スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海(4)
さて、食事ですが、これはもう、どこで何を食べてもおいしいです。マジで。さらには、信じられないくらい安いです。

こちらの習慣らしいんですが、昼飯だろうが晩飯だろうが、とんでもない量を注文します。どう考えても食べきれないくらいの量を注文して、結局半分以上残るんです。そんな量を注文してるのに、値段は一人当たりにして1,000円ちょっとくらい。もちろん、ビールも紹興酒も何もかも全部込みの値段です。だって、500mlの青島ビールが、若干割高になるはずのレストランで注文しても10元(約130円)なんだから。でも、どれもとてもおいしい。食事の面で言えば、ここは天国ですよ、ほんとに。ただ、調子にのって食べ過ぎて、初日に胃もたれをおこしたりしましたが・・・(^^;)

上海と言えば、有名なのは上海蟹と小籠包。現地のスタッフ(北京在住の中国人)に「何が食べたい?」と言われたので、「上海蟹!」と答えたら、「あれはもうそろそろシーズンが終わりだよ」と言われて(別に終わり間際でもよかったんだけど・・・)、「そしたら小籠包」と言ったら、「そんなに安いもの?もっといいもの食べればいいのに」とか言われました(^^;)。でも、「いや、それが食べたい!」と言ったら、連れて行ってくれたのが「南翔饅頭店」。

Shanghai1.jpg

手前が豚肉のノーマル小籠包。奥がカニみそ入り。これが、まぁうまい!皮がプリプリのモチモチで、噛むとスープがどばっ!と出てきて、たまらないうまさ。「これはうまい!」と言いながらガツガツ食べてたら、「そんなに好きなら、これはどう?」と言われて、出てきたのが

Shanghai2.jpg

特大サイズ。真ん中に刺さったストローでスープを飲め、と言うんですが、どう考えたってやけどするだろ、これは(^^;)。試しに吸ってみたら、やっぱりやけどしました。「おいおい、冷ましてからにしろよ」とか言われたけど、これはアツアツがおいしいでしょ、やっぱり。

で、この大きいのもぺろっと食べちゃったら、「そんなに好きか?」と言われて

Shanghai3.jpg

追加注文。だから、そんなに食べきれないっての(^^;)。

しかし、うまいなぁ。こんなの東京でも食べたいなぁ・・・と思っていたその時、メニューの裏を眺めていた中国人の彼が「・・・あ」と小さい声を上げました。

どしたの?

「この店、東京にも支店がある

ほんとだ(^^;)。しかも、毎日通っているオフィスからそんなに遠くない距離。幸せは、意外とすぐそばにあったのね。

でもね、東京で食べると、このとき食べたカニみそ入り小籠包が6個で1,764円。上海で食べた同じものは、8個で50元(約650円)。3倍近く高くなってます。上海の値段だったら毎日でも食べられるけど、東京の値段では食べられないです(^^;)。

上海は、素晴らしくおいしい街でした(^^)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。