スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹奏楽部の苦い思い出
僕が通っていた中学校は、確か僕が入学した時点で創立3~4年目程度の新しい学校で、なので、設備もまだ揃いきっていないところがありました。僕は吹奏楽に憧れていたのですが、僕が入学した時点ではまだ吹奏楽部はありませんでした。

そんな中学校にも、僕が2年になったときに吹奏楽部ができました。僕はうれしくてすぐに入部届けを出しました。あの憧れていた吹奏楽ができる!かっこよく吹きたい!しかしその時点で、入部者は小学校からの経験者がほぼすべて。まったくの初心者は僕くらいでした。彼らには楽譜が渡され、いきなり曲の練習に入るわけですが、僕は全然ついていけませんでした。妙な音も出せないので、曲の練習のときは黙っているだけ。吹き方のレッスンを受けたのは、一番最初の1時間くらい。それも、一緒に入った経験者の友人から受けただけで、それ以降は先生からもまったく何も教えてもらえませんでした。この友人を責めるつもりは毛頭ありません。彼は彼でいきなり楽譜を渡されていたし、そもそも「中学男子」ですから。先生に「教えてあげなさい」とでも言われない限り、自分からそんなに気を回せるはずもありません。

自分で教則本か何かを買って練習すべきだったのかもしれません。無理にでも時間を作るべきだったのかもしれません。けれども、周りがみんな楽しそうに曲を吹いている中、まったく何もできない劣等感の方が先にたってしまい、結局1年もしないうちに辞めてしまいました。吹奏楽への恐怖感と劣等感だけを残して。

はっきり書いてしまえば、僕はかなり深く傷ついたのです。ちゃんと教わっていたら、ちゃんと覚えていたら、僕の音楽生活はもっと豊かになっていたかもしれないし、何かが変わっていたかもしれない。基本的な音階練習のプログラムをもらうとか(どう練習すべきなのかさえ、何もわからなかったのです)、金管がダメなら木管とか、何かやりようがあったんじゃないか。結局、僕はこのときの恐怖感を克服することができず、高校に入っても吹奏楽部に入ることはありませんでした。あんなに怖くて、恥ずかしくて、寂しい思いをするのはもうイヤだ。あれから何十年も経った今になってさえも、吹奏楽への恐怖心と劣等感は消えていないのです。

最初の出会いって本当に大切だなと、つくづく思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
じゃあオレが明中のバンドに誘って、ジャンプのソロ弾いたときはうれしかっただろうなあ、きっと。
2013/04/25(木) 09:19:35 | URL | としちゃん #ZSPEfpMw [ 編集 ]
はっきり覚えてるよ。あれがバンドへの目覚めだもんね。あれはほんとに感謝してます。いまだに弾けるよ(笑)
2013/04/25(木) 10:23:54 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
感謝なんて言われると、笑っちゃうな、でもお互いがんばったなあ。
2013/04/26(金) 10:39:13 | URL | としちゃん #ZSPEfpMw [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。