スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
El Capitanの日本語入力システム
新しいMac OS、El Capitanの日本語入力システム。

変わった直後は「なんだこれ!?やりにくっ!」と思いました。文章を打ってるそばからどんどん変換されていく。スペースキーを打ってないのにどんどん変換されていく。打ち間違えて一文字戻ったりすると、すべての変換が無効になってしまって全部ひらがなに戻る。あぁ、もう!一時は(会社のWindowsマシンで愛用している)Google日本語入力をインストールしようかと真剣に思いました。

でも、ちょっとコツをつかむとこれがなかなか。要するにスペースキーを押さなきゃいいわけです。ズラズラ〜〜っと何も考えずにただひたすら文章を打ち込んでいけばいい。漢字変換は前後の単語から推測されて、かなりの高確率で正しい漢字にしてくれます。ほほぉ。こりゃ確かに気持ちいいかも。

でも、いいことばかりじゃありません。僕は十数年前までは結構なApple信者だったので「いや、これが最高なのだ。これでいいのだ!」とか言ってたかもしれませんが、最近は洗脳から覚めつつあるのです(w

まず、「かなりの高確率で正しい漢字にしてくれる」のは事実なんですが、万一誤変換された時にその場所に戻るのがめんどくさい。一単語ずつ打って変換、打って変換のシステムなら、誤変換は直前の単語ですから、そのまま間違えた単語をdeleteキーで消しちゃえばいい。新しいこのシステムだとズラズラ〜〜っと打っちゃってますから、その最初あたりの単語で誤変換されると一旦カーソルキーで戻らなきゃならない。距離が長いとカーソルキーで戻るのはめんどくさい距離だったりして、そんな時はマウスを触らなきゃならなくなる。長い文章を打ってるときは、これがなかなかにめんどくさいのです。実際、この文章はMacで打ってますが、ここまでにマウスを数回触ってる。これまでの入力方式だったら、この程度の文章を打つのに(文章構成を変更する時以外は)マウスなんかほとんど触らないです。

また、打ってるそばから変換されていく途中で思わぬ漢字に変換されてしまっている場合、それはそのまま放っておいてどんどん打っていけば、後の単語が決まった時に自動的に再変換されていくんですが・・・これは確かにすごいんですが、このリズムがなんとも居心地が悪い。目の端っこでクルクルと漢字が変わっていくので、「間違ってる・・・あ、変わった・・・あれ、また変わった」とか、どうしても意識させられる。文章に集中できないのです。実際、ここまでの文章を入力するのにこれまで以上に時間がかかってますし、これまで以上に疲れを感じてます。まぁ、これは慣れの問題なのかもしれませんけどね。

あと、入力が遅くなったような気がします。ちょっと文節が長くなると、自動変換の処理が重くなるからなのか、タイピングに文字がついてこなくなる。「カタカタカタ・・・・へ・・・ん・・・か・・・・・ん」みたいな感じ。これがかなりストレス。これはウチのMacがしょぼいからかも、なんだけど、いくらマシンが遅くても文章を打つくらいのこと素早くやってくれよ。20年前のワープロじゃあるまいし。ここまでの文章で、それが原因のミスタイプがいくつもあります。これも疲れる原因。

ここまでの文章を打ち込むのにスペースキーはほとんど押してません。これってすごいことですよ、確かに。でもその代わりにマウスを何回も触ってますし、疲労度も高い。時間もかかってる。「素晴らしく快適です!」とはまだ言えない。でも、このシステムがダメなのかどうか、結論を出すのはまだ早すぎる。なので、もうしばらくこれを使ってみようと思います。「どんなシステムでも要は慣れ」なんていう、身も蓋もない結論になりそうだけど・・・。
スポンサーサイト
ReCycle買った
いや、中古品じゃなくて。

PropellerheadのReCycleっていうソフトウェア。新製品でもなんでもなくて、ずっと前からある製品。

僕がずっと愛用している同PropellerheadのReasonに「Dr. Octo REX」というモジュールがありまして、これはサンプルファイルをスライスしておくと、テンポを変えたりピッチを変えたり、スライスごとの演奏順を変えたりと、それこそ自由自在にサンプルファイルの演奏を変更できる優れもの(言葉じゃよくわかんないと思うので、上のリンクにあるムービーを見てみて)・・・なんですが、このモジュールに読み込ませる前の下準備として、スライスを指定しておかなくちゃいけない。それをやるのがReCycleなのです。

・・・ほらね。「それは必需品だ!」って思えないでしょ(w。何しろ、Recycleで加工したファイルはReasonのDr.REXでしか使えない。あまりに応用範囲が狭いのですよ。それで通常価格$199。・・・ほらね。「う~ん」ってなるでしょ。

そんなこんなで飲んだくれて過ごしていたある日、Propellerheadからメールが来まして。「お前が何年もの間、湿ったドーナツみたいにぐずぐず迷ってるReCycleが、今なら$100引きの$99だぜ!こんなチャンスはもうないぜ!さぁ、買うのか買わねぇのか、はっきりしやがれ!てやんでぃ!」と(アメリカンなヤンキー口調で始めたつもりなのに、なぜか最後は江戸っ子)。

軽く酔っ払ってた勢いもありまして、「今しかない!」と。で、買っちゃいました。

これまでも何度か、「あぁ、こういうときReCycleがあったらなぁ・・・」と思う瞬間は何度もあったので、使わないことはないはず。いや、使うはず。使わないはずはない。

先週末にソフトをダウンロード&インストールして、直後に起動を確認して、それ以来今日までひとまず3日間、一度も起動していませんが、こういうユーティリティーソフトってのはそういうもんです。これでいいのだ。

それにしても、カードで$100払うときってのは、SimCityで80,000シムオリオン払うときより実感がない。こわいこわい。
El Capitan + Reason & Pro Tools
本日、我が愛機iMacのOSをEl Capitanにアップデートしました。

心配なのはReasonとPro Tools。それぞれのメーカーサイトに行ってみると、ReasonはEl Capitanで動作確認できてるらしい。でも、Pro Toolsはまだダメみたい。

ん〜・・・

まぁでも、幸いなことに、現在進行中の音楽プロジェクトはありません。僕の場合、Reasonが止まられるのは結構困るんだけど、Pro Toolsが止まるのは、進行中のミックスがないのであれば多少は大丈夫だったりするのです。

というわけで、よし、行っちゃえ!

(・・・約1時間後)

さてさて、アップデートは終わりました。気になる二つのアプリケーションはどうでしょう。まずはReasonから。

・・・あれ?起動しません。Reasonアイコンをダブルクリックすると、ピョコピョコ動き出しはするんだけどそれっきり。なにも現れません。アクティビティモニターを見ても「応答なし」になってる。なんてことだ!動作確認されてるはずの方が動かないなんて!

Pro Toolsは?・・・こっちもダメ!ちょ、ま、二つともダメ!?勘弁してよ!いや、多少は覚悟してたけどさ、それにしてもいざこうなっちゃうとくぁwせdrftgyふじこlp・・・

・・・あれ?・・・何もしてないのに突然Reasonが起動しました。なんで今頃?一旦終了してもう一度試しに起動してみると、やっぱり起動しない・・・と思って5分くらい何もしないで放っておくと、突然起動する。どうやら起動に異常な時間がかかっているようです。ひょっとしてPro Toolsもそうだったの?

・・・本当だ。一旦起動して、何もしないで5分待つと起動してる。そんなバカな・・・。いや、そりゃまぁ起動はするけど、いちいち5分も待つわけ?そりゃないぜ・・・

ブツブツ言いながら晩御飯を食べ、もう一度、このひどくシュールな状況を確かめてみようとReasonを起動すると・・・

・・・あれ?ウソのようにスルっと立ち上がります。Pro Toolsは?

・・・これもさっきまでのグズグズがウソのようにスムースに起動。なにそれ(--;)

El Capitanにアップデートした直後、「Macを最適化するので、しばらくパフォーマンスの問題が出るかもよ」っていうダイアログが出たんですけど、それだったんですかね。

まぁ、何はともあれ動いてます。もうちょっと様子を見て、何もなければ良しとします。

あ、それから、Pro Toolsは(2015年10月3日の時点では)El Capitanはサポートしていません。僕はたまたまうまくいったっぽいけど、この記事を読んで「よし、オレも!」なんつって、El Capitanにアップデートして動かなくなっても、僕を含め、誰も責任を負いませんからね!よいこのみんなは絶対に真似しないでね!(ニカッ!)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。