スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trad Style & Co. 新曲 『Prayer』
僕とKappeyクン、Kimieさんの、3人のユニット「Trad Style & Co.」の新曲がアップされました。タイトルは『Prayer』です。

この曲、作曲はKimieです。歌とミックスはKappeyクン。なんか、きれいに役割分担がされた曲ですね(笑)。

いつも思うんですが、やっぱりボーカリストのメロディーセンスってのは、正しいです。僕は、自分が歌わないので、どうしても「歌」が上手に作れないところがありますが、「歌」を作るのは、やっぱり自分で歌ってる人がやるのが一番いいですね。

アレンジとしては、センチメンタルになりすぎない程度にエレガントに(なんのこっちゃ)みたいなところを狙ってみました。よろしければ、是非お聴きください。

『Prayer』

作詞:Kappey
作曲:Kimie
編曲:Takayuki Nishioka

MySpace:
http://www.myspace.com/1004945595
スポンサーサイト
一部では「デジアナ」と書かれてるらしい
見れなかったんだよなぁ・・・。

アナログの最期を見ようとテレビの前に座り、セレクターをアナログに切り替え、息を詰めて待った、7月24日の正午。

しかし、カウントダウンが終わっても画面は変わらず。

・・・あれ?ここで青いお知らせ画面に切り替わるはずじゃなかったの?

と、冷静になって考えてみたら、ウチはケーブルテレビで、送信元がデジタルをアナログ変換して送ってるので、ウチのテレビでいくらアナログに変えても、画面はデジタルのそれだったことが判明。そういえば、画面の右肩に「アナログ」の文字がないから、ちょっとおかしいな、とは思ったんだよね。

よくわかんないけど、なんか損した気分。

ただ、アナログに切り替えてテレビの番組表を表示させたら、全部真っ白になってて、これで「あぁ、終わったんだ」と実感。
ライオンは寝ている
このタイトルで、すぐ「ザ・キング・トーンズ」を思い出した人は、結構なお歳。

Mac OS Xの新しいバージョンの話です。

今回はApp Storeのみの販売なんだそうで。サイズは4GB。これをダウンロードしろってことらしいんだが・・・

ADSLで何時間かかるんですか・・・?(--;)

何時間かかっても無事に落とせればそれでもいいけど、タイムアウトしない保証がない。

今後、どんどんこうなっていくのかなぁ・・・。イヤだなぁ・・・。

なんかさぁ、やることが極端なんだよね、ほんとに。ダウンロード販売「も」やるべきだと思うけど、パッケージ販売をやめちゃうことはないじゃない。オレなんか心配性だから、物理的にモノがないと心配なんだよね。まして、今回はOSじゃない?万一の時は、OSディスクから起動させるってのが常なのに、それができないわけですよ。Lionは、インストールするとディスク内に起動パーティションを作るので、実際はそこからの起動が可能らしいんですが、そこも含めてHDDがおかしくなっちゃったときには、それじゃどうしようもないでしょ?その状態じゃネットにもつなげないから、再ダウンロードも無理だし。第一、再ダウンロードが可能だとしても、それに一晩かかっちゃうようじゃ、復旧が遅れるばかり。

やっぱりモノが欲しいよなぁ。

と思ってたら、USBフラッシュメモリ版ってのを販売する予定なんだそうな。値段は倍以上するらしいんだけど、もしそれが本当なら、オレはそっちを買う。

でも、いずれにしてもApp Storeからしか買えない。

・・・これって、本当に便利なのか??本当に未来の形なのか?

だとしたら、便利なのかもしれないけど、快適じゃないよな。

だって、ダウンロードは確かに簡単だけど、その後メディアに焼いたりバックアップしたり、結局やることが増えてるわけでしょ?オレみたいな「神経質で心配性なくせにめんどくさがり」からすれば、それは快適ではないよな。

なんかさぁ、メーカーの都合のいい形を「未来だ」とか「最新だ」とか言われて、「それについてこれないヤツは遅れてるんだ」とか脅されて、ごまかされてる感じがするなぁ。

ま、いずれにせよ、Pro ToolsがLion対応を正式に発表するまでは、アップしないけどね。(Reasonは、もう対応を発表しています)
新曲!『遠い海音』
やっと新曲がリリースできました。

『遠い海音(とおいうみおと)』と言います。リードをオーボエが取る、スロー・フュージョンです。これは、「ある日突然、メロディーが降って来た」という、ある意味、非常に純粋な曲です(笑)。このブログで何度か書いた「現在進行中の6曲」をぴょーんと飛び越えて、取りかかったのは一番最後であるにも関わらず、一番早く出来ました。

オーボエというのは、ジャズとかフュージョンの世界でも珍しい選択だったと思います。ソプラノサックスでもよかったのですが、個人的にオーボエの音が好きなのと、ジャズやフュージョンでもいける音だとずっと思っていたのとで、今回、試してみることにしました。もっとワイルドになっちゃうとハマらないかもしれないけど、こういうスローだと、オーボエってとてもうまくマッチすると思います。

タイトルに、ものすごく悩みました。さっきも書いた通り、「最初にイメージがあって曲」じゃなくて、「いきなり曲」だったもんで、ぴったりくる言葉がないんですよね。で、悩みながら仕事で飛行機に乗って、窓から外を見たら海が見えまして。それは東京湾で、しかも昼間だったので、木更津のコンビナートとか見えちゃったりして(笑)、ロマンチックでもなんでもなかったんだけど、うねる海面が妙に目に残りましてね。「これが夜だったら、イメージとしてはこういう絵かな・・・」と。で、「海音(うみおと)」という言葉を勝手に作ってしまいました(^^;)。

しかし、ここまで半年以上。ここまでリリースが空いてしまったのは、ひょっとしたら初めてじゃないかしら?これをきっかけに、通常のペースに戻れたらいいな。

何はともあれ、久しぶりの新曲です。是非、聴いてやって下さい。

MySpace
http://www.myspace.com/takayukinishioka

SoundCloud
http://soundcloud.com/takayuki-nishioka

last.fm
http://www.lastfm.jp/music/Takayuki+Nishioka/Album+2011

MUSIC TRACK(+)
http://musictrack.jp/user/17178

Muzie(*)
http://www.muzie.ne.jp/artist/a010442/

mf247(*)
http://mf247.jp/artist/tnishioka

(+) コメントを書きこむにはログインが必要です。試聴はログインしなくてもできますが、このサイトからのダウンロードはできません。
(*) 公開までに数日必要です。今日はまだ、このサイトでは聴けません。
そんな日曜日
暑いかい、パトラッシュ・・・僕も暑いよ・・・なんだかとっても眠いんだ。

暑いよねぇ、パトラッシュ。毛皮着てるもんねぇ。こう暑いと、眠くなっても眠れないよねぇ。それでも昼寝しちゃうけどねぇ。寝ちゃダメだよ、ネロ~~!(ネロだけに)(笑え)。

6日ぶりの更新がひどくくだらない出だしなのは、暑さのせいだと思って下さい。ってか、ここのブログはこの程度のくだらなさが当たり前で、時々マジなこと書いたりする時のほうがおかしいので、そう思って下さい。

これで終わりにしたいくらいなんだけど、それではあんまりなので、ちょっと追記。

先週の出張ラッシュのとき、羽田空港で木久蔵ラーメンを買ってきて、昨日食べました。けっこううまいんですよ、あれ。ものすごく素直であっさりした東京ラーメン。今どき、あんな正統派な東京ラーメンはないってくらいの普通さかげんで、いいですね。

あと、富山で食べた富山ブラックラーメンはすごかった。「大喜」っていう店で食べたんだけど、とにかくひたすらしょっぱいの。メンマなんか、塩の味しかしない。でも、とにかく麺がおいしくて・・・名古屋の「山本屋」っていう味噌煮込みうどん屋さん、知ってます?あそこの固~~い麺が好きな人は、絶対ハマると思う。雰囲気的には似てるんですよ。ちょっと芯が残ってるくらいの太麺でね。でも、似てるのは麺だけ。後はひたすらしょっぱいです。それも、醤油のしょっぱさじゃないの。とにかく「塩」っぱい。食べてる間は「これはきついなぁ」と思うんだけど、不思議なことに、1週間もするとちょっと恋しくなるのね。もう一度食べたいなぁ。

こんな追記なら書かない方がよかったと思ったけど、ここまで読んじゃったあなたも半分悪いってことにして、自分を納得。そんな三連休の中日。
富山~
ども、ニシオカです。

今日と明日は富山にいます。んで、明日とあさっては青森です。

んで、金曜日は再び富山です。

・・・どうなってんだい、ほんとに(--;)

「7月中に新曲をアップする」と宣言したはいいけれど、新曲どころか、家にいられないんだから。でも、アップする。絶対仕上げてみせる。現在制作中の6曲を飛び越えて、すぽーんとできつつあるインストの新曲があるんです。これを来週には仕上げたいです。でも、納得いかなかったらアップしない。こればっかりはゆずれない。これがアマチュアのいいところ(笑)

今朝は6時起きだったので、超絶眠いっす・・・。
奇術の店・西岡
福岡・中洲で発見。

201107052218000.jpg

201107052218001.jpg

201107052218002.jpg

看板は怪しげだけど、技術は一流らしい。入ればよかったなぁ・・・。
アレンジワーク『遊べよ子供たち』
以前、僕の曲『未来の予感』を歌ってくださったナカガワユキオさんの曲をアレンジさせていただきました。

ナカガワさんは、あの震災の直後から、被災地へ向けた歌を何曲もつくり、アップしています。「何かの力になりたい」とのことで、赤十字への募金も積極的に呼び掛けています。僕も、少しでもそのお手伝いができたならうれしいです。

アレンジとしては、あまり凝ったことはせず、メッセージ性を大切に、シンプルに仕上げました。その分、ストレートに仕上がったんじゃないかと思います。

曲中、一瞬ではありますが、たくさんの子供たちの笑い声に混ざって、ナカガワさんの息子さんの笑い声も入ってます(笑)。見つけてみてください(^^)

『遊べよ子供たち』
http://www.youtube.com/watch?v=wF5DaZF9mTM&feature=mfu_in_order&list=UL
『Maninamoon』メモリアルサイト開設!
以前、このブログでも紹介した、僕がかつて在籍していたバンド『Maninamoon(マニナムーン)』のメモリアルサイトが、バンドのリーダーでありギタリストのカブリエルこと吉田氏の手により、オープンしました!

いやぁ、懐かしいなぁ。彼が書いたバイオグラフィーを読みながら、「あれ?そうだったっけ?」とか思い出したり、アルバム未収録曲なんかもアップされてて、「そういえば、こんなのやったなぁ!」なんて。あの頃、深夜までボロボロになりながら、それでも楽しくてしょうがなかった3年間が、鮮やかに蘇ります。

結構、喧嘩とかもしたんだよね(^^;)。ボーカル・佐藤美緒の「暴走」をどう止めるか、とか(笑)。アレンジして持っていったら吉田にダメ出しされて、「だったらお前がやれよ!」とかキれたりして(^^;)。

それでも、アルバムはすぐ完売しちゃったし、固定ファンとかもいてくれたし、ライブが終わった後、お客さんだけじゃなく、一緒のステージに立った別のバンドからも声をかけてもらったり、賞はもらうわ、雑誌には載るわ、ラジオ番組は持つわ、それなりに成果を出してたんですよね。

僕が作った「下校時間」をライブで演奏してたら、前列の女性のお客さんが涙ぐんでたのを見た時は、ステージ上でちょっとふるえるくらいうれしかったのを、今でも鮮明に覚えてます。

ってなわけで、このメモリアルサイト、メンバー紹介や曲の試聴もできるようになっているので、是非行ってみてください。

もし僕に「青春」なんてものがあったのだとしたら、それはこのバンドでした。

『Maninamoon』
http://rockgt.com/maninaidx.html


P.S.
今、これを書きながら思い出したエピソードを一つ。
川崎でライブをやって、車を路上駐車してたら、レッカー移動させられちゃったことがあるんです。で、駐禁の黄色い札を外してもらいに警察に行ったら、若い警察官の方が出てきましてね。

「なんであそこに止めたの?」

バンドやってまして、あの近くのライブハウスでライブだったんです。

「あ、そうなんだ。大変だねぇ、あんな時間まで。あのね、あの通りは結構近所から通報があるんだよ。一本裏に入るとそうでもないからさ。今度からは裏の方に止めるといいよ。がんばってね」

いい人だったなぁ。切符はしっかり切られたけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。