スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こわれかけのメウス~
↑このタイトルは、「マウス」を発音良く言おうと思ったら、わけがわからなくなった、という・・・。

Mighty Mouseってご存知ですか?

僕はMacユーザーなので、自宅で使っているマウスは、このMighty Mouseです。

マウスの中央にある小さなボールをコロコロ動かすことで、上下左右に自由自在にスクロールできる優れもの。握った感もなかなかのもので、重宝していたんですが・・・

このマウス、おそらく唯一にして最大の欠点が

分解掃除できないこと。

中央のボールは、機械式のマウスがそうであったように、中にゴミやほこりが溜まることで感度が悪くなり、うまくスクロールできなくなります。で、機械式のマウスなら分解して掃除することができるんですが、このMighty Mouse、マウスの底面が「接着」されていて、分解できないんです。

僕のMighty Mouseもご他聞に漏れずスクロールができなくなってきてましてね。特に下スクロールが全然効かなくなる。

ネットで調べてみたら、同じ症状の人がいるわいるわ。これ、やっぱりみんな同じ経験をしてるんだね。

で、いろいろな対処法がみつかったのですが

(1)ボールを毛羽立っていない布等でクリクリと拭く(Apple推奨のやりかた)
(2)ガムテープをペタペタ貼り付けつつ転がす
(3)両面テープをボールに貼り、マウス内部に押し込むように転がし、しばらくクリクリした後でテープを取り出す。
(4)ジッポーライター用オイルをボールに一滴たらし、マウスをさかさまにしてクリクリ転がす
(5)コピー用紙でボールをグリグリこする。
(6)それでも無理やり分解する

※注:ここに書いたすべての対処法は、いろいろな方がブログに書かれた方法を見つけたものであり、動作の保証はありません。すべての対処法は自己責任で行ってください。効果がなかったり、マウスが壊れたりしても、一切責任は負えません。

(6)はさすがに怖かったのでやりませんでしたが、後はすべてやりました。で、すべて一応の効果はあるんです。特に(2)と(4)は効果が高かったんですが、翌日になるとまた元の状態に戻っているという・・・。

つまり、僕のマウスがもう限界なんだろうな、と。

で、新しいのを買いに銀座へ向かったわけなんですが、実はその日がiPadの発売日とバッチリぶつかりましてね。

もう長蛇の列。Apple Storeでの買い物はあきらめて、ビックカメラへ向かったんですが、ここでもiPad待ちの人でごった返してました。そんな列を横目で見ながら、Mighty Mouseの箱をむんずとつかみ、一番空いているレジへ直行するオレ。

かっこいい~(のか?)

Magic Mouseも検討したんですが、手の大きい僕には、アレはちょっと小さいんですね。「つかむ」というよりは「つまむ」という感じに近くなってしまい、長時間使っていると疲れそうだなと思ったので、今回はMighty Mouseのままにしました。

そんなわけで、iPadの話題で持ちきりな世間には目もくれず、Mighty Mouseの話をするニシオカのブログへようこそ。よくもまぁ、こんなサイトに来ていただきました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。