スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よいお年を!
今年も残すところあと1日。

「今年を振り返る」はもうやっちゃったから、今日は今年最後のご挨拶だけね。というのも、わたくし明日から実家に帰らせていただきますもので。

今年は決めたのです。目先の酒と飯に溺れる。くっちゃねする。30分後の予定を考えない。そんな正月を過ごすのです。なんでわざわざこんなこと宣言するかっていうとね、年末あたりから、前にもあった「緊張性頭痛」が再発してましてね。同じ姿勢で何かに集中してると、首の後ろからこめかみにかけてがズキズキと痛むのです。特に右側が痛い。同じ姿勢の維持と、とにかくストレスがいけないらしいので、正月は何もしない、って決めたのです。

そんなわけで、「iPhoneがあればネット生活は困らないだろう」という事実をかなぐり捨て、ブログの更新も、作りかけの曲も、一切何も気にしない。何もしない正月。これを満喫してまいります。

そんなわけで、みなさま。今年も大変お世話になりました。今年、なんとか無事にやってこれたのも、本当に皆様のおかげです。僕は、皆様のおかげで今年も生き延びました。ありがとう。来年も、皆様にとって実り多い年でありますように。

よいお年を!
スポンサーサイト
カウントダウン
今年も残すところあと5日です。月日の経つのは早いものですね。まだ正月気分も抜けてないのに(恒例ネタ)。

では、今年を振り返ってみましょうか。

今年の個人的ビッグニュースといえば、やはり骨折。生まれて初めての骨折体験。ある意味いろいろとエキサイティングでしたが、もう一度経験したいかといわれれば、もう絶対イヤ。おかげさまで、日常生活はまったく問題なく過ごせるようになっていますが、全力で走ったりとかはまだ無理な感じ。関節が固まっちゃってるので、曲げた時の痛みもまだ少し残ってます。ほんと、大変なんだから。みなさんも気をつけてね。

音楽的には、klix*で6曲リリースでした。もう一曲、「年内に間に合うかな・・・?」というのがあったんですが、いろんな事情で間に合いませんでした。こちらの制作は、もちろん現在引き続き作業中ですので、来年をお楽しみに。

そういえば、今年の当初に掲げた目標は・・・あはは、まぁいいじゃん(^^;)。海外ではまだまだ芽も出てないけど、国内ではそれなりにご評価いただけているみたいですし、klix*はまだまだやりますよ!miyuともども、来年もよろしくお願いします!

個人名義での曲は、今年はナシ。まぁ、やっぱそれくらい集中しないと。どっちも中途半端ってのが一番ダメだからね。これはいいんじゃないかと。ただ、しばらく封印してた、ジャズ、ファンク、クラシックへの欲求もひょこひょこっと頭をもたげ始めているので、ひょっとしたら来年は何かやるかも・・・

あと、「作曲・編曲講座」。これもおかげさまで、毎日たくさんの方に読んでいただいております。どうもありがとうございます。このWebだけで言うなら、これがメインコンテンツだもんね。心からうれしいです。今年はここに、flash氏のご協力のもと、「ミキシング講座」も追加しました。これからも皆様のお役に立てていただければ幸いでございます。

これくらいかな。うん。悪いことがあっても、振り返ると実はなかなかいい年だったなぁって、これは毎年いつも思うんだよね。

ニシオカさんは、実は年末・年始ってヤツが大好きなのです。街がなんだかソワソワと落ち着かず、それが1月1日になった途端に急に平和に静まり返る感じ。いいなぁ。そんな大好きな10日間あまりが、今年もやってきます。これが今年の最後のブログになるかどうかはわかんないけど、みなさんにとって、来年もいい年でありますように。
い:椅子
A chair is still a chair
Even though there's no-one sitting there
But a chair is not a house
And a house is not a home
When there's no-one there to hold you tight
And no-one there you can kiss goodnight

椅子は椅子
誰も座る人がいなくても
でも、椅子は家じゃない
そして、家は我が家じゃない
抱きしめる相手がいないなら
おやすみのキスもできないなら・・・

("A House is not a Home" Burt Bacharach/Hal David)


社長のイスっていうと、イメージとしては革張りの重厚なヤツ。背もたれがぐあーーっとリクライニングする感じで、バスローブ着て、ブランデー持って、膝のペルシャ猫をなでる感じ。にゃー。社長室で、社長がこんな格好でいたら、その会社はおしまいだろうけど。

僕が曲を作るときに使っているのは、背中がメッシュ生地のイス。このイスに、時には正面を向いて、時には横を向いて背もたれを肘掛代わりにして、時にはひっくり返して車輪を手でくるくる回しながら「ぶ~ん、次は駅前です~、ぷっぷ~」とバスごっこをしたりしてます(子供の頃、本当にやってた遊び)

でもね、こんなこと言うと身もフタもないんだけど、僕はどうしても地べたにじかに座っちゃうのね。そっちのほうがラクでさ。いや、そりゃオフィスにいるときにそんなことしないよ。でも、家にいるときは、もうずっと地べた。椅子に座ってると疲れちゃうの。これ、日本人なら多かれ少なかれわかると思うんだよね。実家にはソファーもあったんだけど、それを背もたれにして地べたに座ってたもんね。なんだろうな。椅子だと姿勢がある程度固定されるのがイヤなのかな。

椅子といってすぐに思い浮かべるシーンって、何でしょうね・・・エマニエル婦人の大きな籐椅子?007の革張りの椅子かな?でもほら、日本映画って思い浮かべないでしょ?寅さんは畳に座ってたもんね。笠智衆だって。椅子を否定してばっかで悪いけどさ。でも、エマニエル婦人が畳に座ってたらヤだなぁ。
あ:朝日
きっと嵐って、
朝日がその後にのぼってくるためだけに、
あるんじゃないかなあ。
 -ムーミンパパ



なんか、思いつきで始めてみます。

「あいうえおテーマブログ」

「あ」から順番に思いつく単語を書いていって、それに関する話を書く、っていう感じです。「この話なら書ける!」っていうテーマじゃなくて、とにかく真っ先に思いついた単語。それに沿って書いていくので、「単語は出たけど、これなんだ?」っていう日もあります。そんな日は、苦しんでるニシオカの姿を見て笑えばいいじゃない。

最初は「あ:朝日」

小学校一年生の国語の教科書の一番最初って、覚えてます?年代によってすごく差があるんだけど、僕のときは「あさ あさ あかるいあさ」だったんですよ。やっぱり、「最初」っていうイメージなんですかね。ウチの亡くなったばあさんの時代は「ハト マメ マス」だったって言ってました。これは「最初」のイメージでもなんでもないよな。なんで「ハト」なんだ?ぐるぐるぽっぽー?

それにしても、朝日くらいその日の気分によって感じ方が変わるものってないと思いません?たとえば旅先で見る朝日なんかはさわやかそのもの。「いやぁ、いいなぁ!」って感じで、爽快なことこの上ないんだけど、仕事で早起きしなきゃいけない日に無理やり起きてみる朝日って、不愉快なことこの上ない。「さわやかに照ってんじゃねぇよ!けっ!」とか言いたくなる。

今気づいたんだけど、漢字で「朝日」って書くと、どうしても「新聞」って続けたくなるな。ひらがなで「あさひ」だと・・・小学生みたい。小学生新聞。結局新聞かよ。毎朝出てくるあの太陽のイメージに、どうしてもならないな。なんなんだろう、これ。大阪方面の人は「朝日」と書くと「放送」って続けたくなるんだろうか?

そうこうしてるうちに、先ほどの「ハト マメ マス」の謎を調べてみました。本当は「ハナ   ハト マメ マス」なんだって。「ハナ」が一番最初。これならわかる。でも、なんで2番目が「ハト」なんだ?ぐるぐるぽっぽー?



・・・あのね、この「あいうえおテーマ」、大体毎回こんな感じよ。期待しちゃダメだってば。何かあると思って最後まで読んで、結局何もなくて、あまりのくだらなさに腹を立てたあなた。そりゃ、こんなこと書いてるオレも悪いけどさ、最後まで読んじゃったあなたも半分悪いんだから。あきらめてください。
きっかけ
このブログもそうだし、曲作りもそうなんだけど、「ペースを保つ」っていうのは、本当に難しいことだと思うのです。一度休んでしまうと、再開するきっかけが全然つかめなくなっちゃって、そのうちフェードアウトしちゃう。

実は、先月末から今までくらいが僕にとってその期間でした。ブログも書かなきゃ、曲も作らない。こういうことって一年に何回かあるんだけど、そのたびに焦るのね。「このまま元に戻れないんじゃないか」って。まぁ、ブログも曲作りも生活には直接関係ないから、焦るって言ったってたかが知れてるんだけど、それでも(ブログはともかく)曲作りは僕の大切なアイデンティティーだから、戻れないってのは困るのですよ。

で、どうしてこういう「作らない」感じになっちゃったのか、そのきっかけはなんだっけな、と思うと、本当のきっかけは時間が作れないこと。本職が忙しくなって、曲作りのためにキーボードに向かう時間が取れなくなる。それでもアイデアがあれば「これを形にしたい!」って思うんだけど、それもないときには「まぁ、今はいいか・・・」ってなっちゃう。で、そうこうしてるうちに、時間が取れるようになってもキーボードに向かうのがおっくうになっちゃってる。

こういうの、本当にダメ。こうしてフェードアウトして行っちゃうんだよね。それでも以前は「曲が作れようが作れまいが、とにかく鍵盤の前に座る。楽器に触れる」っていうのを義務化してた頃もあったんだけど、本職が忙しいときはそれすらできない状態が続いて、で、結局悪循環に落ちていく、という・・・。

で、なぜ今こんなことをブツブツ言ってるかっていうと、昨日なんとなく曲作り復活のきっかけらしきものがつかめたから。単に、ミックスする素材が手に入ったからであって、そういう意味では「作業の続き」に過ぎないんだけど、下準備をして音を流した途端に、「・・・あ、この感じ」っていう。なんていうか、悪循環に落ちる前の感覚がふと帰ってきましてね。それでもこれをきっかけにして、また「クリエイト」が始められればな、と。

・・・このブログのオチ?

まぁ、ほら・・・これは長期休暇明けのリハビリみたいなもんだしさ・・・(昨日の記事を書いておいて、その言い訳か)
ちょっと迷ったんだってば
うわぁ、やべぇよ。10日以上も放っといちゃったよ、このブログ。

しかし、なんだかんだ言いながら、世の中はひしひしとクリスマス、そして年末へ向かっておりますなぁ。時の経つのは、ほんとに早いものですね。

まだ正月気分も抜けてないっていうのに。

・・・うん、言いたかっただけだってば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。