スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっといい風景
みなさん、こんにちは。ニシオカです。

本日はこのブログ、大阪は伊丹空港から書いております。今日は朝から日帰りの大阪出張で、なのでちょっと早起きして、羽田から伊丹へ飛んできたのです。そして、今日の仕事を終え、帰りの飛行機を待っているところです。

普段はもっと落ち着いて書ける環境のはずなのに、どうしてわざわざそんなところから書いてるかって?

・・・そろそろ7月も終わりだから。

今月だって4回しか書いてないのよ。ダメでしょ、それじゃ。

で、何か書かなきゃ・・・って思ったら、今朝、羽田へ向かう電車の中で見た光景を思い出しまして。

僕の向かいの席に座っていたのは、若い外国人の金髪の男性と、みるからにいかつい格好で金のネックレスかなんかしてる、30代くらいとおぼしき日本人の男性。別にヤ○ザ風というわけではないけど、ちょっと怖そうな雰囲気の人。二人ともラップトップパソコンを開いて何かしてます。ちなみに、外国人のほうはAirMac、いかつい日本人男性はPanasonicのラップトップでしたが、それは話の本筋とは何の関係もありません。

そこへ入ってきたおばあちゃん。どこへ行くんでしょう、大きなトランクをひきずって来ました。その後ろからおじいちゃん。おそらく、そのおばあちゃんの旦那さんでしょうか。空いている席は、ラップトップを開いて何かをしている二人の男性の間に一人分だけ。そのとき、その二人が近づいてきたのを気づくや否や、ラップトップをたたんで慌てて席を立ち、おじいちゃんに席を譲ったのは

いかつい金のネックレスのPanasonicさんの方でした。

これ、できそうでできないなぁ、と思いましてね。一旦ラップトップを開いちゃうと、次の行動って起こせないでしょ。何の躊躇もなくささっとラップトップを閉じ、カバンにしまい、席を譲る。僕だったらかなり躊躇すると思います。

大したもんだなぁ、えらいなぁ。と思ってたら、AirMacの外国人男性が次の駅で降りました。すると、おばあちゃんがすかさず一人分の席を右に詰め、Panasonicの男性(こう書くとPanasonicの社員みたいだけど、そうじゃない)に「ほら、あなた、空いたわよ」と席に座らせました。

Panasonicさん、おばあちゃんの息子みたいになってる(w

ちょっといいもの見ちゃったなぁ、とほのぼのしたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。