スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秒速8回の壁
眠い・・・だるい・・・

年末から、余った有休をつなげて2週間弱の冬休みを過ごし、昨日から出社だったわけですが

眠い・・・だるい・・・

とにかくもう、動きたくない。帰って寝たい。雑煮が欲しい。「初笑い 爆笑ヒットパレード」が見たい。僕のお正月はまだ終わってない。そう信じたい。

年末から、新しいピアノ曲に挑戦しています(突然話題が変わるのも、正月ボケのせいだと思ってください)。ラヴェルの「道化師の朝の歌」。気軽な気持ちで始めて、結構難しくてネットで難易度を調べてみたら、リストの「ラ・カンパネラ」とか「メフィストワルツ」とかと同じレベルなんだそうな。うげっ。そんなだったの?知らずに始めちゃったよ。「ラ・カンパネラ」も「メフィストワルツ」もよれよれながら一応弾けるようになったんだが(マジでよれよれだけどね)、あれと同じレベルの努力をしなきゃいけないってことか・・・。先は長い。

で、曲中に同音連打が出てくるんだけど、これが僕は大の苦手。とにかくまともに弾けない。「ラ・カンパネラ」のときもどうしようもなかったけど、「道化師の朝の歌」の場合、この同音連打が曲のキーにもなるくらい重要なんだよね。でもできない。

で、これもネットでコツを調べたら、アップライトピアノだと構造上限界があるんだそうな。グランドピアノだと秒速15~6回くらいは叩けるんだけど、アップライトだと8回くらいが限界なんだって。

そうか。どうしても音がつながっちゃうのは、俺のせいじゃなかったのか(お前のせいだ)。

別のページに「秒速8回とはいっても、それだけ叩ければほとんどの曲は弾ける」と書かれてて、ちょっとがっかり。

一度グランドピアノで弾いてみたいな・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。