スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでも無理矢理書くと、今日のこのブログみたいになる
おかげさまで、最近では僕のHPのアクセスの過半数以上を占めるようになってきた『作曲・編曲講座』の、項目の並びを少し変えました。

今までは「コード」の項目にあった「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」を、すべて「コード進行」の項目に移動し、その空き地に「トライアド」の項目を追加しました。トニックだのドミナントだのは「和声機能」であって、コード単体での話にはそぐわないと思ったからです。

これに伴い、それぞれの記述内容も若干変更しています。文中のリンク切れは起こさないようにしたつもりですが、万一あったら是非教えてください。

で、ここまで理屈を述べている私自身の、最近の音楽活動はどうなっているのかというと、

・・・まるで書けません。orz

やっぱねぇ、理屈で音楽が書けるなら、誰も苦労しないのよ(それを言っちゃおしまい)。

あるんですよ、こういう時期。特に休み明けに多いみたいですね。正月休みとか夏休みとかね。まるで書けなくなっちゃう。というよりも、書く気にならない。

「一通り人生を生きてみて、『これなら小説なんて書かなくていいや』と思えれば、それは最高にハッピーだし、『それでも小説が書きたい』と思うなら、良い悪いは別にしても、自分の文章が書ける」と言ったのは村上春樹氏でしたが、ってことは、僕は今、満たされてるってことなんでしょうかね?休んだから?

書けない時期は、まるで音楽に触れないかというとそうでもなくて、ピアノは弾いてるんですよ。最近は、ドビュッシーの『映像II』。つまり、弾く方向にベクトルが向いてるってことなんでしょうかね。で、こういう「書く方向にベクトルが向いていない時期」に無理して曲を書くと、ほんとにロクなことにならない。かといって、書ける時期を待っているだけじゃ、いつまで経っても書けない。このまま書けなくなっちゃうんじゃないかという、妙な脅迫観念にも襲われるわけです。まぁ、僕なんてただのアマチュアですから、書けなくなったところで誰にも迷惑かけないし、何の影響もないんですけどね。それでもやっぱり、ちょっと焦ったりしますよ。

小さいアイデアはいくつか出てるんですけどね。ちょっと実現性に乏しいというか、うまく行きかけては止まる、みたいな、そんな感じ。

で、何をグダグダ、こんなところで愚痴をこぼしているのかというと、こういうことを書いた途端に、突然いいアイデアが出たりすることが多いから。つまり、みなさんには今、僕のこのカルデサックの打開策に付き合ってもらってるわけです。いいじゃん、別に(逆ギレ)。

・・・ごめん。次のブログは、もうちょっと楽しいこと書くから。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。