スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機の中で見た名言
マジソンからの帰りの飛行機で、「ブルース・ブラザース 2000」をやってましてね。見たいと思って見てなかった映画だったんで、見たんですよ。その中で、ダン・エイクロイド扮するエルウッド・ブルースが言った名言に、ちょっとシビれました。

あまりのエルウッドの無茶ぶりに、バンドを辞めたいと言い出すメンバーたち。そのメンバーに向かって

「わかった。辞めたいなら辞めろ。無理強いはしない。だが、よく考えろ。音楽とはブルースだ。世界が、ありものをつないだだけのテクノだけになっていいのか?甘ちゃんが悪ぶってるだけのヒップ・ホップだけになっていいのか?本当の音楽を知っているオレ達がブルースをやらなくて、一体だれが本物の音楽を聴かせられるんだ?」

何しろダンの演説は早くて長いので、全部を覚えてるわけではないんですが(実際、このセリフの前にも後にも、ずっとセリフはつながってます)、これ、キちゃいましたねぇ。カッコ良すぎて鳥肌立った(w。

もうひとつキたのが、「カリビアンを演奏してくれ」というリクエストに対して

「オレ達はブルースを基本として、ファンク、ソウル、ジャズ、フュージョン、ロック、マンボ、サルサ(以後、延々とジャンルを羅列)を演奏するけど、カリビアンはやらない」

というセリフ。嫌いなんですかね(w。

映画は、コンテストに参加した別のバンドのメンバーの役で、B.B.キングとかボー・ディドリーとか、エリック・クラプトンとかも出てて、それだけでも豪華。途中、「それはないだろ」という感じのミュージカルタッチになったりもしますが(w、これもダン・エイクロイドの悪ふざけと思えばOK。楽しかったですよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。