スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ら:ラーメン
企業という言葉は創造と同義である。
新しいものを世の中に提供していく力がなければ
企業である必要はない。
 -安藤百福



もはや説明不要の日本の国民食。カレーと並ぶ二大巨頭、ラーメン。

うまいよなぁ。まずいラーメンってのに出会ったことがない。あんまり好きじゃないラーメンはいくつかあるけど、「まずいラーメン」ってのはない。

スープで言うと、味噌、塩、しょうゆ、とんこつ。この中では、味噌が一番好き。

麺で言えば、細、中太、太。麺は太い方が好き。

となると、選択肢は札幌の味噌ラーメン。うまいよなぁ。

逆に、細麺の塩ラーメンがちょっと苦手。苦手っていうか、「積極的に選ばない」っていうくらいのもんだけどね。あっさりしちゃってて、食べた感がない。

で、そういうあっさりをずっと避けてたら、この間そういうあっさりスープのラーメンに出会っちゃいましてね。「あぁ・・・しまったなぁ」とちょっと後悔したんですが、スープがいつまでも飲めちゃう。その時に「あぁ、なるほど、こういうことなのか」って、ちょっと見直したりしました。

あとは具ですけど、これはそんなに凝らなくていい。メンマ、もやし、チャーシュー。それくらいで十分。「ラーメンに伊勢エビ入れるバカ」ってのは、バランスがわかんなくて全体をぶち壊しにすることの例えで、僕が良く言う言い回し。

そういえば、最近なるとの入ってるラーメンって見かけませんよね。なんでですかね?あれ、結構好きなんだけどなぁ。しょうゆラーメンじゃなくても、入ってるとちょっとうれしいんだけど、入れてくれませんよね。あと、わかめなんかも入ってるとうれしいんだけど、これもなかなかない。まぁ、わかめの場合はスープを選ぶところあるから・・・味噌ラーメンにはなかなか入れないかもね、だから・・・いいんだけど、なるとは入れててもいいと思うんだけどね。でも、とんこつに入ってたらちょっとびっくりするかな。

ラーメン屋のラーメンはもちろんだけど、インスタントのうまさは、あれはあれでまた別物。最近は生めんタイプみたいのが多くなってるけど、僕がインスタントラーメンに求めるものはああいうものではないのです。チャルメラ。またはサッポロ一番。いって中華三昧。ここまで。この3つは、本当によく食べた。学生の頃なんかは毎日のように食べてたなぁ。いまだに、あの縮れた麺と、それに絡みつくスープの香りをかぐと、夜中の一人ぼっちの部屋と、当時の深夜のテレビを思い出すもんな。タモリ倶楽部とか見ながら、「あぁ、オレは今、自由だ!」とか思ってた。

思うに、人生のあらゆるシーンに、ラーメンはいつもあったような気がする。様々な記憶とともに、その味は一つの里程標(マイルストーン)としてそこに存在している。それは私が歩んできた道のりであり、確かに自由だったあの頃の証でもある。一杯の丼の中に・・・いや、それは往々にして鍋のままで、あるいは発泡スチロールの容器で現れ、儚くも美しい麺とスープは、ものの十分足らずで消えてしまう。しかし、人はそのたった十分で、一生を支えられるほどの喜びを得ることだってできるのだ。あぁ、ラーメンよ。そなたのその美しき肌に身を横たえ・・・


・・・って、何言ってるんだかわかんなくなってきた。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。