大ショック!

えぇ~~~っ!?そんなぁ~~~!?

それはダメでしょ、学研さん~~!

僕は『科学』と『学習』、そして『ひみつシリーズ』で育ったのですよ。『ひみつシリーズ』なんて、今でもほぼすべて覚えてるくらい。あれからどれだけ知識をもらったかわかりません。

そして、『科学』!

付録が楽しみで楽しみで。

ひょっとしたら、最近のライバル社が出しているような、「スイッチを入れれば音楽と声が流れて、楽しみながら九九が覚えられる」みたいなものに押されちゃったのかもしれないけど、それは科学じゃないっ!

科学っていうのは、「探求し、作り出し、結果を出す喜び」でしょう?そういう意味で、学研の『科学』は間違いなく科学でした。自分で実験セットを作り、自分で探求し、結果を出す。導線の皮膜をむき、電池ボックスにつないで、スイッチを入れたときに光り輝いた豆電球こそが『科学』の喜びだったはず。ああいうものは他にないのですよ!だって僕なんて、今でも本屋で『科学』を見ると「うわぁ、これ楽しそう!」とかってときめくし、『大人の科学』だって夢中で買ったりしたんだから(全部、音関係の実験キットだったけどね)。

『科学』はやめちゃいけない!ってか、お願いだからやめないで!『科学の喜び』をあんなにちゃんと教えてくれる本は他にないんだから。

このニュースは、ひょっとしたら今年一番ブルーになったニュースかもしれない・・・すごくショックです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おら、ずっと「科学」購読してた
お金出してまで「学習」だなんて・・・・絶対ありえな~~い
みたいな、作文とか大っ嫌いな子供だったよ。

ほんとに
なくなっちゃうのかなー
そのうちいつか突如復活するかもって
期待しておこう。

No title

『科学』と『学習』はペアなんだと思い込んでた。だから両方取ってたけど、『学習』の方の記憶はほとんどないんだよね(^^;)

学研だって企業なんだから、儲からないものは切り捨てなきゃならないのはよく分かるんだけど(ましてや、こんなご時勢だからね・・・)、これ、絶対、署名運動起きると思うよ。僕と同じくらいショックを感じてる人はいっぱいいるはず。
FC2カウンター
プロフィール

T.Nishioka

Author:T.Nishioka
本家 HP 「Takayuki Nishioka」 へも是非どうぞ!

Please vist to my HP "Takayuki Nishioka" , too!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード