スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノかギターか
先日、新聞をペラペラと読んでいたら、「今から習いたい楽器」というアンケートが載っていました。大人を対象にしたアンケートで、確か1位がピアノ、2位がギターだったと思います。1位・2位の順番はともかくとして、この二者が上位ってのは、まぁ、そうだろうな、って感じですね。

で、私も一応、アマチュアミュージシャンのはしくれ。ピアノとギターのどちらがいいのか。ちょっと考えてみました。


ピアノ
<長所>
・「一台のオーケストラ」の異名を持ち、一人ですべてを演奏できる
・楽譜が読めるようになる(というか、読めないと弾けないので、無理やりでも読めるようになっちゃう)
・男性でピアノが弾ける人は、女性から見ると知的に見える(・・・らしいんだが、オレはそんなこと言われたことない・・・)
・音楽理論が身につきやすい
・ちょっと「できるヤツ」って感じがする
・多少爪が伸びてても大丈夫(なんだそりゃ)

<短所>
・人に聴かせる場所が限られる(野外ではほぼ不可能)
・転調が難しい(すべての調で指使いが違う)
・なので、音を出すのは簡単だが、弾きこなすにはそれなりに訓練が必要
・バンドだと、ほぼ確実に目立てない
・特にロックバンドだと、やることがほとんどない
・そのくせ、「やるべきこと」はやたら多い(編曲とか、ギターソロのサポートとか・・・)
・デカくて、重くて、高い


ギター
<長所>
・バンドだと主役になれる
・どこでも弾ける(手軽)
・転調が簡単(転調しても指使いはほとんど変わらない)
・様々な奏法があり、非常に豊かで人間味のある感情表現ができる
・弾き語り(ピアノでもできなくはないけど、ピアノだと、マイクがないと声がかき消されちゃう)
・ピアノに比べれば軽くて安く、それほど邪魔にもならない

<短所>
・基本的には「伴奏する」か「リードメロディを弾くか」のどちらか。両方を一緒にやるのはそれなりに難しい
・なので、練習がちょっと寂しくなる
・コードが弾けなくて挫折する(オレがこれ)
・楽譜が読めなくてもTAB譜があれば弾けるが、それに頼り切ってしまうと、なかなか楽譜が読めるようにならない
・音楽理論が身につきにくい
・特に左手の爪は、伸びてると弾けない。


こうしてみると、「ピアノの長所」は「ギターの短所」だし、その逆もまたしかりってところですね。今から始めるとなると、確かに迷うよなぁ。

ピアノ弾きとして思うのは、「本当に発表する場所がない」ってことです。会社のみんなとか、僕が実際に弾いてるところを見たことがある人は、ほとんどいません。こういうとき「ギターはいいなぁ」と思いますね。でも、曲を作るようになってから、ピアノ弾きでよかったなぁと改めて思ったりしてます。もちろん、ギターでも曲は作れるけど、例えばコンピューターで音楽を作ろうと思うと、残念ながらインターフェースは鍵盤なんですよね。だから、鍵盤ができると、そういう可能性が広がるように思います。

さぁ、大した結論も出ないまま、あなたはどっち!?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
まあ、両方必修科目ということでよろしいんではないでしょうか。
2010/10/16(土) 07:07:28 | URL | としちゃん #ZSPEfpMw [ 編集 ]
No title
それができれば、お互い苦労してねぇだろ(^^;)
2010/10/16(土) 20:48:31 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。