スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイパン(その1)
ども、ニシオカです。

日曜日にサイパンから帰ってきて、月曜日、もう一日休んで、今日から通常出社です。「夏休みの終わり」という言葉は、人をどん底にたたき落とす、暗く切なく、悲しい言葉です。

さて、先週のブログにもチラッと書きましたが、この夏休みの5日間、わたくし、サイパンに行っておりました。飛行時間は3時間。時差は+1時間。去年行ったグアムとほとんど同じですね。

泊ったのは「Aqua Resort Club Saipan」というホテル。これまた前回と同じで、サイパンの中心地「ガラパン」からは少し離れた場所。買い物には不便だけど、グアムの時もシャトルバスが頻繁に出てたから、問題ないだろうと思っていたのです。

ところが、サイパンでもバスは出ているのですが、1時間に1本。しかも、ガラパンにあるDFSに行くために各ホテルを回っていて、基本的に途中下車はダメな仕組み。グアムの時は、無理すれば歩けなくはないかな、という距離だったのですが、今回はどう考えても歩けない距離なので、なにか買い物がしたい時にはこのバスを使う以外にありません。なので、ちょっとした買い物にも時間の計画を立てないといけない。これはちょっと不便でしたね。

総じて、グアムに比べると、サイパンは田舎です。「静か」とか「リゾート」とか言い換えてもいいんですけど、「街中を楽しむ」というようには出来てないです。実際、この5日間の滞在中はすごく天気が悪くて、スカッと晴れた日は一日もなく、ずっと雨が降ったり止んだりの天気だったのですが、こんな状態でも楽しめる設備はないのか、いろいろ調べてみたら、サイパンにはそういう屋内施設はないんだそうです。結局、雨に濡れながら海とか山に行くしかありませんでした。いえ、それはそれで楽しかったんですけどね。天気に文句言ったってしょうがないし。ただ、もし海外旅行自体が初めてで、いろいろな遊び方がしたいっていう人がいて、グアムかサイパンかって聞かれたら、多分グアムを勧めます。

さて、サイパンではどこで何をしたか、と言うと、

1日目:到着
2日目:グロット、バンザイクリフ、ラスト・コマンド・ポスト
3日目:マニャガハ島(サシー・スノーケル)
4日目:ススペ(ウェイクボード)
5日目:カート体験コースを走って、帰宅

みたいな感じです。マリンアクティビティってのはどれもかなり体力を使うので、これでも結構ハードな感じでしたね。

=======

グロットというのは、サイパンの有名な洞窟で、イタリアの「青の洞窟」みたいに、海が青く光る、とても美しい場所です。ツアーに申し込むと、ここに連れて行ってくれて洞窟の中に飛び込めるんですが、これはなかなか爽快。ただ、行った日は、洞窟の奥の方にクラゲが出ていたらしく、奥の方に入れなかったのはちょっと残念でした。

その後、バンザイクリフへ。ここは言うまでもなく、太平洋戦争時に、アメリカ軍に追われた日本の兵士や民間人が「天皇陛下万歳!」と叫びながら集団自決をした場所。ここから山の方を見上げれば、同じく集団自決をした「スーサイドクリフ(Suicide Cliff:その名もズバリ「自殺崖」)も見えます。

ラスト・コマンド・ポストは、日本軍最後の司令部。ボロボロになった高射砲や戦車がそのまま置いてあったりします。

ガラパンには「彩帆香取神社(サイパンかとりじんじゃ)」なんてのもあって・・・つまり、サイパンはグアムよりずっとずっと、あの戦争をビビッドに感じさせるものがいっぱいあります。バンザイクリフの慰霊碑の前で、ちらほら見えるアメリカ人らしき人たちと、慰霊碑の中で記念撮影をしている韓国人ツアー客とを眺めながら、僕には「これを世界中の人はどう見るんだろう」という想いがよぎりました。ここが悲劇の場所であることは、誰の目にも明らかでしょうが、アメリカや韓国の彼らがここを見る感情は、僕が今持っているような感情とは違うんだろうな、という想いです。僕は、ただただ胸が痛かったのです。「負けたから」「勝ったから」ではありません・・・いや、ひょっとしたら、結果的には「負けたから」なのかもしれません。けれど、ここに飛び込んだ人たちのことを想うとき、その心情を想うとき、やはり、ただただ胸が痛かったのです。

・・・あ、初回から、暗い話題になっちゃいましたね(^^;)。次回からは一気に明るくなりますので、ご勘弁を(^^;)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
いいなあ。行きたい。

 我が家では妻の喘息の関係でグアムかサイパンに移住しよう、という話が何度も出てくるけど(熱帯の気候は彼女に合っているらしい)、そのたびに考えることがある。
だってアメリカが対中戦争を始めたら、最前線になっちゃうから。
そんなわけで、いつかDCを離れたら、ヴァージン諸島かプエルトリコあたりに住むかもしれません。
2011/08/25(木) 00:49:37 | URL | としちゃん #YehLyq1c [ 編集 ]
No title
考えるねぇ。
奥さん、喘息なのか。知らなかった。お大事に。
2011/08/25(木) 09:53:54 | URL | Takayuki+Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。