スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おばちゃんってのは、もう・・・
昨日の早朝6時頃、羽田に帰ってまいりました。

僕が滞在中、オーランドはまるで真冬の寒さ。朝などは吐く息が白くなるほどで、「帰りには忘れないようにしなきゃな」と思っていたジャンパーも、忘れるどころか脱ぐことができませんでした。

それなのに、人が帰ろうという日曜日には春のような暖かさ。「これぞフロリダ!」という陽気。バカにしてるのか、オーランド(--;)。

結局ジャンパーも脱げないまま、日本に帰ってきたら東京は雪。オーランドどころじゃない寒さで、震えながら家に到着。なんだったんだ、オーランド・・・。


ところで、帰りの日の事。オーランドからロスまでのアメリカ国内線で、僕の斜め前に座った中年の女性が、席につくなり何かを怒鳴りはじめました。それはもう、ものすごい剣幕で怒っているんですが、中国語なので、何を怒っているのかまったくわかりません。どうやらその女性は英語がまったく話せないらしく、キャビン・アテンダントが飛んできても、ひたすら中国語で怒鳴っています。

少しして、僕の隣に座っていた、やはり中年のアメリカ人女性が僕に話しかけてきました。

「あなた、日本人?」

はい、そうです。

「中国語はわかる?」

いいえ、全然。

「あの人、何を怒っているのかしらね?」

さぁ、なんでしょうね?

「あの人、きっとキャビン・アテンダントに嫌われて追い出されちゃうわよ。だって中国人だもん。アッハッハ!」

こらこらこら!そういう言い方はやめなさい!(^^;)

しかし、その女性の予言通り、怒鳴っていた中国人女性は本当に荷物ごと追い出され、飛行機は5分遅れで出発したのでした。

ほんとに、あの人は一体何を怒ってたんだろうなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。