スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ね:ねこ
猫は人間の最高の友たり得るが、
それを認めることは品位を落すこととして決して認めようとしない。
 -ダグ・ラーソン



ネコ派かイヌ派かと聞かれれば、即答で「ネコ派!」と答えるニシオカです。かわいい。ほんとにかわいい。ぐでぐで、ごろごろ、もふもふ、にゃぐにゃぐ、あぁ、もう!

基本、ツンデレなんですかね、ネコ。黙ってて向こうから擦り寄ってくるようなことはない。特に人に恩義を感じているふうもない。「なでたきゃ、なでさせてやってもいい」くらいの姿勢。「ご飯さえもらえるなら、この家じゃなくてもいいんだから」くらいの姿勢。どうも他人を見ているような気がしない。

でもね、僕、ネコアレルギーなんです。ネコがいるだけで、くしゃみ・鼻水・涙のオンパレード。抱っこしたいし撫でたいんだけど、そんなことしたらもう大変。目は腫れあがり、滝のように鼻水が出て止まらない。こういう「届かぬ想い」ってのはほんとに辛い。大好きなんだけど抱きしめられない。だからこそ余計に想いは募ります。あぁ、切ない。

学生の頃、まだネコアレルギーもそんなに重症ではなかった頃、自宅でもネコを飼っていました。いつの間にかウチにいついてしまったキジトラ。名前は「ネコ」。ほんとに器量よしで、かわいいネコでした。膝の上にも載るし、その格好から抱っこして前足を持って躍らせたりしても怒らなかった。尻尾を触ったときと、ご飯時に名前を呼んだときだけ「にゃあ」と返事してました。だけど、自分から仰向けに寝るとかいったリラックスした姿勢は絶対に見せず、一人でいるときはいつでも箱座り。新聞を広げて読んでいると、必ず紙面の真ん中に箱座り。テレビを見ていると、必ず僕と背中合わせに箱座り。このあたりに彼女(メスでした)の誇り高いプライドを見ました。彼女はかなり長生きして、最期は大往生でした。

あぁ、ネコ飼いたいなぁ。飼えないなぁ・・・。(T T)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。