スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半ずるずる
うるぅ~~っ!

都内は大雪に見舞われた今日は、4年に一度のうるう日です。みなさん、うるってますか?ご存知の通り、うるう日とはカレンダーと実際の季節とのズレを補正するために追加された日。つまり、「カレンダーを正気に戻す日」なわけです。

思えば、普段の生活でも、時々正気に戻しておいた方がいいことってあります。気づかないうちにたまってしまうこうしたズレや歪みを補正し、健全な生活を保つために、「うるう○○」を導入してはいかがでしょう?

前日までの飲みすぎをおだやかに補正する「うるう酒」(別名:ノンアルコールビール)

エロファイルの数が仕事用ファイルの数を超えると、自動的にエロファイルを削除する「うるうフォルダー」(やめろ~~~~!)

3階と4階の間にある「秘密のフロアー」に停止する「うるうエレベーター」

どう考えても無謀な方針を立ててそれを強行してしまったため、収集がつかなくなった取引をリセットする「うるう部長」

昨日までの涙をリセットする「うるううるうる」

つけまつける「きゃりーぱみゅぱみゅ」


・・・なんだこれ(--;)

スポンサーサイト
お好み焼きが好き(フォアグラは、好きと言えるほど食べたことがない)
昨日ふと気が付いたんですが、今年に入ってからまともにピアノの練習をしていません。

これは前々からの傾向だったんですが、曲を「弾く」方に気がむいているときは「作る」方が全然できなくて、逆に「作る」方に気が向くと、ぱったり「弾く」ことをしなくなる。

なんなんですかね、これ?どっちかが満足しちゃうと、もう片方はどうでもよくなっちゃうんですかね?「ラーメン食べちゃったら、作る気がなくなる」とかいう感じ?(お腹いっぱいだからです)

昨日、久しぶりに弾いてみたら、前はふつうに弾けてた曲が全然弾けなくなってて。ま、そりゃそうなんですけどね。練習してないんだから。

別に誰に聴かせるために練習してるわけでもないんだけど、これってやっぱりショックじゃないですか。前には弾けてたんだから。「前は弾けたんだよ!」って言ったって、意味ないでしょ。「宿題、ちゃんとやったんですよ!家に忘れてきただけです!本当です!」ってのと同じでしょ。ダメでしょ。

ピアノだと、ミーはおフランスが好きなんざんす。ドビュッシーとかラヴェルとかね。で、リハビリ代わりにドビュッシーの「運動」を弾いてみたら、しばらく使わなかった筋肉を使ったもんだから、腕が痛くなってきて途中から壊滅状態。全然リハビリにならないの。そりゃそうだ。昨日まで風邪で寝てたのに、病み上がりにいきなりトリプルトゥループするようなもんだもんね(病み上がりじゃなくてもできねぇよ)

なので、一旦すべてをちゃらにして、ラヴェルの「海原の小舟」に挑戦してみようかと


・・・面白くねぇな、今日のブログ(--;)。なんとか面白くしてみようと努力したけど、クラシックの話になった途端に、どう料理しても「ちょっとハイクラスざんす」感が鼻についちゃってダメね。お好み焼きにフォアグラ入れちゃった感じ。それとも、オレのただのひがみ根性?
水増し
知ってました!?

2月は、あと1週間もしないで終わるんですよ!

・・・いや、別にいいんですけどね。

今月、僕がブログを更新した回数は、今回の記事を含めて5回。2009年の正月に、酔っぱらった勢いで開設して以来、最低回数なわけです。こんなことじゃいかんじゃないか。飽きちゃった感丸出しじゃないか。これでも一応楽しみにしてくださっている方もいるというのに、期待を裏切るつもりか。

そんな使命感に燃えたわけでもない今日のブログ。相変わらずダラダラとどうでもいいことを書いております。

ウインカーの音が出なくなっていた僕の愛車「シボレー・ソニック」は、リレーを接続することで、めでたく「カチカチ音」が出るようになりました。これでOK。近所でシボレーを見ることがなかったので、一人勝ちのような優越感を感じていたのですが、つい最近、キャプティバを発見。あっちの方がはるかに大きいので、ちょっと負けた感。まぁでも、「そしたらウチでも買ったのか」と言われれば、あれはウチには大きすぎるから多分買わなかった。なので、よし。

思いついたことを思いついた順に書いてるだけ。ひどいね、今日の記事は。だって、ここまで書くのに5分とかかってないんだから。キーボ^-ドを打っていくウと見sタイプとか結構あって、それもそのままほっとくグダグダ感。なすがまま。let it be。

こうして何気なく書いた「let it be」とかの言葉が検索ワードにひっかかって、ここに来られる方もいるんだよね。多分、この言葉で検索かけた方は、歌の背景とか、ジャン・レノ ジョン・レノンの思想とかに興味があって調べるわけでしょ?なのにこんな記事だもんね。本当にすみません。歌とは全然関係ないもんね。うっかり変なこと書けないよなぁ。

あんまり読者みなさんの暖かい視線に甘えない方がいいと思うぞ、オレ。いくらなんでもこれはひどすぎるだろ。

しかし、特に方針転換とかはしないのであった。じゃーん(「じゃーん」がオチかよ)
自分でとどめをさしてどうする
前回も書いたように、最近ブログの更新が滞りがちなわけですが、こんな役にもたたない、くだらない、なのにそれほど面白くもない、いわばどうでもいい、消えてしまえばいい(そこまで言われたくないっ!)ブログにも、「もっと更新して欲しい」というメールを送ってくださった方がいましてね。

もうね、ほんとにありがたい。神様のような方ですよ。自分で書いてても「くだらねぇなぁ」と思うのに、それを楽しみにしてくださる方もいる。書いててよかった、と思うわけです。


今日、仕事中に、ラックの中のちょっと低い位置のマシンをいじらなきゃならなかったので、しゃがんだんです。いわゆる「ウン○ングスタイル」ね。そしたら、そのスタイルに触発されたのかどうか、それまでまったく何も感じていなかったのに、急に猛烈な便意に襲われましてね。あぁ、人間の欲求というのは、その時のポーズから誘発されるものというのもあるんだな、と実感して・・・


もう、メール来ないだろうなぁ・・・(涙)
尾ひれのみ
Facebookの弊害とは

ここに書くことがなくなること。

いや、自分でもびっくりしてるんですけどね。ここ数年このブログに書いてきたことって、Facebookに書くとほんの数行で終わるんですよ。Facebookに書こうとすると、なんとなく書く行数をセーブするでしょ。そうすると、本当に言いたいことだけが残って、結局全体でほんの数行になるのね。書く前は「これは長くなっちゃいそうだな」と思うんだけど、骨子だけを残していくと数行で終わっちゃう。で、骨子だけでも一応書いたもんだから、気持ちが満足しちゃう。

つまり、その程度か、と。

オレの言いたいことなんて、その程度か、と。

オレの人生なんて、その程度か、と。

ま、その程度なんだけど・・・orz

いやいや、でもね、骨子だけで終わっちゃうのは味気ないわけですよ。話に尾ひれをつけて、飾りをつけて、舞台装置も凝って、なんなら電飾までつけて、紅白の小林幸子みたいに飾って、「本人はどこだ!?」みたいにしちゃうのも必要なわけですよ。「♪ういんど いず ぶろ~いん ふろむ じ え~じぁ~」ですよ(それはジュディ・オング)(♪じゅでぃ おんぐ 記念~館~ ほんとにある~)

ま、FacebookにはFacebookなりの悩みってのがあって、あっちはわりと仕事関係の人とかが友達になってくれてるんだけど、仕事関係の人って、仕事に役に立つ情報を求めるわけですよ。だけど、僕がFacebookに書いていることといったら、要するにここに書いてるような愚にもつかないことの縮刷版。何の役にも立ってない。

まぁ、いいじゃん。「人はパンのみに生くるにあらず」ですよ。僕はパンじゃないんです。今日だって、昼はラーメン食べました。

・・・まだ読んでる人いる?

Facebookではこんなにダラダラとバカなことを言い続けないので、いいのかもね。
一度やってみてよ。本当に大変なんだから。
作詞って、ほんとに難しい。

最近、klix*の曲のために詞を書くことが多いのですが、とにかくこれがほんとに難しい。メロディーによる字数制限みたいなこともあるし、曲を作るときに持ってた最初のイメージみたいなものもあるし。あんまり適当なことも言えないけど、曲の性格上あんまりメッセージを全面にも押し出せない(メッセージが全面に出てれば簡単なのか、という話じゃないんだけど)。このバランスが、とにかく難しい。字数制限とか耳障りの良さとか考えて言葉を起こしていくのって、コピーライターみたいな感じに近いんじゃないかと思うんだけど、だとすればそれはやっぱり難しいよな。「あいうえお、かきくけこ・・・」でもいいんだけど、それはもう「はっぴいえんど」がやってるしなぁ・・・。

今まで個人名義で出した曲では、基本的にはボーカリストさんに作ってもらってたんで、あんまり苦労しなかったんですよ。「歌う人が書くのが一番いいから」とか言ってたんですが、実は上手に書けないから(^^;)。でも、いざ自分で書く段になると、こんなに大変だとは・・・。

ってか、自分で照れちゃうんですよ。書いてると。文字になると強烈でしょ(^^;)。「おいおい、こんなこと言ってるぞ、オレ」ってなっちゃう。

まぁ、それも含めて「産みの楽しみ」なので、ちびちびやっていこうと思ってますけどね。でも、いつも作編曲にかける時間の2~3倍の時間を作詞にかけてるんだよね。面白いことに、作編曲に時間がかかった曲ほど、作詞にも時間がかかる。それほど時間がかかってる詞に見えないところが、またなんとも、なんだけど。訓練し続ければ、コツみたいなものがつかめるようになるのかなぁ?
AMの方が楽しいと思う
みなさん、こんにちは。ニシオカです。

寒いですね。風邪などひいていませんか?今、世間ではインフルエンザが大流行中ですからね。手洗いうがいはちゃんとしてくださいね。なんだかんだ言って、これが一番の予防らしいですよ。あと、マスクね。今日は僕もマスクをして来たんですけど、街中でもマスクをしている人、多いですよね。

では、今日の一曲目です。


・・・ってな感じでトークを進めていきますよね、FMのDJって。

前々回のブログで「車のラジオが入らない」っていう話、したでしょ?僕は普段は、わりとAMを聴くんですよ。なんだけど、車だとAMが入らない。正確には、もともと入っていたオーディオユニットを外して、そこにカロッツェリアを収めたんだけど、その結果、FMは入るけどAMが入らないんです。テレビもすごくきれいに映るけど、AMは入らない。で、仕方なくなんとなくFMを聴いてたら、こんな感じのトークが繰り広げられてましてね。あぁ、やっぱり僕にはFMは合わないんだな、と思った次第。「え?それでお話終わりなの?」ってなっちゃう。やっぱり僕は小島慶子の方が好き。

「みなさん、あんまりAMって聴かないんですかね?」と聞いたら、「オーディオの質を上げるために、AMは入らなくてもいいとおっしゃる方は結構いらっしゃいます」だって。そんなもの?

現在、僕のソニックのAMラジオは、ブースターを入れることで、ちゃんと入るようになっています。

もうひとつ、これからソニックをご検討の皆様に忠告。

シボレー・ソニックの運転席と助手席の間にあるオーディオユニット(っていう名前でいいのか?)を、そこにナビを埋めたいからといって外すと、ウインカーのカチカチ音が出なくなります。カチカチ音はそこで出してるんだって。現在、リレーを挟んで音を出すことを検討中。やっぱり音が出ないと怖くて。

みなさん、気をつけてくださいね。

それでは、今日のお別れの曲です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。