スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の音楽遍歴(7)
当然のことながら、バンドも組みました。これもラッキーだったのは、僕の小学校のときの同級生(僕の家から歩いて3分のところに住んでいる!)がギターを弾いていて、高校卒業間際くらいには、既にバンドの真似事みたいなことをしていたのです。

一番最初のバンド経験は、その、高校卒業間際のバンドでした。彼が彼の高校の友達と作ったバンドにキーボーディストとして加わったのが最初。しかも、そのバンドで初めてやったライブが「市川市文化会館」という、今ではクラシックからロックまで幅広くコンサートを行う会場でした。

今にして思えば、はっきり言って演奏はめちゃくちゃ。レベルもクソもあったもんじゃなかったですし、結局そのバンドはそれっきりだったのですが、これ以来、その幼馴染とバンドをやるのが恒例になったのです。

僕も彼も(それぞれ別の大学ですが)大学の付属高校にいたので、そのまま上の大学に進学しましたが、それからもずっと、彼が彼の大学で入った音楽サークルの文化祭に、僕もキーボーディストとして必ず出演していました。

彼はイングヴェイ・マルムスティーンやマイケル・シェンカーが大好きなヘビメタ・早弾き派。僕はテクノやジャズに傾倒したスタジオ・打ち込み派で、常識で考えれば話が合うはずがないのですが、毎年、本当にいろいろ一緒にやりましたね。イングヴェイとYMOとおどるポンポコリンと小比類巻かほるを一緒のステージでやったりしたんだから、もうデタラメです(笑)

ドラムとベースが揃わなくてギターとボーカル以外は全部僕が打ち込みなんていうケースも何度も(っていうか、そういうケースがほとんど)。でも、これは本当に貴重な経験でした。なぜなら、そのときのテクニックや経験で今につながっているものがたくさんあるからです。

いろんな失敗もしましたね。シーケンサーのテンポ設定を間違えて、早送りみたいな曲になっちゃったり、次の曲データのローディングを間違えてステージが止まったり・・・思い出しても冷や汗ものの失敗もたくさんやらかしました(^^;)

この経験も生きてますよぉ(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
本当にお世話になりましたね。
ある意味、僕の小さな夢をかなえてくれたわけですから、感謝してもしきれないくらいです。
恥ずかしいので、僕個人の醜態についてはここでは触れないでください。
2009/03/24(火) 11:30:42 | URL | 名無し #ZSPEfpMw [ 編集 ]
No title
アハハ!無記名で書き込みしてんの(笑)
醜態はお互いさまです。いや、ほんとにひどかったね、お互い(^^;)
2009/03/25(水) 18:16:42 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。