スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そ:ソーセージ
神様と肉屋だけが、ソーセージの中身を知っている
 -スウェーデンのことわざ


ソーセージ、好きです。皮の固いヤツ。あれを「パキッ!」とかじるのが好き。ゆでるのもいいけど、醤油で炒めたヤツも大好き。あとはホットドッグね。いずれにしても、皮の柔らかいヤツはあんまり好きじゃない。

そしたら「魚肉ソーセージ」は?あれ、皮なんかないじゃん。でも好き。あれはあれ。「ソーセージ」って言われてあれを出されたら「うん・・まぁね」ってくらいだけど、「魚肉ソーセージ」ってのは「ソーセージ」とは別モノでしょ。パッケージをもうちょっとむきやすくしてくれたら、大好き。歯で金具のところをかんで「イーーーーッ!」ってしなきゃならないの。あれがイヤ。金具が「イーーーーーッ!」って。(いまどきそうじゃないのは承知のすけ)

・・・いっときますけど、今日のブログ、これ以上発展しませんよ。「ソーセージ」が思いついちゃったんだから、それで書かなきゃならないの。それがルールだから。だから書いてるだけで、ソーセージにまつわるいい思い出とか雑学とか、そういうの一切ないです。ここで読むのやめてもいいよ。

ソーセージといえば本場はドイツでしょうけど、何種類くらいあるんでしょうね?

・・・(Google中)・・・

1500種類だって・・・すげぇ。こうなると、プロセスチーズとナチュラルチーズが違うみたいに、僕が普段食べてるいわゆる「ソーセージ」ってのはまた別モノなの?ましてや魚肉ソーセージをや・・・

今回の冒頭の名言はスウェーデンのことわざでしたけど、もちろんドイツにもソーセージにまつわることわざがあるそうで

すべてには一つ終わりがある。
ソーセージだけは二つある。


・・・わかるような、わかんないような・・・。それでいいんならなんでもできそうじゃない?ちくわにも二つ、とか。ベンツには三つ、とか。れんこんには・・・うわぁ、いっぱい!とか。ベンツ、食べ物じゃないけど。出口でもないし。

・・・だから、いい話なんかないってば。そこのソーセージで自分の頭でもバンバカ叩いてください。僕を叩きたいなら魚肉でね。やわらかいし。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。