スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エレベーター占い
エレベーターの扉が開いた時に中に誰も乗っていなかった場合、自分が行き先階のボタンを押さない限り、扉が閉まってもエレベーターは動きません。これは、あなたがそのエレベーターを呼び出すために上のボタンを押したか、下のボタンを押したかに関わりません。

そのような状態のエレベーターが次に動き出すのは、どこかの階で誰かがそのエレベーターを呼び出した時であり、それは上の階なのか下の階なのかわかりません。

これで運命を占うっていうのはどうでしょう?

例えば「今日は何を食べようかなぁ・・・ラーメンか、カレーか・・・よし、このエレベーターが上に行ったらラーメン、下ならカレーだ!」なんて。で、しばらくしてエレベーターが動き出して「よしっ!上だからラーメンだ!」なんつって。

問題は、そのエレベーターが呼び出された階に止まって人が入ってきたとき、どの行き先階ボタンも押されていないこと。行動を怪しまれないようにするには、その階で一旦降りなければなりません。いかにも「私は始めからこの階で降りるつもりだったんですよ~」という顔をして降り、次のエレベーターを待ちます。

次のエレベーターにまた誰も乗っていないときは、もう一度繰り返します。呼び出したエレベーターに既に誰かが乗っていた場合は、そこで終了です。場合によっては1階に下りるまでに何度もビルを上下しなければならないかもしれませんが、それも運命。

というわけで、早速今日の昼ごはんをエレベーター占いで決定するぞ!

・・・
・・・
・・・昼休み時のエレベーターは、人でいっぱい。みんな1階を目指す。

占う時は時間帯を考えましょう。

あと、すごくめんどくさいし、迷惑になるかもしれないから、やらないほうがいいよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
食べる前に、お昼休みが終わっちゃいそうですね。(^▽^;)
2010/02/20(土) 00:33:48 | URL | Asa #mQop/nM. [ 編集 ]
No title
下手するとそうなります。それも運命。

ちなみに、昼休みのピークの時間帯くらいにやると、ほぼ確実に下に行けます。
2010/02/20(土) 21:48:05 | URL | Takayuki Nishioka #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。