スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Record 1.5について、今日までに感じたことをつらつらと。
実際には9月に入手して以来、今日まで、まだまともにRecordの機能を活かせる曲を書いていないので、あまり詳しいレビューは書けないのですが、それでもちびちびと使っていて、今日までに感じたことを書いてみようかと思います。

まずは、開発元のPropellarheadが言うように、Recordは「エンジニアではなく、アーティストのためのツール」だということ。これは実感できます。トラックを選んで録音。エフェクトはラックに追加。言ってみればそれだけ。それが、驚くべきスムースさで行えます。

それに、何よりもそれを実感したのは、トラック上に載せられているオーディオデータはすべてBPMで管理されていて、全体のBPMを変更すると、(MIDIデータはもちろんですが)オーディオデータも自動的にテンポ修正されること。つまり、録音してしまった後にテンポを変えた場合、各トラックにタイムストレッチ等の処理をする必要がないのです。これらの処理は、基本的にはリアルタイムに再生できますが、バックグラウンドではレンダリング作業も同時進行していて、これが終わればCPUの負荷も軽くなります。「Acid」や「Garage Band」と同じような感覚ですね。フィルター処理もかなり優秀で、かなり極端なテンポ変更をしても、大きな破綻は見られませんでした。

ピッチチェンジもNeptuneで管理。キーを選べば、そのキーに合った形にピッチを修正してくれます。ただし、ピッチ修正なんてものはオートマティックにやって「はい、おしまい」っていう作業じゃないので、パラメーターがどこまで柔軟で、どこまでアニメーションしやすいかが大きなポイントでしょうね。まだそこまでやっていないので、ここはまた後でレポートします。ただ、前にも書きましたが、MIDIキーボードに(リアルタイムに)追随してくれて、ハーモニーにも対応しているというのは、大きな魅力です。

レベル調節は、各波形セグメントの上に3つのハンドルを持ったグラフが表示され、真ん中のハンドルを上下に動かすと、そのセグメント全体の音量が、端のハンドルを左右に動かすとフェードイン/アウトが付けられます。波形表示もリアルタイムに変わるので、非常に分かりやすいのですが・・・

問題はここ。

このフェードが、直線でしか決められないこと。実際にミキシングしていると、特に曲終わりのフェードアウトなどは、リニアでつけちゃうと、すごく気持ち悪いフェードアウトになるんですよ。なので、いつもはS字カーブで処理し、フェードの入り始めはちょっとずつ落ち、中間は比較的急勾配に、最後はもう一度なだらかに、デリケートに着陸、という形にしたいのですが、このハンドルではそれができません。

したがって、このような場合は、フェーダーにアニメーションをつけることになります。そうすれば、そのような形のアニメーションは付けられるのですが・・・

もう一つの問題がここ。

このレベル処理の解像度が、あまり高くないこと。消え際ギリギリと「ゼロ」とのレベル差が大きくて、どんなになだらかなカーブにしても、消え際が「プツッ」と消えちゃうわけです。

これは、Reasonを使っているときにも感じていた不満点で、このフェードアウトの処理をするためだけにPro Toolsを使ったことさえありました。Pro Toolsでは、このあたりの処理が非常に細かくて、消え行くようななめらかなフェードアウトを作ってくれます。やはり、このあたりはさすがにPro Toolsですね。

本格的な制作に入ったら、また見つけられることがあるかもしれないので、その時には続きを書きたいと思います。
スポンサーサイト
In/Out
「シャツをズボンにIn」

これ、今では「カッコワルイ」の代名詞ですよね。

でも、僕が高校生くらいのときは、これは当たり前でした。「Out」なんて考えられなかった。

で、僕が高校生のときに流行ってたのは

・シャツはIn
・ネクタイを締めないときは、シャツの第1ボタンをはめる
・ネクタイをするときは、シャツの第1ボタンをはずす。
・肩パットの入ったジャケット
・renomaのセカンドバッグ
・DCブランド(Comme ca du mode、Rozzo Palcino、Nicole、etc...)
・それも黒系(全身黒ずくめ、なんてのがいて、「カラス族」とか言ってた)

僕が高校生のときが、DCブランドの大流行と、「男性ファッション誌」の創刊ラッシュだったんですよ。男性用化粧品なんてのも出始めた頃。「男の子」が「カワイイ」と言われて喜んでいた時代。なので、ファッションなんかにはまったく興味がなかった僕でさえ、このあたりには影響されてましたもんね。

今、あの頃の映像が出てくると、かなりイタいですねぇ(^^;)。でも、かっこよかったんだよね、あれが。「ブランド」ってものにやたらこだわってたのは、バブルの影響なんでしょうかね。それを考えると、稼ぎもないはずの高校生が、不相応に高いブランドを身にまとっていたあの時代は、やっぱり少しおかしかったのかもしれませんね。

まぁ、しかし、流行なんてものは、いつでもちょっとおかしいもの。まして、高校生くらいなんてのは、「ちょっとおかしい」世代なんですよ、いつだって。それを考えれば、あの頃、あれを本気でカッコイイと思ってた感覚は、今の高校生たちが本気でカッコイイと思っている感覚ときっと同じなんだろうな、と。

これを段々理解できなくなっていくのが「大人になる」ってことなんだろうけど、「自分だって同じくらい『おかしい』格好をしてたんだ」と思えば、もう、何も言えないよな。

高校生諸君。大人の言うことなんて気にせず、思い切りファッションを楽しんでくれ(でも、周りに迷惑をかけちゃダメよ。それは最低限のルール)。そして、オレくらいの歳になったら、今のオレと同じようなイタい気持ちを味わってくれ(笑)。
ありがとう!10000アクセス!
本日、私のサイトのアクセス数が10000アクセスを突破しました!

10000.jpg

思えば、このサイトを開設したのが2009年1月2日。正月の酔っ払った勢いでサイトを登録し、その後、ちまちまとコンテンツを追加・改変しつつ、1年10ヶ月。やっと10000人ものお客様に見ていただくことができました。

この記念すべき10000ヒット目を踏んだのは・・・

・・・ひょっとして、オレ?(写真があるってことはそうなの?)

いやいやいや!サイト設定の中で、僕がアクセスするIPはカウントから除外しているので、そんなはずは・・・。

でも、DHCPだしなぁ・・・

いやいやいや!仮にそうだとしても、いいんです!少なくとも、僕がアクセスするまでは9999人の方がアクセスしてくださったってことでしょ?それでいいんです!

1日平均のアクセス数は、20~30人。でも、「作曲・編曲講座」などは、多い日には100を超えるアクセスをいただいたりしています。同じページ内の項目を同じIPで読むときには、カウンターには反映されないので(つまり、反映されるのはユニークアクセスだけってこと)、あのページにアクセスしてくださる方は、あんなに細かい項目をちゃんと読んでくださってるってことです。確実に誰かのお役にたっていることがわかって、とてもうれしいです。

ブログのほうも、あんなくだらないことしか書いてないのに皆さんに読んでいただいて。幸せものですよ、ほんとに。

世の中には、個人でやっているサイトでももっと大きなサイトがいっぱいあって、10000アクセスにいたるまで1年10ヶ月もかかるのは遅いのかもしれませんけど、そんなこと、どうでもいいのです。オレのような一個人の書いたものが、10000人の人に読んでいただけたという、その事実だけで僕は十分にうれしいのです。ほんと、mixiだけじゃなく、外にHPを作ってよかった。

これからもひとつ、どうかごひいきに!
エンドレス・リピート
あるメロディーが、頭から離れなくなることってあるでしょ?

今の僕がまさにその状態。さっき、とある客先に電話をかけて、担当者を呼び出してもらったんですが、その時に流れた保留音が、今井美樹さんの「瞳がほほえむから」でした。そしたらそれ以降、僕の頭の中で「うれしい~、あなただけが~、わたしだけを~」の部分が延々とリピートしていまして。

さらに問題なのは、「わたしだけを~」の後の歌詞がわからなかったこと。「見つめていて~」と歌ってしまって、「なんか違うなぁ・・・」とか思って、ついには歌詞検索までして「探していた~」だとわかってちょっとすっきりして。でも、その検索の間中もメロディーはずっと頭の中に流れていて、歌詞が分かった分だけ、さらにリピートが増幅されたりして。

今井美樹さんにもこの曲にも、さらには、このメロディーを保留音にしたこの会社にも、当然何の責任もないんですが、一体どうしてくれるんだ。

で、改めて自分の会社の電話の保留音を思い返してみたら、うちの会社の保留音って、数曲あるうちからランダムに流れるんですよ(こんなところだけゴージャス)。しかも、いわゆるオルゴール音みたいなのではなく、原曲がそのまま流れます(だから、こういうところだけゴージャス)。さらにしかも、必ず英語の歌(このあたりが外資の影響)。これ、聴かされた人はどうするんだろう?歌詞、絶対わからないよね。聴いたことのない歌ならリピートすることもないだろうけど、ヘタにちょっと知ってる歌だったりすると、僕の「見つめていて~」のような苦しみを延々と味わうことになるわけでしょ?

いっそのこと、「スーダラ節」かなんかだったら、一日楽しく過ごせるのにね(それはそれで、会社のイメージとしてダメか?)。
ピアノかギターか
先日、新聞をペラペラと読んでいたら、「今から習いたい楽器」というアンケートが載っていました。大人を対象にしたアンケートで、確か1位がピアノ、2位がギターだったと思います。1位・2位の順番はともかくとして、この二者が上位ってのは、まぁ、そうだろうな、って感じですね。

で、私も一応、アマチュアミュージシャンのはしくれ。ピアノとギターのどちらがいいのか。ちょっと考えてみました。


ピアノ
<長所>
・「一台のオーケストラ」の異名を持ち、一人ですべてを演奏できる
・楽譜が読めるようになる(というか、読めないと弾けないので、無理やりでも読めるようになっちゃう)
・男性でピアノが弾ける人は、女性から見ると知的に見える(・・・らしいんだが、オレはそんなこと言われたことない・・・)
・音楽理論が身につきやすい
・ちょっと「できるヤツ」って感じがする
・多少爪が伸びてても大丈夫(なんだそりゃ)

<短所>
・人に聴かせる場所が限られる(野外ではほぼ不可能)
・転調が難しい(すべての調で指使いが違う)
・なので、音を出すのは簡単だが、弾きこなすにはそれなりに訓練が必要
・バンドだと、ほぼ確実に目立てない
・特にロックバンドだと、やることがほとんどない
・そのくせ、「やるべきこと」はやたら多い(編曲とか、ギターソロのサポートとか・・・)
・デカくて、重くて、高い


ギター
<長所>
・バンドだと主役になれる
・どこでも弾ける(手軽)
・転調が簡単(転調しても指使いはほとんど変わらない)
・様々な奏法があり、非常に豊かで人間味のある感情表現ができる
・弾き語り(ピアノでもできなくはないけど、ピアノだと、マイクがないと声がかき消されちゃう)
・ピアノに比べれば軽くて安く、それほど邪魔にもならない

<短所>
・基本的には「伴奏する」か「リードメロディを弾くか」のどちらか。両方を一緒にやるのはそれなりに難しい
・なので、練習がちょっと寂しくなる
・コードが弾けなくて挫折する(オレがこれ)
・楽譜が読めなくてもTAB譜があれば弾けるが、それに頼り切ってしまうと、なかなか楽譜が読めるようにならない
・音楽理論が身につきにくい
・特に左手の爪は、伸びてると弾けない。


こうしてみると、「ピアノの長所」は「ギターの短所」だし、その逆もまたしかりってところですね。今から始めるとなると、確かに迷うよなぁ。

ピアノ弾きとして思うのは、「本当に発表する場所がない」ってことです。会社のみんなとか、僕が実際に弾いてるところを見たことがある人は、ほとんどいません。こういうとき「ギターはいいなぁ」と思いますね。でも、曲を作るようになってから、ピアノ弾きでよかったなぁと改めて思ったりしてます。もちろん、ギターでも曲は作れるけど、例えばコンピューターで音楽を作ろうと思うと、残念ながらインターフェースは鍵盤なんですよね。だから、鍵盤ができると、そういう可能性が広がるように思います。

さぁ、大した結論も出ないまま、あなたはどっち!?
深い森
仕事で、どうしてもネットワークに関わらなければならなくなっていましてね。

ネットワークと言っても、「アタシのパソコン、インターネットにつなぎたいんだけどぉ、アタシ、そういうの苦手でぇ・・・」みたいな話じゃなくて、「PC上にバーチャルサーバーを構築し、これに対して同一PC上からインターネットブラウザー経由でアクセスをかけ、データベースマネージャーを操作する」みたいな話なわけです。で、これをするのに.NETだのSQLだのIISだのWCFだのといった、わけのわからない単語の森の中をさまよわなければならないわけです。

わかんないでしょ?だって、自分でも何を言ってるのか、わかんないもん。IISとかWCFとかいう部分が、NTTとかJTBに変わっても同じってくらい、まるで意味がわかんない。

そりゃまぁ、私もコンピューターエンジニアとして十何年も仕事してますからね。ある程度のことはわかりますよ。でも、ここまで来ちゃうと、完全に専門職なわけですよ。ネットワークなんてまともに勉強もしたことないのに、どうしていきなりこんな深い森に迷い込むはめになったのか・・・。

専門職の人からみたら、きっとものすごく簡単なところでつまづいてるんだろうなぁ、オレ。しかし、この森は深い。暗くて、深い。そんなところに、現地のガイドも雇わないで入ってるんだから、そりゃ自殺行為だわな。

既に遭難寸前。フェニックスが欲しい(がんばれ、チリ)。
BGMは「夏の日の恋」の方がよかったかな?
前のブログから、1週間が経とうとしています。

月日の経つのは早いもので、街はもうすっかり秋景色。私の夏の心の傷をそっと包み込むカーディガンが、なんだか今年はいつもより哀しく感じるように思える今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか(BGM「シェルブールの雨傘」)。

放っとこうと思えば、どこまで放っておいても別に何も問題はないニシオカのブログへようこそ。これから、もっと更新頻度が落ちます。いえ、別に誰も相手をしてくれないからではありません(相手をしてくれないのは事実だけど・・・)(あれ?涙でモニターがにじんで見えないや)。11月に、毎年恒例の大きなイベントがあって、それの準備が日々押し寄せてきているからです。

というわけで、今回みたいな空白が、またポコーンと空くことがありますが、ご心配なく。

ま、問題はないと思うけどね(あれ?やっぱり涙でモニターがにじんで見えないや)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。