スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝起き悪い(そういうときは目つきも悪い)
そもそも、早起きが苦手なんですよ。ってか、寝起きが悪いみたいなんですね。

「みたい」って言うのは・・・

先週、大阪に出張に行きましてね。社内の同僚と同じ新幹線に乗って、大阪に向かったわけです。僕は2人掛けの席の通路側に座っていて、隣の窓側にはキャスター付きの大きなカバンを持った男性が一人。僕の同僚は、通路を挟んだ3人掛けの席の通路側に座っていました。

で、僕は名古屋に着く手前くらいでウトウトと寝ちゃったんです。

誰かが僕の膝をトントンと叩き、それで目が覚めました。新幹線はまさに名古屋駅に到着したところ。僕の隣に座っていた、大きな荷物を持った男性が、電車を降りようとしています。膝を叩いたのは、通路を挟んだ席に座っていた僕の同僚でした。僕が眠っているので、隣の男性が降りられなかったんですね。

僕は(自分ではかなり急いだつもりで)足を通路側にズラし、男性を通しました。

やがて、新幹線が名古屋駅を出たとき、その同僚がボソっと

「・・・ニシオカさん、寝起き悪いっすねぇ」

え?そうだった?

「もっっっっのすごく不機嫌そうな顔してましたよ」

でも、寝起きってそんなもんじゃない?

「いや、ああいう状況では普通、もうちょっと申し訳なさそうにしたりとか、慌てて立ったりとかするもんじゃないですか?」

まぁ確かに、ちょうどいい具合にウトウトしてたところで(わかるでしょ?一番気持ちいい状態だったわけですよ)、そこを起こされたので不機嫌ではあったんだけど、そんなに無愛想だった?

「すごかったですよ」

そうかぁ・・・。でも、できないものはできない。寝起きでいきなり笑顔が作れるほど、オレは人間、できちゃいない(何を威張っているのか)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。