スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀座ツアー
今週、シンガポールのヘッドオフィスから外人が3人来ています。

一日の仕事を少し早めに終え、彼らがある電機部品が欲しいというので、有楽町のビックカメラへ。そしてそのまま、彼らを銀座に連れて行くことになってしまいました。

とにかく、彼らのまとまりのなさったら・・・

店に入った途端にクモの子を散らすようにちりぢりに動き出す彼ら。食事の時間も集合時間も何も決めてないのに。

「ちょ、ちょっと待ってよ!」と伝える間もなく、3人ともいなくなってしまいました。

どうしよう・・・

来ていた外人の一人は奥さんを連れてきていて(だから結果的に外人は全部で4人)、幸運にも彼女をあるフロアーで見つけることができました。彼女はつまんなそうな顔で腕組みして立っていました(そりゃ、彼女にしてみりゃ電機屋なんて面白くないわなぁ)。彼女の目線の先には、嬉々として無線LANを選んでいる彼女の夫の姿。

ご、ごめんね。もうすぐ銀座に行くから。そしたらもうちょっと楽しいと思うからさ

「大丈夫よ。それより、パン屋さんない?」

パ、パン屋さん??

「ほら、あたし妊娠してるでしょ。少しずつ食べないと、すぐおなか空いちゃうのよ」

あぁ、そういうものみたいよね。わかるわかる。でもね、ここはビックカメラ。電機屋さんなの。知ってるでしょ?困っちゃったなぁ・・・

「わ、わかった。探してみる。でも、とにかくもうそろそろ時間だから、みんなを集めようよ。そして晩御飯を食べよう」

そして僕は、彼女の夫を説得してみんなに電話してもらい、店を出ました。

ここまで1時間。

さて、有楽町のガードレールを越えて、一行は銀座のメインストリートへ。

さぁ、ここがメインストリートだよ

「あ!パン屋さん!」

和光を曲がったところに、木村屋です。

あ、そうだ。パンが欲しかったんだよね。彼女は当然メニューが読めないので、僕がついていき、説明します。結局、チョココロネを一個購入。

「高いわねぇ・・・」

だから、ここは銀座なんだよ。わかるでしょ。

木村屋のすぐ隣は山野楽器

「ワ~~オ!CDショップだ!」

ちょ・・・お前、これから飯だって言ってるだろ!

制止を振り切って飛び込む外人一人。

しょうがないので、僕らは道の前で待っています。

「・・・ところで、何が食べたい?」

「Japanese!だってここは日本だろ?和食が食べたいんだ」

そうね。そりゃそうだよね。そしたらね・・・すごく安いシーフード(さくら水産)と、有名な天ぷら(ハゲ天)と、最高に有名だけどめちゃくちゃ高いすし屋(久兵衛)とあるけど、どれがいい?

「すしはどれくらい高いの?例えばツナはいくら?」

えっとね・・・マグロで一つ2,000円くらいかな。

「2,000YEN・・・30(シンガポール)ドル!?!?あの小さいのがか!?・・・よし、忘れよう」

そしてめでたく、僕らはハゲ天へ。どうやら満足してもらえたようです。よかったよかった。

「おい、もう帰るのか!?まだ早いじゃないか」

オレはもう体力と気力の限界だよ。遊びたきゃ好きに遊べよ。ただいいか、忘れるなよ。ここは銀座だ。値段は覚悟しておけよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
あのぉ~
ご飯屋さんの基準差がものすごいんですけど(笑)
2009/04/09(木) 17:01:09 | URL | あるふぁ #- [ 編集 ]
No title
松・竹・梅で取り揃えてみました。
ってか、あの辺り(Apple Store周辺)を探したら、それらが見つかったのよ。久兵衛はおまけ。選ばれたらどうしようかと思った(笑)
2009/04/09(木) 18:22:40 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。