビールなんだ、という感じ。なんかわかったような事書いてますけど、本当はよくわかってないです。みんながそういうからそう書いてるだけ。でも、このフルボディーな感じが、時々重すぎて億劫になることがあるんです。そういうときはバドワイザーですら億劫で、コロナに逃げちゃう。前にも書いたんだけど、「多分僕はビールがそんなに好きじゃないんだと思う」っていうのは、こういう経験から気づいたのでした。「とりあえず、ビール!」のビールも最近は飲まないで、いきなり水割り飲んじゃう感じだもんね。

当然お分かりかと思いますが念のためお断りしておくと、ヱビスビールにはなんの責任もないです。ってか、そんな僕でさえ、それでもビールと言われてヱビスビールが出てくるとちょっとうれしいくらいなんだから。だから、やっぱりヱビスなのですよ、これは。

ヱビスとコロナの両方好きってのは間違ってるんですかね?バドワイザーも好き。あ、でも、Budweiser LightとかCoors Lightとかの「Light」ビールは、なんか騙されてる感じがしてあんまり好きじゃない。ヱビスLightとか出てきちゃったら、「いったいお前はどうしたいんだ!?」ってツっこんじゃいそう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
同じビールでも、アイリッシュビールはまた別の味わいがあっておいしいよ! 2000年ころは毎日飲んでました。
2014/12/08(月) 12:33:37 | URL | としちゃん #ZSPEfpMw [ 編集 ]
ギネスとか?あれもずっしり系だよね。
2014/12/08(月) 13:33:08 | URL | T.Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。