な:納豆

納豆にネギいれるほう?
 -のはらしんのすけ


何も書くことがないときのために始めたはずの「あいうえおブログ」なのに、まさかこれすら書かなくなるとは思ってもいなかった。ってか、「あいうえお」の存在すら忘れてた。先月の更新は、ついに一回きり。いかんですよ、こんなことじゃ。

ってなわけで、納豆。あれを最初に食べた人はすごいよね。要するに「おかしくなっちゃった煮豆」でしょ?よっぽどおなかすいてたんだね。「おなかすいたなぁ・・・このままじゃ死んじゃうよ。ずいぶん前に煮た豆があるけど・・・うわ・・・糸ひいちゃってるよ。食べたら死んじゃうんだろうなぁ。でも、食べなくても死んじゃうしなぁ。いいや、食べちゃえ。どうせ死んじゃうんなら、何か食べて死んだ方がいいや」くらいの感じだったんじゃないでしょうかね。

考えてみれば不思議な食べ物で、きらいな人は見るのもイヤ。好きな人は徹底的にこだわった食べ方を持っている。きらいな人は関西方面に多いようだけど、どうして関西方面では広まらなかったんでしょうね?

僕の場合、まず醤油も何も足さずにかき回して粘りを出す。回数を決めたりするような無粋な真似はいたしません。白い糸が全体を覆うくらいまでしっかりかき回して粘りを出したら、醤油とからしをたっぷり。納豆のパックにはじめからついてるダシとカラシは使いません。そんでネギ。時々しその葉。なかには卵を足す人もいるんだけど、これを足しちゃうと粘りが薄まっちゃう感じがして、僕はしません。やるなら卵かけご飯に納豆を乗せる。これはうまいよ。あと、味噌汁をぶっかけた、いわゆる「ねこまんま」に納豆を追加。これもおいしいです。

粒の大きさはその日の気分によってもいろいろ変わるんだけど、あれは結局粘りと歯ごたえのバランスの問題なのよね。ひきわりだと粘りが勝る。大粒だと歯ごたえが勝る。そのどちらをより多く楽しみたいか。あるいは、そのバランスのいい小粒くらいがいいのか。ね。(問題提起だけしておいて、めんどくさくなっちゃったから「ね。」で終わらせる作戦)

会社の近所にかつてあったスパゲッティ屋に、ミートソースに納豆を追加した「ミート納豆」(略して「みとなっとう」・・・「ミート」の「-」しか略してないけど)ってのがあって、おもしろ半分で食べてみたらこれが結構おいしくてね。ただ、食べ終わった後の皿が悲惨なことになってて、「うわ・・・これ洗うのイヤだなぁ」ってなります。

そう。納豆はいつでも、食べ終わった後の始末が大問題なのです。快楽の後には必ず義務が待っている。それはまるで人生のように。

ね。(人生とか言っちゃっておいて、めんどくさくなっちゃったから「ね。」で終わらせる作戦)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

納豆だけでこんなに長文かけちゃう西岡さんってすごいなあと
尊敬しちゃいましたw
娘に西岡さんの爪のあか煎じて飲ませようかとww
つか、寄席みたいだw

↑お久ぶりです。
らいかですwww

おぉ〜、お久しぶりです、RAIKA姐さん。ずいぶんご無沙汰しちゃって。その後いかがお過ごしでしょう?

オレの爪の垢なんか煎じて飲ませたら、大変なことになるよ。いろいろな意味で。こんな大人になったら大変よ。まして女の子で。
FC2カウンター
プロフィール

T.Nishioka

Author:T.Nishioka
本家 HP 「Takayuki Nishioka」 へも是非どうぞ!

Please vist to my HP "Takayuki Nishioka" , too!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード