スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
き:機械
Man Machine, semi human being
Man Machine, super human being
 - Kraftwerk "The Man-Machine"


機械というのはどうしてああも人を惹きつけてやまないのでしょうかね。産業用ロボットなんて、1日中見てても飽きないでしょ。昔、出来上がった製品に、最後に型番シールを貼る、っていうロボットを見たことがありましてね。アームが伸びてペタっとシールを貼ったあと、しばらくポーズするんですね。それがなんか、ロボットが自分が貼ったシールを眺めて「ふむ。見事な出来栄えだ」と悦に入ってるように見えて、すごくかわいかったのを覚えてます。

僕にとって、「機械」という言葉のイメージから連想するのは、コンピューター的なものじゃなくて、こういう・・・なんつうか、歯車的なものです。もちろん、いまどきの歯車はコンピューター制御なんでしょうけど、そういうことじゃなくて、目に見える動きっていうか・・・油っぽい歯車が回ってて。ガチャガチャいってる感じ。まぁ、あのシール貼りロボットには油まみれの歯車なんてなかったし、どちらかというと「キュイーン・・・プシュッ・・・キュイーン」って感じだったけど。

でも、コンピューター制御じゃなくて機械制御ってのは、実はすごいんですよ。あらゆる制御を歯車の形とかアームや部品の形・角度でコントロールするから、様々な知恵が埋め込まれているし、一旦動き始めるとすごく信頼性が高いんです。工場見学なんかして楽しいのはこういうところで、「よく考えてるなぁ・・・」なんて感心しちゃいます。

昔聞いた話だと、業者から納入される箱のフタを開ける機械。ロボットアームでつかませるとつぶれちゃうことがあるので、フタと本体の間に細いノズルを差し込んで、「プシュッ!」と空気を送り込むと、フタが浮かび上がるんだって。頭いいでしょ。

あと、ベルトコンベアーに無造作に並んだ製品を一列に同じ方向に整列させる機械。センサーをつけてコンピューターに管理させるんじゃなくて、ベルとコンベアー上にある特定の角度を持った板をしきりのように並べると、そこを通った製品は同じ方向に一列に並ぶようになってるの。言葉で説明してもイメージわかないと思うけど、センサーが壊れたらおしまいのコンピューター制御じゃなくて、しきり板が存在する限り確実に製品を並べられる。これもほんとに感心する。

機械が人間を幸せにすると無邪気に信じていた時代は終わったかもしれませんが、それでも僕らは機械的なものに強くひきつけられるのです。それは、人間の限界をいともたやすく乗り越える機械への憧れであり、知恵の結晶である「機械という名の作品」への陶酔なのかもしれません。
スポンサーサイト
か:かばん
長い旅行に必要なのは、大きなカバンじゃなく、 口ずさめる一つの歌さ
 -スナフキン



小学生のときのランドセルには、教科書とノート。笛が横から突き出して、体操着はくしゃくしゃに丸めて。

中学生のときは学生かばん。中身はやっぱり教科書とノート。ときどき、木村くんから借りたポケットPCとBASICマガジン。

高校生のときはリュック。中には弁当と財布とウォークマン。往復に一本ずつのカセットテープ。革じゃない、布製のカバンを背中にしょった僕に、怖いものなんて何もなかった。

大学に入っても同じカバン。中身は弁当がなくなって、財布とウォークマン。財布の中に2,000円以上の金が入ることはめったになかった。

社会人になって会社勤めをしだして、最初は営業担当になって、また革のカバンを持ち出した。中には大量のパンフレット、営業資料と電卓。財布とCDウォークマン。往復に一枚ずつのCD。突然手足に枷をはめられたみたいで、辛くて息苦しくて、最低だった。

営業としてまったく無能な僕を、会社は部署異動という形で執行猶予してくれた。入社して4年目の春、僕はエンジニアになった。今から考えれば、普通ではありえない幸運だったと思う。それまでにエンジニアとしての実績も訓練も、何もなかったのだから。

スーツを脱いで、革のカバンを置き、学生の頃のようなジーパンにリュック。解放された気分だった。世の中が明るく見えた。怖いものはいくらでもあったけど、今なら戦えると思った。

このスタイルは今でも同じ。雨が降りそうな朝に折り畳み傘を入れ、結局使わなかったときに、そのまま忘れて何日も入れっぱなしになり、重いままのリュックを担ぐのも同じ。でも、ウォークマンはiPhoneに変わって、テープやCDを持ち歩くことはなくなったし、財布の中身はもうちょっと増えたかな。

これからどんなカバンを持つことになるんだろう。そのカバンにいい思い出だけが残るようになるといいな。
mF247が終了
まいったなぁ・・・

mF247が、2012年2月28日をもってサイト運営を終了するそうです。最近は僕も、僕のユニットであるklix*も、活動の中心をmF247にセットしていたので、これはNextmusicが閉鎖したとき以来のショックですね。やっぱり、こういうサイトは運営が難しいんですかね。Muzieくらいまで人数が集まらないと厳しいんですかね。

mF247はオーディション制度を持ってまして、「誰でも簡単に登録」というサイトではありませんでした。登録される曲は必ずスタッフの審査を通過しなければならず、あるレベルに達しない曲は登録することができませんでした。そのせいか、ここに登録されている曲はクオリティー的に安心して聴ける曲や、逆にいい意味でとがった曲が多く、その中から「神聖かまってちゃん」等のバンドも生まれてきました。僕もklix*も、その中でいくつかの曲を登録させていただき、連動しているニコニコ動画でもいくつかのコメントをいただいていたりしました。ほとんどが応援のお言葉で、とてもうれしく思っていました。

しかし、それももう終わりです。サイト消滅と同時に、mF247上に登録した曲と、同時に登録されているニコニコ動画上のクリップも削除されます。

活動の中心にしていたサイトが突然消える経験は初めてではないので、ショックも幾分和らいでいますが、それでもきついはきついです。僕らみたいなネットミュージシャンは、こういうサイトがいわば「ステージ」ですから。長年通ったライブハウスが消えるような感覚ですよね。また新しいサイトを探さなきゃ。Soundcloudでもいいんだけど、なぜだかうまく馴染まないんだよなぁ・・・。

実はmF247は、以前(2008年)にも一度終了して、その後復活した経緯があるので、今回もその線がないかなぁ、なんてかすかな期待を持ってはいるのですが・・・どうですかね・・・?

*もちろん、klix*もこれで活動をやめるわけではなく、たとえばMuzieにはすべての曲をアップしているので、しばらくはそちらでおしのぎください。今後ともよろしくお願いします。
お:温度計
温度計や体温計のように
幸福の度合いを測る幸福計が
あればいいがね。
生憎そんなものはない。

幸せなんて云うものは
豪く主観的なものだし、
その質もまた無限にあるから、
その人が幸せかどうかなど
第三者には判らない。
自分の立場を不利にすることで
得られる喜びだとか、
馬鹿らしいと知っていながら
反復し続ける事に拠ってしか
得られない安定もある。

 -京極夏彦「魍魎の匣」


そういえば、あんまり見なくなりましたね、温度計。

昔は、結構どこの家にもあったような気がしてるんですが。黄色い板に目盛りが入ってて、赤い液体の入ったガラス管が真ん中に埋め込まれてるヤツ。水の入った小さなポットがガラス管の下についてる湿度計がセットになってるものもありましたよね。

もちろん、温度計自体がなくなっちゃったわけじゃなくて、今は電子式の進歩した形のものがいっぱい出ているわけです。軽いし、割れないし、正確だし。いいことだらけ。でも、あの赤い目盛りの温度計が壁に張り付いている光景は、それはそれで、なんだかいいものだなと思うわけです。変に落ち着くっていうかね。

水銀式の体温計って、体温を測った後に、軽く何度か振って、水銀を元の位置に戻してたでしょ?あの動作が妙に大人っぽくてね。なんだか憧れたものです。うちの母親は体温計を元のケースに戻し、ケースについてる紐を両手でつかんでくるくると回してねじり、それをまた両側にぎゅーっと引っ張ることで高速回転させて戻してました。なんか面白そうでね。子供の頃は、意味もなく真似して遊んでました。

温度計にまつわるもう一つの思い出が、小学校のときに教材でもらった温度計。黄色いプラスチックの細長いケースに入ってて、夏の暑い日にテレビで高校野球を見ながら、それを手に持って遊んでたんですね。そしたら足に蚊が止まりましてね。思わず持ってたその棒で「ベシッ!」と蚊を叩いたら、「ガシャッ!」という音とともに中の温度計が割れましてね。ケースの中で割れたんで、怪我も何もしなかったんですが、ケースの中はガラスの破片で当然ぐちゃぐちゃ。灯油くさい匂いがしましてね(今知ったんですが、「灯油くさい」のは当然で、あの中身は赤く着色した灯油なんですって。知ってた?)。母親に「なんでそんなことしたの?」と言われて「蚊がとまったから」と答えたら「あんた・・・頭いいね」とイヤミ混じりにあきれられたのを覚えてます。

なんか、この「あいうえおブログ」、毎回思い出話になっちゃってる気がするなぁ。だっていまどき、iPhoneで全部わかるもんね。灯油くさいiPhoneとか、イヤだな(^^;)
ボストン
ども。先週いっぱい、ボストンに行ってました。はい、いつもどおり、仕事です。

正確には、行ったのはボストンから車で40分ほど走った小さな街。そこに僕が今働いている会社の本社があります。今回は、そこで新製品のトレーニングでした。なので、今回、ボストン市内には一度も行っていません。このブログでは恒例ではありますが、観光については何も書けません。いつもごめんね・・・。

ボストンは2回目ですが、前回行ったのは秋頃でした。今回は真冬。今の時期のボストンは、とにかく寒い!

IMG_0696.jpg

日中の最高気温が0℃以上にならない日も珍しくなく、最高でも-2℃くらい。夜は-12℃とかになります。泊まったホテルがSmoking Free(全館禁煙・・・アメリカではよくある)なので、タバコを吸うには外に出るしかないのですが、これがもう寒いっ!じっと立っていられないので、やたらうろうろ歩き回りながらタバコを吸ってました。それでも、地元のスタッフは「今日は暖かいね」とか言う始末。「先週来ればよかったのに。もっと寒かったから」だって。

トレーニング自体はものすごく意義深いものでした。最後に作った作品もみんなに褒めてもらえて、かなり上機嫌。そんで、夜になったらレストランへ。ボストンに来たら必ず食べなきゃいけません。

IMG_0708.jpg

クラムチャウダーと(ごめん。ほとんど食べ終わってから「いけね!写真!」っつって撮ったヤツ・・・)

IMG_0710.jpg

ロブスター。

どっちも、本当においしい!クラムチャウダーは、袋に入っているクラッカーを入れて食べます。この辺は好みの問題でしょうが、僕は入れない方が好きです。

ロブスターは、これで最小サイズです。プリップリで、ほんとにおいしい!溶かしバターをつけて食べるのですが、つけなくても十分おいしい。アメリカだからビビって最小サイズにしちゃったけど、こんなにおいしいならもっと大きくても食べられたかも。実際、この後さらに2回、パスタとかサンドとかにして食べました。何をしてもおいしい!(「アメリカではパスタを食うな」が僕の信条だったのですが、ボストンで食べたパスタはきちんと歯ごたえを残して茹でられていて、とてもおいしかったです)

ちなみにこのロブスター、殻のところに切れ目が入っていて、手で折って食べられるのですが、食べ終わった後、すべての殻を戻して組み合わせて、元の状態に戻しておいたら、皿を下げにきたウエイトレスさんに「全然食べなかったの!?」と驚かれました。「実は・・・」と殻を開いて空っぽの中身を見せたら「こんなことする人初めて見たわ」と笑われました(^^;)

地元のスタッフに「で、いつ日本へ帰るんだ?」と聞かれたので、「日曜の朝」と答えたら、「え?じゃあ、スーパーボウルは見ないのか?」と聞かれて、「・・・あぁ~~~っ!」って。完全に忘れてました。アメリカ挙げての一大スポーツイベント、フットボール優勝決定戦・スーパーボウルが日曜日だったのでした。くそう・・・惜しかったなぁ・・・。

最後にサービスショット。行きのワシントンからボストンへ向かう飛行機の窓から見えたマンハッタン

IMG_0651.jpg

こんなにクリアに写るのは珍しいでしょ。画面左端、切れ掛かってる小さな島が、自由の女神がいるリバティー島です。

今回のボストン、仕事ではありましたけど、楽しかったですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。