スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
む:紫式部
めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに
 雲がくれにし 夜半の月かな
  -紫式部


昔から、そもそも歴史が苦手なのです。古文ってヤツも、それを面白いと主張する人の気持ちはよくわかるし、わかれば面白いんだろうと思うんだけど、「いづれの御時にか、女御・更衣あまた候ひたまひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり」とか言われても、「・・・なんのこっちゃ?」としか思えない。それに現代語訳が付いても、「いずれの帝の御世であったろうか、女御や更衣が大勢お仕えされていた中に、それほど高貴な身分ではないものの、格別に帝のご寵愛を受けていらっしゃる方がいた」ってのがやたら回りくどくて、「要するに『むかしむかし、大した身分じゃないけどやたら愛されてるヤツがいた』ってことだろ?だったらそういえばいいじゃん」ってなっちゃう。あの表現の奥にある真意にたどり着けないのです。

そういえば、学生の頃の僕の友達が、「昔の人は、犬に吠えられてびっくりしたときに『いとあやしき犬のほえたり!』とか言ってたのか?」とか言ってたけど、そうじゃねぇよ。

紫式部。あの時代に「才女」をやってくのは大変だったろうなと想像します。同時代にもう一人の才女として挙げられる清少納言がいわゆるコラムニストだったとするなら、紫式部は純文学。どっちにもどっちのつらさがありそう。ただ、僕のイメージとしては、清少納言は、やれ「春はいいわねぇ」とか、「かっこいい服着飾りすぎるの、ちょっとダサくない?」とかいう感じの、高慢な態度が鼻に付く書き散らし系。大して紫式部は執念系。実際どうだったのかは知りませんけどね。

どっちと付き合いたいかって言われたら・・・どっちもきついなぁ。だって、清少納言とデートしたら「ちょっと、その格好、なに?アタシと会うのにそんなダッサイ服着てくるわけ?みっともない。バカじゃないの」とか言わそうだし。紫式部だと「本日ディズニーランドへ向かうのは、一般的にそれが最もデートらしい形だという既成事実から来る非常に安易な結論であり、それ自体は無価値な選択ではないですか?」とか言われそう。うっせぇよ。

紫式部は清少納言をこきおろしてるらしいですよ。

「清少納言こそ したり顔にいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば、まだいと足らぬこと多かり かく 人に異ならむと思ひ好める人は かならず見劣りし 行末うたてのみはべれば え心になりぬる人は いとすごうすずろなる折も、もののあはれにすすみ をかしきことも見過ぐさぬほどに おのづからさるまてあだなるさまにもなるにはべるべし そのあだになりぬる人の果て いかでかはよくはべらむ」

「清少納言は、実に得意顔をして偉そうにしていた人です。利口ぶって漢字を書き散らかしていますが、よく見れば、まだまだ勉強不足の点がたくさんあります。あれほどいつも他人から抜き出ることばかり考えている人は、いつかボロをだし、末路はいいことがないに決まっています。軽薄な人の終わりはどうしていいはずがありましょうか」

・・・怖っ。でもここから推察するに、清少納言も相当高慢なイヤなヤツだったっぽいな。「アタシって才能あるし~」みたいな。「偉そうにして」「他人からぬきんでることばかり考えてる」「軽薄な」ヤツって、オレ、絶対友達になれないかも。

二千円札の裏が、清少納言じゃなくて紫式部だったのは、なんででしょうかね?やっぱ純文学だから?コラムニストじゃダメってこと?
スポンサーサイト
klix*新曲『nano』
お久しぶりの新曲です。タイトルは『nano』です。前回がインストものだったので、本来のklix*としてはこれが今年初っていう感じですね。miyuファンの皆様、お待たせいたしました。

今回音楽的に目指したのは「シンプルで知的なセンスよさ & 軽いおふざけ」。成功してるかどうかわかんないですけど、目指して努力しました。

miyuは今回、サビの「nano、nano、nano・・・」のところを、指で数を数えながら歌ったそうです。おかげで、ちゃんと間違えずに歌えてました。

実は今回の曲を使って、ちょっとした企画サイトを開こうと考えてます。どんなサイトかはまだ秘密。ヒントは「今日のこの新曲紹介の記事がやたら短い」こと(笑)。着々と作っておりますので、そちらもどうぞお楽しみに。

では、いつもどおり、下記のサイトから是非お聴きください!


OKMusic
http://okmusic.jp/user/36993

Last.fm
http://www.lastfm.jp/music/klix%2A

MySpace
https://myspace.com/klix5

Musictrack (+)
http://musictrack.jp/user/19151

Muzie (*)
http://www.muzie.ne.jp/artist/r018106

(+) コメントを書きこむにはログインが必要です。試聴はログインしなくてもできますが、このサイトからのダウンロードはできません。
(*) 公開までに1~2日程度必要です。
み:ミジンコ
始まりは、どんなものでも小さい
 -マルクス・トゥッリウス・キケロ


漢字で書くと「微塵子」。すごいね。「木っ端微塵」の微塵。

ミジンコさんには小学校の理科の時間に顕微鏡の中でお会いしたっきり。あのときにはプレパラートの中で元気に泳いでいらっしゃったのを覚えております。しかしそれ以来とんとご無沙汰しているので、GoogleやWikipediaを駆使して(駆使ってほどじゃないけど)調べなおしてみました。

初めて知ったこと1:
「ミジンコに見られる大きな眼は、横から見ると左右あるように思えるが、実際は一つ目である。正面から見ると一つ目のお化けのように見える」(Wikipediaより引用)
へぇ~~~

初めて知ったこと2:
「ミジンコはDNAのサイズは約2億塩基対と小さいのに、たんぱく質を作る遺伝子は少なくとも約3万900個と、これまでゲノムが解読された動物の中で最も多いことが判明している。東京薬科大学やアメリカインディアナ州立大学などの研究によれば、ミジンコの遺伝子は3万1000個以上にのぼり、ヒトよりも8000個も多い」(Wikipediaより引用)
へぇ~~~~~~~~。体が小さいのに情報がいっぱい詰まってる、iPod nanoみたいなヤツってことじゃん。すげぇな、ミジンコ。

初めて知ったこと3:
「ミジンコには、自分とおなじクローンしか産まない単為生殖期と、交配して子孫を残す有性生殖期がある。一般的に、通常(環境の良いとき)はメスを産み、生存危機が迫ったときにだけオスを産んで交配するといわれている」(Wikipediaより引用)
環境さえ良ければメスしか生まない。ということは、通常の状態ではオスは要らないってことですね。まぁ、単為生殖ができるんなら、そりゃ必要ないけど、オスの仲間としては切ないなぁ・・・。あ、でも、生存危機が迫ったときだけ現れるなんて、ちょっとかっこいいじゃん、オス。そういうオスは、やっぱりミジンコ界でもヒーロー的存在なのかな。だとしたら、いいなあ、ミジンコ。

ちょっと調べたたけで(しかもWikipediaだけで)これだけ初めて知ったことが出てくるんだから、僕がいかにミジンコについて知らなかったか。あるいは、いかにミジンコが奥深い存在か、ってことなんですかね。まぁ考えてみりゃ生き物なわけだから、彼らには彼らの生態があって、コミュニティーがあるわけですよ。ミジンココミュニティーの中にもいろいろなしがらみがあったりして。しかも通常は女性だけの社会だから、ちょっとドロドロな感じになってたりして。人間関係(ミジンコ関係)が大変ですよ、こういうのは。上の人にはたてつけないしね。ちょっとたてつくとつまはじきになっちゃうし。ニッコリ笑って挨拶するけど、裏ではいっせいに陰口言いあってたりとか。ぶつかったフリしてコーヒーかけられたりとかしてね。「・・・あら、ごめんなさい(笑)」みたいな。んで給湯室で一人で泣いたりとか。

大変だなぁ、ミジンコ。
ま:窓
私たちは誰も、水平線の彼方にある魔法のバラ園を夢見ている。
それなのに、わが家の窓の外で今日も咲きほこるバラの花など見向きもしないのだ。
 -デール・カーネギー


本日わたくしは、大阪に来ております。少し早く仕事が終わったので、ホテルの部屋からブログなどを更新してみようかと思い立ち。この原稿を書いているパソコンの向こうは、部屋の窓。その向こうには、一面に広がる・・・

隣のビルの壁(--;)

むき出しのコンクリと、防音壁みたいな壁。なんかね、軽く落ち込みますよ、この風景は。バラ園なんか見えなくてもいいけど、せめて空が見たい。

思うに、そういう意味で、窓って大事ですよ。窓っていうか、その向こうの風景ね。

ずいぶん前の話ですが、仕事で、窓がまったくない部屋に一人でずっといたことがありましてね。音の出るものも何もなく、「し~ん」という音が耳に痛いくらいの静寂。その上窓がないと、人間、どうなると思います?

頭がおかしくなります。

なんていうんですかね・・・息苦しさというか、圧迫感というのか・・・ひしひしと怖くて、叫びだしてしまいそうな感じ。耐えられなくて、十数分おきに部屋を出て、廊下から窓の外を眺めてました。ちなみに、そのときに窓から見えたのは、はるかに広がる空き地と、そこを通る単線の線路。1時間に一本くらいの感じで、コトコトと電車が走ってました。

僕は子供の頃、幼稚園に行くのがイヤで、やたらグズった子でした(そろそろ、こういう「唐突な話題の切替」にも慣れてきた?)。本当にイヤでね。それでも無理やり連れて行かれるわけですけど、「どうしてこんなところにいなきゃいけないんだろう?」と悲しくて悲しくて。そのとき降っていた雨の匂いと、窓の外、水滴に歪む景色を、今でもはっきり覚えてます。今でも雨の匂いをかぐと、ちょっと切なくなるもんね。あぁなんか、書いてるだけで切なくなってきた。

えっと、俗に「社会の窓」といえば、特に男性のズボンのチャックのことですが、どうしてあれを「社会の窓」と言うんでしょうね?はい、調べてみましょう。

社会の窓とは男性が履くズボンの前部にあるファスナー(ジッパー、チャックともいう)のことである。これは1948年(昭和23年)~1960年(昭和35年)にNHKラジオが放送した番組『社会の窓』からきている。同番組は社会の内情を暴きだすという内容であった。これが大事なものが隠された場所という解釈になり、男性の大事な部分が隠されているズボンのファスナーを社会の窓と呼ぶようになった。

へぇ~。なんかすごくありがちな感じなので、特にコメントないです。これ以上掘ってみても、何も出てこなそうだし。

「車窓」ってのもいいんですよ。新幹線とかに乗ると、ひろーい畑とか田んぼの中を走るときあるでしょ。「日本の車窓から」みたいな。細い農道みたいのが縦横に走ってて、ぽつん、ぽつんと家が建ってる。ああいう景色が好きでね。なんというか、しみじみと寂しいっていうのかな。もう薄暗くなってて、そこにまたぽつんと自動販売機とかがあったりすると、もう切なくてたまんなくなっちゃう。好きなんだなぁ、こういうの。

これも、さっきの幼稚園の頃にみた風景なんですよ。あの頃住んでたのが、わりとそういう場所でね。切なくて、さみしい。懐かしいというより、切なくなっちゃうんです。

なんか今回は、やたら「切ない、切ない」と連呼するコラムになっちゃいましたが、まぁたまにはいいでしょう。ホテルの部屋のテレビには「タカラヅカチャンネル」が入るようになっていて、そのチャンネルをつけっぱなしにしながら書きました。しかし、ホテルのキャンペーンで有料チャンネルが今なら無料らしく。この切ない気持ちを埋める素晴らしい映画でも見ようかなと。・・・なんですか?映画ですよ。・・・映画ですってば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。