スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「奥さまは魔女」の謎
「奥さまは魔女」って知ってます?

大昔に日本でも放送されたアメリカのコメディードラマです。魔女のサマンサと人間の男性のダーリンが結婚して巻き起こる、おかしな事件をドラマにしてる番組。子供の頃、結構よく見てて、好きだったんですよ。それが最近再放送してましてね。おぉ、なつかしいってんで、見てみたわけです。あぁ、あったあった。隣の奥さんが面白いんだよね、とか。お、もうすぐタバサちゃんが生まれるんだ、とか。

で、再放送では英語と日本語の二ヶ国語放送になってましてね。興味本位でオープニングを英語で見てみたわけです。有名な「奥さまの名前はサマンサ・・・」っていう、あのナレーションが入ってないことは想像できたんですが、もう一つ違っていたのは・・・奥さまは魔女だったのですオープニングのエンディング(なんか変な言い方だけど)テーマ曲の最後の「ジャーン」のコードが違うんです。

日本語版の「ジャーン」が、そこだけ無理やり編集されたみたいになってて、それは子供心に違和感があったんですけど、日本語版のほうは普通のトライアドで終わってるんですが、英語版のほうはそこが6th 9thなんですね。

なんでそこだけ変えたんでしょう?と、不思議に思いましてね。

最初に放送されたときの時代とかを考えると、ひょっとして6th 9thのコードが「終了感がない」ってことなのかしら、という結論に達したわけですが、

いや、そんなことはないぞ。時代的にはもっと前に流れてたコカコーラのコマーシャルだって、最後は6th 9thだもんね。これくらい、別に難しいってことはない。

じゃあなんで変えたんでしょう?それも、音楽的にはかなり無理やり変えてるんですよ。そこまでして変えなきゃならない理由はなんだったのか?

奥さまは謎。うまいこと言ったつもり。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。