スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の音楽遍歴(11)
僕がやりたかったこと・・・それは「もっとジャズ寄りで、もっとハウス的なアプローチ」でした。

「maninamoon」が「昼の音楽」だとすれば、「夜の音楽」。悪く言えば「もっと不健全な香りのする音楽」をやりたかったのです(^^;)。

しかし、当時僕がもっていた機材では、なかなか思うような音が作れませんでした。「maninamoon」をやっていた当時は、バンドのメンバーから「マイナーの曲でも明るく聴こえる」といわれたくらいのものだったので、それとは正反対の「暗い影」を演出するのがとても難しかったのです。

そういう曲を作るには、別の機材が必要でした。でも、単なるアマチュアである僕には、それらを買い揃えるお金はありません。

一方、世の中はどんどん進歩していました。特にコンピューターの進歩は目覚しく、かつては大量の機材を揃えなければできなかったことでも、一台のコンピューターだけでできるようになっていました。

そして僕は、あるソフトウェアを知ります。

それが、僕が今でもメイン機材として使っていて、これがなければ何もできないというくらい大切なソフトウェア、Propellerhead社の「Reason」です。

購入して、早速テスト的に曲を作ってみると・・・おぉっ!!思っていた音が、イメージ通りに自由に作れます。まさに「これだ!!」という感じでした。

この「テスト的に作った曲」が、Nextmusicに最初にアップした曲「I've got Reason」です。タイトルだけを見るとなんだか意味深に見えますが、要するに「Reason買ったよ!」という意味なのです(^^;)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。