スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と:東大
学歴はなくてもいいけれども、
学力はなければならない。
 -盛田 昭夫



いつものことながら、テーマを決めて途方にくれるっていう・・・。ふと思い浮かんだ「とうだい」っていう音から「灯台」に持っていったってよかったはずなんだけど、すぐに思い浮かんだ漢字は「東大」だったので、ルールを守って書きます。

東大

思い入れがないんだよねぇ・・・。知らない世界っていうか。高校が大学の付属校で、受験とかも一切しなかったので身近に感じたこともないし。いや、仮に受験してたとしても身近に感じることはないと思うけど。目指せないし。

少ない親戚の中に、一人だけいます。東大生。そういえば、今勤めている会社の同僚にも一人いたな。だからといって、特に東大が身近に感じるわけでもなく。

ってか、多分こういうイメージが東大生の苦悩なんだと思うんだよね。何かというと「東大だから」とか「東大なのに」とか言われて、違う世界の人っていうか、変人扱いされる。この「変人」も早稲田とはちょっと違った変人扱いっぷりで、早稲田的変人は「早稲田(笑)」なんだけど、東大的変人は「と、東大・・・?」みたいな。こんなの言い方ひとつだけど。「ひろしま~~っ!」「おかやまっ」みたいな((C) B&B)。ウチの会社の東大くんも「なんで東大出てまでウチの会社なんか来たの?」とか言われてるし。で、その勝手なイメージが重荷になる、みたいなね。なんかかわいそうね、東大。

そういえばみなさん、東大行ったことあります?いや、通ったとか入学したとかじゃなく、ただ「行った」。僕、社会人になってから何度か、仕事の用事で行ったことがありましてね。いつ行っても静まり返った構内で、「なんだか人の気配がないなぁ・・・」と思ったのを覚えてます。建物はなんだか歴史がありそうなんだけど、とにかくそこに人の気配がないもんだからさみしくてね。「みんな勉強してるのかなぁ」とか、変なこと考えたりして。平日の大学なんてそんなもんだとは思うんだけど、なぜかやたらとその「静寂」が際立っちゃってね。不思議な感じでした。

六大学野球で唯一優勝経験がないのが東大。優勝どころか、Aクラス入り(3位以上)も一度だけ(1946年・2位)なんだって。部員はどんな気分なんだろう?もちろん、それでも大好きな野球を一所懸命やりたいから野球部に入ってるんだろうから、それは全然いいし、素晴らしいことなんだけどね。でも、縁のない東大の、縁のない野球部の話なんて、軽く滝に打たれてでもみないと想像できないなぁ。

というわけで、今回もここで筆が止まって10分経過。なので中途半端に終了~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。