スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイパン(その4)
では恒例、食べ物の話。

今回も、前回同様、「日本食は一切口にしない」ルールに基づき、現地のものをひたすら食べました。その中で、とてもおいしかったのが

Dinning & Bar 747
CALLER BOX PPP 700 BOX 10000 SAIPAN MP 96950

基本、アメリカでパスタを食べてはいけないのです。どういうわけか、アメリカでは、パスタは、まるで給食のソフト麺のようにクタクタに茹でられてしまって、コシもムネもあったもんじゃない。ちょっと高級そうなイタリアンレストランでもそうなので、「こりゃ、アメリカではダメなんだな」と思ってたんです。ところが、ここは違う。

この店は、基本的にはサイパンの郷土料理である「チャモロ料理」がベースで、ココナツの刺身とか出てきたりするんですが、それ以外にもベトナム風生春巻きとかパスタとか、要するに無国籍料理風な感じなんです。で、その中の「ワタリガニのパスタ」がめちゃくちゃうまい!しっかりとコシのあるパスタに、コクのあるカニのソースが絡まって、マジでうまいです。アメリカでこんなにうまいパスタが食べられるとは思ってませんでした。

さらに、デザートの紫イモのアイスがまた美味。イモの甘みと香りが濃厚に漂い、日本でもめったに食べられないってくらいのおいしさ。

ガラパンの表通りからはちょっと外れた場所で、こじんまりと営業しているので、ちょっとわかりにくいんですが、無料送迎してくれるので、サイパンに行った時は是非食べてみてください。ここはお勧めです!
スポンサーサイト
klix* ストリーミング配信
8月にデビューしたばかりのklix*ですが、インターネットラジオでの配信が決まりました。

Dream Talk
http://www.edproject.net/netradio/dreamtalk.html

実はこの番組、「Takayuki Nishioka」個人の時にも一度お世話になったことがあるんですが、今回、いち早くデビューしたてのklix*を見つけていただき、今回のストリーミング配信となりました。

9/12まで2週間の限定ストリーミングなので、是非お聴きください!
サイパン(その3)
4日目にチャレンジしたのはウェイク・ボード。スノーボードのような格好で板に乗り、ボートに引っ張られて海を滑るスポーツです。見た目、そんなに難しくなさそうなんですが、これがもう!そもそも運動神経が人並み以下のオレ。「力を入れるな」と、インストラクターから何回もアドバイスをもらうのですが、いざスタートすると、どうしても力が入ってしまってダメ。これ、本当に力が入っちゃダメなんです。ひたすら、繊細にバランスを取る。引っ張られるハンドルも、必要以上に引っ張っちゃダメ。わかってはいるんだけど、バランスを崩しそうになるとどうしても引っ張ってしまって、ボチャン。最終的に、やっと20秒くらい滑ったんですが、それが限界でした。

さて、僕の次に挑戦したのがカミさん。今回僕たちは、この旅行のために、防水デジカメを買っていたのです。ムービーも取れるやつ。順番が終わった僕は、当然撮影係になります。

僕とはうらはらに、順調に滑り出したカミさんに向け、僕はムービー撮影開始のボタンを押します。

しかし、ガチガチに力が入ってしまっていた僕は、その時、ほとんど握力を失っていたのです。いや、マジな話、翌日まで、ホテルの部屋のドアが開けられなかったくらい、力がなくなっていたんです。さらに悪いことに、近視の僕は度付きのゴーグルも持って行っていたんですが、「危ないから」という理由で外されてしまっていて、目もほとんど見えていませんでした。

撮影開始したと思っていたボタンは押されておらず、しかも、目も見えていないので、撮影が開始したかどうかのインジケーターも見えておらず。撮影終了のボタンは押せていたらしく、後で確かめてみたら、カミさんの滑っている姿は映っておらず、30秒程僕の足のかかとだけが映っていた、という。

「あんなにちゃんと滑ったのに!」と、めちゃくちゃ怒られました。デジカメには気をつけましょう。

・・・なんか、一向に明るくならないまま、次章へ。
サイパン(その2)
マニャガハ島は、サイパンで最も有名なリゾートアイランドで、歩いても15分程度で一周出来てしまう小さな無人島です。海の透明度は目を見張るほど・・・だったはずなんですが、この日も雨。透明度もイマイチ。今回の旅は、ほんとに雨にやられましたね。

ここでやったのは、サシースノーケル。サシースノーケルとは、ダイビングのようなボンベを背負いつつ、深く潜らず、海面を漂うもの。実は、このボンベを背負うの、初めてだったんです。最初はちょっと緊張したんですが、慣れると面白いくらいラクなんですよね。コツは、慌てず、ゆっくり呼吸すること。スノーケルなので、それでもちょっと苦しくなったらすぐに海面に顔を出すことができます。いきなりダイビングが不安な時には、一旦サシースノーケルを体験しておくのはいいかもしれません。

島に到着したのは午前10時。すぐにサシースノーケルを1時間ほどして、その後、島を歩いて一周探検してみて、ランチ。そんで、その後はビーチでプカプカ。たったこれだけのことで、あっという間に午後4時の、最終の帰りの船の時間です。・・・正直に言えば、午後3時の船で帰るつもりだったんですが、それにタッチの差で間に合わず。次の船が4時だったので、それまで帰れなかった、ってのが正しいところです。

通常であれば、サイパンで雨が降っても、それはいわゆるスコールなので、一瞬ザーッと降って、すぐカラッと晴れるのが普通らしいんですが、初日に出会った現地のガイドさん(来月日本人女性と結婚予定なんだって!)によると、サイパンはここ最近異常気象なんだそうです。しかも、本来なら7月くらいまでが、海としてもいいシーズンで、、8月に入ると台風とかの影響で乱れやすいとか。まぁ、何度も言うけど、天気ばっかりは確定要素が何もないので、どうしようもないですね。

ところで、写真が欲しいよね。うん、わかってる。まだ整理してないんだ。めんどくさくてさ(いかんがな)。せっかく防水デジカメまで買ったのに(この防水デジカメが4日目にとんでもない事件を起こすとは、この時、まだ誰も知らなかったのだ)

・・・あれ?今日からは明るくなるんじゃなかったっけ?次こそは。
サイパン(その1)
ども、ニシオカです。

日曜日にサイパンから帰ってきて、月曜日、もう一日休んで、今日から通常出社です。「夏休みの終わり」という言葉は、人をどん底にたたき落とす、暗く切なく、悲しい言葉です。

さて、先週のブログにもチラッと書きましたが、この夏休みの5日間、わたくし、サイパンに行っておりました。飛行時間は3時間。時差は+1時間。去年行ったグアムとほとんど同じですね。

泊ったのは「Aqua Resort Club Saipan」というホテル。これまた前回と同じで、サイパンの中心地「ガラパン」からは少し離れた場所。買い物には不便だけど、グアムの時もシャトルバスが頻繁に出てたから、問題ないだろうと思っていたのです。

ところが、サイパンでもバスは出ているのですが、1時間に1本。しかも、ガラパンにあるDFSに行くために各ホテルを回っていて、基本的に途中下車はダメな仕組み。グアムの時は、無理すれば歩けなくはないかな、という距離だったのですが、今回はどう考えても歩けない距離なので、なにか買い物がしたい時にはこのバスを使う以外にありません。なので、ちょっとした買い物にも時間の計画を立てないといけない。これはちょっと不便でしたね。

総じて、グアムに比べると、サイパンは田舎です。「静か」とか「リゾート」とか言い換えてもいいんですけど、「街中を楽しむ」というようには出来てないです。実際、この5日間の滞在中はすごく天気が悪くて、スカッと晴れた日は一日もなく、ずっと雨が降ったり止んだりの天気だったのですが、こんな状態でも楽しめる設備はないのか、いろいろ調べてみたら、サイパンにはそういう屋内施設はないんだそうです。結局、雨に濡れながら海とか山に行くしかありませんでした。いえ、それはそれで楽しかったんですけどね。天気に文句言ったってしょうがないし。ただ、もし海外旅行自体が初めてで、いろいろな遊び方がしたいっていう人がいて、グアムかサイパンかって聞かれたら、多分グアムを勧めます。

さて、サイパンではどこで何をしたか、と言うと、

1日目:到着
2日目:グロット、バンザイクリフ、ラスト・コマンド・ポスト
3日目:マニャガハ島(サシー・スノーケル)
4日目:ススペ(ウェイクボード)
5日目:カート体験コースを走って、帰宅

みたいな感じです。マリンアクティビティってのはどれもかなり体力を使うので、これでも結構ハードな感じでしたね。

=======

グロットというのは、サイパンの有名な洞窟で、イタリアの「青の洞窟」みたいに、海が青く光る、とても美しい場所です。ツアーに申し込むと、ここに連れて行ってくれて洞窟の中に飛び込めるんですが、これはなかなか爽快。ただ、行った日は、洞窟の奥の方にクラゲが出ていたらしく、奥の方に入れなかったのはちょっと残念でした。

その後、バンザイクリフへ。ここは言うまでもなく、太平洋戦争時に、アメリカ軍に追われた日本の兵士や民間人が「天皇陛下万歳!」と叫びながら集団自決をした場所。ここから山の方を見上げれば、同じく集団自決をした「スーサイドクリフ(Suicide Cliff:その名もズバリ「自殺崖」)も見えます。

ラスト・コマンド・ポストは、日本軍最後の司令部。ボロボロになった高射砲や戦車がそのまま置いてあったりします。

ガラパンには「彩帆香取神社(サイパンかとりじんじゃ)」なんてのもあって・・・つまり、サイパンはグアムよりずっとずっと、あの戦争をビビッドに感じさせるものがいっぱいあります。バンザイクリフの慰霊碑の前で、ちらほら見えるアメリカ人らしき人たちと、慰霊碑の中で記念撮影をしている韓国人ツアー客とを眺めながら、僕には「これを世界中の人はどう見るんだろう」という想いがよぎりました。ここが悲劇の場所であることは、誰の目にも明らかでしょうが、アメリカや韓国の彼らがここを見る感情は、僕が今持っているような感情とは違うんだろうな、という想いです。僕は、ただただ胸が痛かったのです。「負けたから」「勝ったから」ではありません・・・いや、ひょっとしたら、結果的には「負けたから」なのかもしれません。けれど、ここに飛び込んだ人たちのことを想うとき、その心情を想うとき、やはり、ただただ胸が痛かったのです。

・・・あ、初回から、暗い話題になっちゃいましたね(^^;)。次回からは一気に明るくなりますので、ご勘弁を(^^;)
なっつやっすみ~
申し遅れましたが、わたくし、夏休みでございます(変な日本語)

今週と、来週の月曜日まで、夏休みなのでございます。

で、今年はどうするかと言いますと、サイパンとか行っちゃいます。

どうなんだろうね、サイパン。行った事ないんですけど、楽しい所だといいな。

ってなわけで、今週いっぱいはメールやブログの返信が遅れますが、ご了承ください。

夏休みが1週間というのは、どう考えても短いと思い続けてウン十年のニシオカでした。
いいえ、書けません
それは、素朴な疑問でした。

「英語の『fxxk』って、どれくらいひどい言葉なんだろう?」

『fxxk』は、いわゆる「4 letter word」の中でも、最も言ってはいけない言葉の代表格のようなもの。実際、この言葉を聴いた時のアメリカ人達の引き様といったら、まるで汚らわしいものを見るような、蔑んだ顔つきになります。でも、僕ら日本人には、言ってはいけない言葉だということは知識でわかっていても、それがどの程度ひどい言葉なのか、実感としてイマイチわかりません。

で、「これくらいなんじゃないか」というひどい言葉を思いつく限り挙げていき、一応の結論を出しました。

あまりにひどいので、ここには書けません(^^;)

つまり、それくらいひどい言葉だってことです(^^;)
南半球ですから
オーストラリアオフィスから、エンジニアが一人、来ています。

今日、一緒に昼飯を食べながら、夏休みの話題になりまして。

「ところで、夏休みはいつなの?」

「12月から2月までのいつか」

一瞬「???」となった後、「あぁ、そうか!」

オーストラリアは、今、真冬なわけです。「夏休み」となったら、それは12月頃の話なわけですよね。

なるほどねぇ。知識としてわかってはいたけど、やっぱりちょっとびっくりだなぁ。逆に、オーストラリアの人たちは、8月ごろが夏休みってことにちょっとした違和感を感じたりするんだろうか?するんだろうな、やっぱり。

こういうの、面白いです。
名言だと思ったんだけどなぁ・・・。
夏だから暑いのではない。

暑いから夏なのだ。

反対の賛成なのだ。

これでいいのだ。

※最初の一行を書いた時点では、もう少し膨らむ話になる予定だったんだけど・・・。3行目でおかしくなっちゃったんだよなぁ・・・。
新ユニット『klix*』スタート&新曲『クラスルーム・ネットワーク』
新ユニットと新曲を発表します!

klix_logo.jpg


ユニット名は『klix*』(クリックス)といいます。僕と、ボーカルの「miyu」の2人のユニットです。このユニットでは、以前『カガクノコ』でやったようなアプローチをさらに発展させ、「Takayuki Nishioka」名義ではやらなかった・・・あるいはやりづらかった方向へ広げたいと考えています。せっかく作るんですから単発ではなく、できうる限りポップで楽しい曲を作っていきたいと思います。

ボーカルのmiyuは、このユニットがボーカリストとしてのデビューになります。・・・いえ、正確にはデビューは別の曲なんですが(それはどの曲でしょう?わかる人にはわかります・・・ってか、答えはもう、ここに書いてあります(笑))、ミュージシャンとしての本格的なデビューはこれが初めてです。とにかく、彼女の声が好きなんですよ、僕は(笑)。このユニットは、彼女がいるから成り立つと言っていいでしょう。曲を追うごとに、確実に上手くなってます。

さて、記念すべき第一曲目、タイトルは『クラスルーム・ネットワーク』です。以下のサイトでお聴きいただけますので、是非どうぞ。

Muzie:
http://www.muzie.ne.jp/artist/r018106(現在申請処理中です)

musictracks:
http://musictrack.jp/user/19151

MySpace:
http://www.myspace.com/1004974406

mf247:
(現在申請処理中です)

last.fm:
http://www.lastfm.jp/music/klix%2A/klix%2A+first


というわけで、「Takayuki Nishioka」ともども、これからは「klix*」もよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。