のんきな両親

3月11日の、あの地震の後、僕が妻の後にもう一軒、連絡を取ろうと必死になったのが、実家です。車で30分程度しかかからない隣の市に住んでいる両親。すくなくとも同じようには揺れたはず。しかし、電話はやはりまったくつながりません。何度も何度もリダイアルして(してはいけないことはわかっていましたが、やはり連絡を取りたいと思うのが心情というもの)、1時間くらいかかってやっとつながりました。出たのはおふくろです。

大丈夫!?怪我とかしてない!?

「うん、大丈夫」

・・・あれ?動揺した感じはまったくありません。いつもと全然変わらない感じ。

おやじは!?

「大丈夫。今トランプしてるよ

・・・なんだそりゃ(--;)

「まぁほら、あたしらは黙ってたって先に逝くんだからさ。アッハッハ

この1時間は何だったんだと思うと同時に、この親なら大丈夫だと、安心したのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺も心配して連絡しちゃたんだけど…
さすが。

No title

らしいね。ほんとにありがとね。
ウチの親もすごく感激してたよ。「あの子はほんとにいい子だ」って(笑)。
FC2カウンター
プロフィール

T.Nishioka

Author:T.Nishioka
本家 HP 「Takayuki Nishioka」 へも是非どうぞ!

Please vist to my HP "Takayuki Nishioka" , too!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード