アレンジ作品 『晴れときどきくもり』

いつもお世話になっている新井和広クンの新曲『晴れときどきくもり』をアレンジさせていただきました。

この曲、大好きです。ひょっとしたら、僕が今までアレンジした曲の中で一番好きかもしれない。切なさと穏やかさが同居した原曲(2000年に出来てたんだって!10年も前にこんなの作ってたんだ。まだ若いのに大したもんだ(笑))を聞かせてもらって、すっかり心を奪われました。それはまるで、僕が尊敬して止まないバート・バカラックのような・・・。バート・バカラック。彼こそ僕の原点であり、僕にとっては坂本龍一氏と並んで「永久に到達できないであろう高みにいる、永遠の目標」なのです。いわば「神様」みたいな存在。

今回のアレンジではその印象をそのままに、ベースの音やストリングアレンジ、オルガン、ギターなど、すっかり氏を意識したものになっています。もちろん氏の足元にも及びませんが、こんなチャレンジが可能だったのも彼の原曲があったからです。

そして、中間部のギター+口笛ソロは、これも僕が大好きなジャズ・ミュージシャンのトゥーツ・シールマンズからインスピレーションをもらいました。この部分も個人的にはとても気に入っています。

是非是非聞いてください。これ、本当にいい曲です。めったに他人の曲を褒めないニシオカが言うんだから、間違いありません(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わかりやすくて、印象的で、とってもいいですね。
新境地じゃん!

No title

でしょ?これ、いい曲だよね。
なんか落ち着くっていうか、穏やかになれる。

No title

ニシオカさん

それはほめすぎです。

No title

いやいや、マジでいい曲だって。
褒め殺し?(笑)

思わぬ収穫

新井さんとの新曲出てたんだ!
いつもながら
新井さん作の曲は独特の世界観持ってますよね~。スキですv-238
今回の曲はかなりポピュラー寄りで
安心して聴けるというか……
普通に聴いてもいいし、BGMでもいいし、一緒に歌ってもいいような
万能タイプですね。
2000年に作ったものが、全く古臭さを感じさせないし
これから時を経てもずっと色褪せない曲ですねv-218

No title

> 2000年に作ったものが、全く古臭さを感じさせないし
> これから時を経てもずっと色褪せない曲ですね

うん、そうね。普遍的な強さを持ってる。
「いいもの」は「新しいもの」より強いってことだね(笑)
FC2カウンター
プロフィール

T.Nishioka

Author:T.Nishioka
本家 HP 「Takayuki Nishioka」 へも是非どうぞ!

Please vist to my HP "Takayuki Nishioka" , too!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード