スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘く見てはいけない
前回の日記で書いた親指の怪我。切ったのは指の腹の方ではなく、背の方・・・爪のすぐ下あたりです。

なので、普段の生活で困ることはほとんどありません。傷口をわざわざ押したりすればそれは痛いけど、何かを持ったりつかんだり、そういうことで痛みを感じることは全然ないわけです。

ピアノでもそう。普通に弾いていれば痛みなど全然感じな・・・痛って~~っ!!

ミスタッチして、隣の鍵盤に思いっきり傷口をぶつけました(T T)。

一度そうなると、左手のジャンプに思い切りがなくなるのね。野球の選手がデッドボール恐怖症になってスランプになったりするのって、こういうことなのかな?(ちょっと違う気がする)


作曲・編曲講座 -Advance-「大事なことは何度でも、本当に大事なことは一度だけ」「音量と音圧」「作品と人格」を追加しました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。