スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然気になったのでアンケート
焼きそばは好きですか?

僕は大好きです。

B級グルメとかってやると、必ず焼きそばがあるんですけど、あれを見てると、焼きそばって地方によってかなり違うんですよね。で、カレーやラーメンの好みが人によって違うのと同じように、焼きそばにもかなり好みの差があるのではないかと。

個人的に僕が好きなのは、東魁樓の焼きそば・・・って、こんなこと書くと「おいおい、『グルメざんす』かよ、けっ!」って思われちゃうんだけど、全然そんなんじゃないの。確かにあんまりあちこちには売ってないんだけど、僕の実家のすぐそばのスーパーで、東魁樓の焼きそばの、袋入りの蒸し麺を売ってましてね。子供のころから、焼きそばっていうとそれだったんですよ。麺が東魁樓なだけで、あとはそれにもやしと豚肉とキャベツ。そんでソースで炒めるだけの、別に工夫もないただの焼きそばなんだけど、出来上がったあとにコショウとソースを追加してズルズル食う。これがうまい!麺が太めで、炒めてもしっかりと歯ごたえが残ってて食べ応えがあって、まぁ~うまい。個人的には、キャベツは少なめがいいですね。ソースも変な工夫しなくていいです。いつも食べなれてるヤツがいい。僕だとブルドックの中濃だけど、

・・・ここまで書いて急に思ったんだけど、ソースってブルドックだよね?地方によって全然違うらしいってのは聞いたことあるけど、名古屋だとカゴメ?九州だとイカリ?大阪は?北海道はどうなの?オタフクってのは広島でしょ?東京のスーパーではブルドックがメインで、横にカゴメ。なぜかオタフクは結構置いてあるんだけど、それはお好み焼き用としての、いわば「スペシャル」扱い。イカリは多分置いてないです。

「家にあるソースと言えば」 みなさんの地方では、何ですか?あと、「ウスター派」「中濃派」「とんかつ派」ってのも聞いてみたい。このあたりも好みが分かれそうだしね。是非、コメント欄にお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
うちは、普通に買ってくるとやっぱりカゴメかな?(愛知)
でも、先日オタフクの焼きそばソースを見つけて、
これは珍しいな~と買ってきてしまいましたので、
オタフクが鎮座しております。(笑)

ちなみに、焼きそばは大人になってから知った、
富士宮の焼きそばが好きです。
麺がモチモチで、豚玉がうまい♪
2012/04/19(木) 16:41:21 | URL | Asa #mQop/nM. [ 編集 ]
No title
あ、やっぱりカゴメですか。愛知だとコーミってのもあるでしょ?あれはどの程度メジャーなの?

富士宮はうまいよね!あれは僕も好きなんだけど、上に書いた東魁樓のは、なんていうのかな、水っ気が少ないっていうのか、悪く言えば「バサバサ」なんだよね。で、それがうまい。ちょっとバサバサくらいのが好きだな、僕は。
2012/04/19(木) 17:25:37 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
オタフク一択!!
2012/04/19(木) 20:34:58 | URL | きみえ #- [ 編集 ]
No title
オタフクのみ!?ちょっと意外。イカリかカゴメだと思ってた。
あと、「ペヤングソース焼きそば」が売ってないんだよね(笑)
2012/04/20(金) 10:25:32 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
No title
北海道→東京者ですが、
北海道はソースといえばブルドッグでした。
カゴメはソースというよりトマト・ケチャップとしてメジャーでござんした。
焼きそばは東洋水産(マルちゃん)で、
付属の粉ソースが驚愕のMIXを生みました。べたつかず味も廻る。
生めんでの焼きそばはマルちゃんが一般的だったのではないかと。
具はキャベツ、もやし、たまねぎと魚肉ソーセージを細切りにしたパターン。
マルちゃんの生焼きそばは皆さんもBBQの仕上げのときなんかに
お使いになることが多いのでは。

特筆すべきはカップ焼きそばで、東京でもたまにみかけますが、
「焼きそば弁当」という奴です。これ自体は見かけます。
カップ焼きそばにお湯を入れますよね。
3分たってお湯を捨てるわけですが、
「焼きそば弁当」には「スープの元」が添付されており、
捨ててしまうお湯をあえてつかって、
スープを作りなさいというもの。
なんともエコというか、ちょいと気が利くカップ焼きそばでした。

東京で見かける「焼きそば弁当」には
なぜかこのスープの元がついていない。
最近は北海道でもついていないのかな。

ちなみに北海道でぺヤング焼きそばは見かけません。
日清と東洋水産のバトル状態でした。

ちなみに大阪のチャーハン焼きそばは、
申し訳ないですが、やはり苦手。
2012/04/20(金) 23:06:27 | URL | flash #- [ 編集 ]
No title
そうそう。普通に買えばマルちゃんなのよ。東魁樓はほんとに特殊なケースだと思う。実家の近くのスーパー以外で見たことないもんね。

「焼きそば弁当」!ってか、昔「焼きそばBAGOOOON!」ってのがあったの、知ってる?コンセプトは同じで、スープの素がついてて、捨てるお湯を使ってスープを作れるの。あれ、大好きだったんだけど、いつのまにかなくなっちゃったなぁ。
2012/04/21(土) 21:00:17 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
No title
横手やきそば!! ソースはなんだったんだろ?
ちなみに焼きそばバゴーンはうちの田舎ではいまだに普通に
売ってるよ♪
2012/04/21(土) 23:28:34 | URL | あるふぁ #EBUSheBA [ 編集 ]
No title
「焼きそばBAGOON」ってありましたねぇ!
田舎を思い出して、毎度、涙しながら食べてたなぁ。
メーカーは何処でしたっけ?明星かな?思いだせない。

Nishiokaさんはソースのアンケートのおつもりだったでしょうが、
カップ焼きそばという「ヒレ」の方に食いついてすみません。

ソースですが、四国出身の家内は
「ブルドッグソース以外、なんかあったっけ?
おたふくソースは別物なんだけど。」
四国も「お好み焼き文化圏」なのですが、
別のソース(たれ?)と捉えているようです。

「あんたの田舎の”ベル・ジンギスカンのたれ”と
通常のソースが違うのと同じ感覚なんじゃないの?」
ちなみに「ブルドッグ・中濃が定番」なのだそうで、
それは私の実家も同じでした。
「何かと手を加え易い」んだそうです。

またヒレりますけど、上北農産加工【塩だれ】っつうのがあって、
そもそも焼肉のタレですが、これで塩焼きそばっていうのも
イケます。このタレは焼肉、キャベツの塩づけ、
ありとあらゆる料理に活用できる万能さがすばらしい。
叙々苑や牛角の塩だれより適用範囲が広いっす。
2012/04/22(日) 11:25:47 | URL | flash #- [ 編集 ]
No title
あるふぁさん

バゴーン、まだ売ってるの!?それはうらやましい。
あれはうまかったんだよなぁ。


flashさん

ソース談義は、意外と奥が深い。こうなるとわかってて書いたんだけどね(^^;)
四国もブルドックかぁ。オタフクって、意外とどこでもスペシャル扱いなのね。
2012/04/24(火) 13:37:52 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。