スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北(1)
最近、このブログが旅行記ブログになりつつあるような気がするんだけど・・・

台北からニーハオ。ニシオカです。もちろん、今回も仕事です。でも、今回がいつもと違うのは、今回の出張は土日が挟まっているのですよ。一人っきりではありますが、これは始めての経験。2日間の完全フリータイムがあるという。

泊まっているのは、「君品酒店(Palais de CHINE(パレ・デ・シン))」という、台北駅のすぐ隣に建ってるホテル。とっても便利。とっても綺麗。

木曜日に到着して、そのまま金曜日まで仕事。この話には興味ないと思うのですっ飛ばして土曜日。

「野柳(イェーリウ)」というところに、自然の侵食によって削られた変わった形の岩があると。なんでも、「Queen's Head(女王頭)」という、女王の頭みたいに見えるらしい。でもまぁ、変わった形ったって、岩だろ?別にどっちでもいいな・・・

でも、ここに行くには電車で50分、そこからバスで30分。お、意外と近いじゃん。2日もあるしな。それくらいないと間がもたないよね。さらにはこの岩、今でも侵食が進んでいて、あと20年もすると女王の首がもげるんだそうな。それは行かねば!

ってなわけで、行ってみました、野柳。まずは、台北駅

IMG_1141.jpg

ここから電車に乗って、「基隆(キールン)」というところに向かいます。

IMG_1147.jpg

お値段41元(約120円)。このお値段は、急行か各駅停車かで変わりますが、各駅停車でも50分(50分で120円!?)。逆に、急行だと全然時間が合わなかったりするので、各駅で全然問題ないです。

で、この駅前からシャトルバスが出てます。フリーチケットだと100元。「野柳地質公園」までの片道チケットなら30元。これで細道をクネクネ走ること30分。

到着しました、野柳地質公園。ここに女王様がいるのか。では、いざ・・・の前に、腹ごしらえ。

IMG_1149.jpg

チャーハンと蟹の炒め物。このチャーハン、おいしかったです。

では、女王様に会いに行きましょう!

入り口でチケットを買ったら、テクテク・・・テクテク・・・

IMG_1157.jpg

おぉ!

IMG_1151.jpg

おぉぉ!

IMG_1153.jpg

おぉぉぉぉ!これは絶景。

・・・ところで女王様は?
「女王頭」の矢印にしたがって歩くと、道順の突き当たりへ。そこからUターンしろと言われて戻って、スタート地点に程近いところに

IMG_1164.jpg

いました、女王様。こんなに近かったんじゃねぇか・・・

ものすごく暑いんですよ、台湾。この日の気温は32℃。加えて湿気がすごい。着てたTシャツが、この頃には「絞れば汗が出るぞ」くらいにぐちゃぐちゃ。ちょっと意識が朦朧としてきましてね。何か飲まなきゃ・・・。

ところがここはいわゆる「景観保護区」というやつで、入場門より先には自販機どころか影になる建物もありません。飲み物を買うなら外に出なきゃなりません。

IMG_1171.jpg

ってなわけで、入り口に戻ってきました。

ここから、元来た基隆に戻っても良いんですが、逆方向の終点である淡水(タンスイ)に行くと、そのまま地下鉄で台北に帰れる。しかもそこは、「台湾のベニス」と言われているらしい。ならそっちに行ってみましょうか。

ってなわけで、バスを待ってそのまま淡水へ。

・・・この話、続けます。なんかほんとに旅行記になってきた・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。