スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジッポーの火の点きが悪いなと思ったら
最近発見した裏技。

「オイルはちゃんと入ってるはずなのに、どうも最近ジッポーの火の点きが悪いな」とお思いのあなた。
芯のメンテナンスや交換をするまえに、一度ためしてみましょう。

それは
「フリント(火打石)を入れなおす」
という技です。

「入れ替える」じゃなくて「入れなおす」ね。

今使っているフリントをいったん抜いて、また元に戻すだけ。
たったこれだけで、劇的に火の点きがよくなります。

フリントって、ずっと使っていると、フリントホイールの形に沿って・・・つまり「U」の字型に削れていくんですね。で、これによりホイールとの摩擦がだんだん少なくなって、火花が飛びにくくなる、と。

これが、「入れなおす」ことにより、フリントホイールとの角度が変わって火花が飛びやすくなり、結果、火が点きやすくなる、と。

一度お試しを。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。