スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pro Tools vs Record
さて、前回の曲をすべてPropellerhead Recordで仕上げたことで、Avid Pro Toolsとの違いがちょっと見えてきたので、感じたことを書いてみようと思います。

まず、Recordの良いところ。

・止まらない
とにかく、これに尽きます。僕は、バックトラックはほぼすべてReasonで作るので、これと歌を同期させるためには、今まではPro ToolとReasonをReWireでつないで動かしていたわけですが、これがとにかくよく止まる。Pro Tools単体なら何の問題もないので、僕のMacのパワー不足なのかもしれないけど、同期させて動かすとすぐにDAEエラーで止まるわけです。制作作業中に止まられることくらいイライラさせられることはないわけで、これが無いというだけでも、後に述べるRecordの弱点を全部引き受けても構わないっていうくらい、快適。操作感も、Reason単体の時とさほど変わらない感じのサクサク感です。さすがに、オーディオトラックがかさんでくると若干重くはなりますが、特に気にならないレベル。これは本当に助かります。

・オーディオファイル作成時に、実時間がかからない
これも助かる。Pro Toolsの場合、完成したミックスをwavファイル等に出力するときは、実時間がかかります。ミックスを実時間かけて再生し、それをファイル化するわけです(これを、Pro Toolsでは「バウンス」と言います。ちなみに、この再生中にDAEエラーで止まったら、バウンスは最初からやり直しです・・・orz)。一方、Recordではファイル化するときに実時間をかける必要がありません。ちょっと待っていれば、ファイル完成。これなら、ファイルを作るときにも、特に覚悟を決める必要もありません(笑)。

・オーディオのセグメント単位でのレベル調整
思った以上に便利でした。これはもちろんPro Toolsでもできるのですが、Pro Toolsの場合、これはフェーダーアニメーションとして認識させるか、レベルの上がったオーディオファイルを新しく作る形になります。Recordの場合、セグメント上のレベルハンドルをドラッグするだけ。フェーダーアニメーションとは独立しているので、後で全体的なレベルを調整したいときにも、相対的なレベル差は影響を受けません。

次は、Recordの弱点

・フェーダー/トラックの柔軟性
これはもう、しょうがないですね。Pro Toolsでは、特定のトラックを特定のバスへアサインし、そこから別のバスへチェインし・・・みたいなことや、いくつかのフェーダーをグルーピングし、一括選択・アニメーションしたり、バラしたり、みたいなことが、非常に柔軟にできるのですが、Recordにはこのような機能はありません。ミキサー単体としての機能を考えると、やはりまだ改善の余地は多いと言わざるを得ないでしょう。まぁ、この部分でPro Toolsと比較すること自体がナンセンスでしょうね(笑)。

・Neptune
「やはり・・・」というべきなのでしょうが、柔軟性も音質的にも足りません。まぁ、Melodyneと比べること自体に無理があることは重々承知ではありますが、スケールを変更したり、ピッチ調整の対象とする音を変更したり、という行為がアニメーションできません。これがやりたい場合は、もう一台Neptuneを追加し、二台の間でBypassをスイッチさせて使う形になります。また、各種パラメーターがどのように効いているのかが視覚的にわかりにくく、希望の状態に持っていくのが大変です。どういじっても、声がロボットみたいになっちゃう。これは、正直辛かったです。ただ、音の指定がMIDIキーボードを使ってリアルタイムにできる、っていうのは、ほんと、最高!

・プラグインが使えない
VSTにもRTASにも、それ以外のどのようなプラグイン形式にも対応していません。デフォルトのエフェクト群が豊富なので、僕の場合はそれほど困らなかったのですが、Neptuneの代わりにMelodyneが使いたい、ということはできないわけです。逃げ道がないのは辛いですね。

・外部コントローラー
あのSSLスタイルのコンソールに対応できる外部コントローラーがありません。いや、あるのかもしれませんけど、僕は持っていません。一応UC-33eとかCommand 8とかで試してみたんですが、まともに動きませんでした。あのコンソールをマウスでポチポチやるのは、かなりのストレスです。Command 8のムービングフェーダーに対応してくれないかなぁ・・・。

・クロスフェードがつけにくい
これは真剣に改良してほしい。2つのオーディオセグメントをつなげたとき、クロスフェードでつなげないと、そのつなぎ目に「プツッ」という音が入ることがあります。Recordでこれをやるには、つなぎ目のあたりでEditモードに入り、既についているので必要ないはずの編集点をもう一度つけなおして、その境目にクロスフェードをつけ、またメインのモードに戻ります。Pro Toolsなら、つなぎ目のところでマウスをドラッグするだけ。いくらなんでも、Recordのこのクロスフェードのつけ方は受け入れがたいです。


後は、「コンプのクセをつかむのが大変」というのがあるのですが、これは別にRecordの弱点というわけではなく、「Pro Toolsのコンプとクセが違う」という、ごく当たり前の話なので、今後僕が慣れればいいだけの話。ただ、Pro Toolsのコンプは、パラメーターの状態を視覚的に見せてくれるので、分かりやすさはPro Toolsの勝ちかな、とは思います。

さて、総体的に見て、僕レベルのアマチュアであれば、Recordは十分快適に使えます。ただ、プロのミックスの現場でRecordを使うことは、ちょっと想像できません。フェーダーの外部コントローラーや、バスアサインの柔軟性は、圧倒的にPro Toolsの勝ち。まぁ、Recordは始めから「これはエンジニアのためのツールではない」と言っているわけですから、それでいいんでしょうね。実際、ミキサーではない、アマチュアミュージシャンの僕にとっては、インターフェースに慣れさえすれば、これはこれで非常に快適に使えそうだ、という印象は受けました。何をするにもラクだしね。Reasonのやり方に慣れているならなおさら。でももし、あなたがこれからプロのミキサーになりたいと考えているなら、Pro Toolsを選ぶべきだと思いますし、ミキサーではないにしても、もしReasonを使っていないのなら、あえてメインのミキサーとしてRecordを選ぶ積極的な理由も見当たらないような気もします。逆に言えば、普段からReasonを使っていて、ボーカルミックスにも同じ環境が欲しいと思っている人(つまり、僕のような人)には、Recordは最適なツールと言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。