スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレ・最終楽章 後編
今日はGWの中日。会社は有休を取って、映画を観てきました。

「のだめカンタービレ・最終楽章 後編」

ストーリーの詳細はネタバレになってしまうので書きませんが、よかったですよ。楽しかったです。

ただ、一つだけ。

映画中、僕がいつも音楽制作に使っているPro ToolsとSibeliusが一緒に映っているシーンがありました。いつも見慣れているインターフェースだったので、すぐ気づきました。

なんとなく優越感(笑)。
スポンサーサイト
「言ったもん勝ち」ってこと?
先日、何気なくテレビをつけたら、アマチュアミュージシャンだという男性が出ていました。テレビをつけた途端に流れてきたので、番組名もその人の名前も知りません。下に、その男性を紹介するテロップが流れてきます。

「(前略)これまでに制作した楽曲は1000曲を超える」

1000曲!?

画面で見る限り、その男性は僕とさほど変わらない年齢に見えます。前後関係がわからないのでなんとも言えないのですが(つまり、どんな曲を作っているのか、どんな活動をしているのか)、1000曲っていったら、とんでもない数ですよ。バックにはその方が作ったと思われる曲が流れていたのですが、ナレーターの声にかき消されてしまって、よくわかりませんでした。でも、さほど短い曲でもないみたい。

これ、言うほうも言うほうだし、放映するほうも放映するほうだよなぁ。

だってさぁ:
モーツァルトが35年の生涯で700曲程度。
歌曲王・シューベルトが31年の生涯で960曲程度。
バッハは65年の生涯で1000曲前後。
「浪花のモーツァルト」キダ・タロー氏は今年80歳になられ、2000曲程度。

・・・キダ・タロー氏、やっぱりすげぇ。

ま、キダ・タロー氏の偉大さについてはまた別に語るとして、これらを鑑みても、彼が1000曲作ったっていうのは、にわかには信じがたいわけですよ。ましてや、上に挙げた音楽家達は、専門家として昼も夜も音楽を作り続けてこの数ですからね。テレビに出ていたアマチュアミュージシャン氏は、別に本職があって(サラリーマンなんだそうな)、ということは普通に考えると、制作ができるのは平日の夜か休日に限られるわけです。

「ギョーカイじゃこれくらいのハッタリは当然だよ」なんて思うのかもしれませんが、そんなハッタリに、一般人である彼や僕らが精通する必要があるんですかね?おかしくないですか?僕らがそんなハッタリに寛容になるがゆえに、制作サイドもどんどんルーズになり、やがてあらゆる情報がハッタリになっちゃったりするんじゃないですか?そういう不誠実さに鈍感になっている感じが、僕はすごく不愉快なんですよね。

それとも、何をもってして「1曲」とカウントするかで違ってくるのかな。例えば、たった4小節の短いフレーズでも1曲と数えてたりするのかな?だとすると、これって「友達の『質』より、友達の『数』を自慢する感覚」と似てる感じしません?僕としては、めったに合わない友達が100人いるより、気のおけない友達が3人いるほうがずっと価値があると思うんですけど

・・・って、話題がズレて来たので修正。

いずれにせよ、こういうことにいちいち底知れない不誠実さを感じて不愉快になってしまうのは、心が狭いんですかね・・・?
しかし、どうしてこうも忙しくなっちゃってるのか・・・?
前回の日記で、「5日間ブログを書かなかったのは、楽譜を書いていたから」と書きましたが、半分ウソです。

実は、シンガポールから帰ってきてから、とにかく仕事がつまっちゃってて、忙しい、忙しい。

時間さえあれば、楽譜なんてもう出来上がっててもいいくらいなのに、とにかくそれをやる時間がないくらい忙しくなっちゃってて。音楽制作もままならない状態。

本職が忙しい以上、そっちに取り掛かれないし、ましてブログを書く時間なんて無理やり割けないわけですよ。

でも、こうして書いてるじゃん?

それは、今、コンピューターの処理待ちだから。

時間を有効に使いましょう(このブログが有効なのかどうかは考えないように)
楽譜、作ってます
気がつけば、5日間もブログを書いてなかったのね。

この5日間、何をしていたか・・・というか、今何をしているかというと、「On A Glorious Day」の楽譜を書いています。

前に「静かな森」でも書いたんだけど、この楽譜を書くっていう作業、結構楽しいんだよね。自分の作った曲が目に見える形になっていく工程がとても楽しい。元のMIDIデータが楽譜としての整合性が取れていない部分もあって(何しろ楽譜用に作ったわけじゃないからね)、結構細かい部分をコツコツ直していかなきゃならないんだけど、Sibeliusの機能を新たに発見したりして、「おぉ、こんなに簡単にできちゃうんだ!」なんて再認識したりして。しかも今回は歌詞付きだからね。

というわけで、まりさん。今、楽譜作ってますんで、もうちょっと待っててください。ギターパートが本当に弾けるものなのかどうか、ちょっと不安だけど(^^;)。何しろ打ち込みで作ってるんで、ギターが弾けるかどうかわかってないんだよね。一応タブ譜に直してみたりもしてみたんだけど、おそらく役に立たないだろうと思ってやめました(^^;)。

さて、またしばらくコツコツやろうっと。
こういうとき、みんなの顔は妙に活き活きするのね・・・
先週、「DTMマガジンで金賞を取った」という話をご報告しました。

これが社内のみんなが知るところとなってしまいましてね。

それ自体は別にいいんです。誰にも隠してないし、みんなに「おめでとう」言ってもらえるのはうれしいしね。

問題なのは、ウチの会社がビデオ・オーディオ機器のメーカーだってこと。

コメントに「音が割れてる」って書かれてたでしょ?もう、ここぞとばかりにみんながオレをからかいましてね。

「ウチの会社にいて、音が割れてるってのはどういうこったい?」と。もう、ことあるごとに言われるわけです。

メールで「○○という作品が上映されています。音は割れてません」だって。わかったっつうの(--;)。悪かったよ。

さらに、あの曲のボーカルを録音してくれた人が、実は同じ社内にいたってことが発覚しまして。

あのボーカルを録音したのがK氏という人なのですが、K氏はまりさんと知り合いで、一緒のバンドもやってる人。あの曲のボーカルはK氏が録音したんだそうです。それを知ったときは、腰抜けそうになった。ほんとに世界って狭いのね。もう、ほんとに逃げ出したくなった。だって、ってことはボーカルの録音は完璧で、それをオレが割っちゃったってことでしょ?もうどう言い訳していいやら・・・。

しばらく逃げ回ってたら、K氏に苦笑いされました。その後、ちゃんと「おめでとう」を言ってくれたK氏は、いい人です(^^;)。
新曲!『Interlude』
昨日、新曲をアップしました。タイトルは『Interlude』といいます。

今回は、今まで挑戦したことのない、DJ的アプローチに挑戦してみました。制作時間はたったの3日。あまりに短くて不安になり、修正とチェックに時間をかけたりしましたけど(笑)。ある意味初めてのアプローチだったんですが、楽しいですね。

制作にあまり時間と頭を使っていないので、タイトルも「間奏曲」という、かなり中途半端なタイトルです(^^;)。箸休めにさらっと聴いていただければ(Drum'n Bassなので、「さらっと」というわけにもいかないかもしれないけど)。

Nextmusic:
http://www.nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20100410210046

Muzie:
http://www.muzie.co.jp/artist/a010442/

MySpace:
http://www.myspace.com/takayukinishioka

lastfm:
http://www.lastfm.jp/music/Takayuki+Nishioka

いつも通り、Muzieではまだアップされていません。それ以外のサイトでは、もうお聴きになれますので、よろしければお聴きください。
DTMマガジン5月号『島崎塾』で金賞受賞!
自分でもびっくりした。

DTMマガジンという音楽雑誌がありまして、そこに「島崎塾」という読者参加コーナーがあるのです。一般読者が作品を投稿して、作曲家・プロデューサーの島崎貴光氏が曲を選考し、賞を決めるという企画なのですが、そこに『On A Glourious Day -featuring 神近まり-』を出してみたのです。箸にも棒にもひっかからなかったら恥ずかしいから、こっそりとね。

そしたらね

金賞いただいちゃいました。

島崎氏のコメントにあるように、明らかに島崎塾のコンセプトとは違う曲なわけですよ。あそこはJ-POPの作家を育てることを目標にしてますからね。そこにジャズワルツ出したんだから。「まぁ、佳作もらえりゃ上等かな」と思ってたんです。一応本屋で確かめたときも、「佳作以下だったら買わない」とか思ってました(笑)。

それが、ページ開いたらいきなりでしょ?もう、即買いですよ。なんだったら2冊買っちゃおうかってくらいの勢い。

でもね

「音が割れてる」って。・・・orz。

言われるまで、全然気づかなかった。ギターソロの入り口くらいのところで、確かにビリビリ言ってるんだよね。「『こんな初歩的なこともわからないのか』と疑問をもたれる危険性がある」って。おっしゃるとおり。わからなかったんだよねぇ・・・。

ま、言い訳するんだけど、この曲、トータルコンプしてないんですよ。ジャズでトータルコンプしちゃうと、すごくウソっぽくなる感じがしてね。だからこそ、いつもより神経使わなきゃいけなかったんだけど、見逃してたなぁ。

「明らかに方向性が違うので、コメントは最小限にします」って。

ふっふっふ・・・。私はそっちの方向性の曲は作っていないのだよ(作れないだけだろ。何を威張っておる)。

でもまぁ、とにもかくにも金賞いただいたわけですから、いいよね?

いやぁ、ひさびさのスポットライトですね。とてもとてもうれしいです。さぁ、またモチベーション上がってきたよ~。

※どこかの本屋さんでDTMマガジンを見つけたら、島崎塾のページをチラっと見てやってください。そこに僕の名前が載ってます。
生きた心地がしなかった
こんにちは。

前にも書いたとおり、仕事でシンガポールに来ています。

本来なら昨日、到着した時点で日記を書こうと思っていたのですが、とてもそんな気分になれませんでした。

大事件が起きてしまったからです。

===========
それは日曜日。シンガポールに向かうために、僕は9時に成田に到着しなければなりませんでした。かなり早い時間に起きて、寝ぼけた頭で電車に乗り、成田に向かいます(これが命取りでした)。

荷物を預け、出国手続きを済ませ、ゲートで飛行機の出発を待ちます。

やがて、搭乗時間になり、僕は飛行機を待っている間に暇つぶしに読んでいた本をしまいました。そして、「虫の知らせ」というヤツでしょうか、ふと財布の中を見ました。

・・・ない。

クレジットカードがない!

カバンの中をひっくり返しても、カードは出てきません。普段ならいろいろなカードが入っていて太っている僕の財布は、海外に行くときは余計なカードを家に置いて行くので、痩せているのです。おそらくそれが原因で、どこかで抜け落ちてしまったようです。

・・・やばい!

続々と飛行機に乗り込む乗客を尻目に、僕はさっき買ったコーヒーの自動販売機の前にダッシュしました。しかし、そこにもありません。

やばい・・・完全にやばい・・・。

僕はなおも走りながら、家に電話しました。電話に出た妻に、息を切らしながら事態を伝えます。

カードなくした!クレジットカード会社に電話して、カードを止めて!

僕にはそれ以上の時間がありませんでした。そのまま電話を切り、飛行機に乗り込みます。

あぁ・・・どうしよう。

そしてその時、ふと気づいたのです。

キャッシュカードもない

なくしたのはクレジットカードだけではありませんでした。一緒に束にしておいた、キャッシュカードもなくなっているのです。しかし、これを電話することは出来ません。、飛行機はもうゲートを離れ、今まさに飛び立とうとしています。もう電話はできません。

どうしよう、どうしよう、どうしよう!!

それからシンガポールにつくまでの7時間あまり、僕は映画も見ず、音楽も聴かずに過ごしました。とてもそんな気分になれませんでした。

シンガポールに到着して、すぐにまた家に電話します。

キャッシュカードもなくした!

妻は、僕が成田に行くまでに経由した駅の名前を確認し、キャッシュカードを止めた後、その駅に電話をして確かめてくれました。

その間、僕は同行したもう一人の同僚と一緒にホテルにチェックインします。クレジットカードの提出を求められたのですが、僕は持っていません。仕方がないので、同僚に支払いをお願いします

ごめん・・・部屋のミニバーとか使わないから・・・。

やがて、妻から電話がかかってきました。僕が経由したとある駅に、落としたすべてのカードが保管されているとのこと。誰かが拾って届けてくれたようです。

よかった!ありがとう、日本。

ヘナヘナっと崩れ落ちました。精神的にも肉体的にも、クタクタでした。昨日の一日で1ヶ月分を過ごしたような気分で、僕にはもう気力も体力も残っていませんでした。

ともかく、僕自身は無事です。こういうことがないように、いつもなら結構神経を使っているんですが、海外も慣れてきてしまっていたのと、出発が朝早かったのとで、気が抜けていたのでしょうね。ほんと、気をつけましょうね(お前がな)。
飛び出すブログ
「今日はエイプリルフールだ」と気づいてしまった瞬間から
「今日はエイプリルフールだ」と気づいてしまった瞬間から

世界中のブロガー達はちょっと憂鬱になると思う。
世界中のブロガー達はちょっと憂鬱になると思う。

今の僕のように。
今の僕のように。

「サイト閉鎖します」だの「結婚しました」だの、「別れました」だの「今日休みます」だの、その手のウソは、もはや気の利いたウソでもなんでもないじゃん(最後のはどうでもいいけど)。このご時勢、ちょっとやそっとのウソでは、笑ってもくれなきゃびっくりしてもくれないわけですよ。
「サイト閉鎖します」だの「結婚しました」だの、「別れました」だの「今日休みます」だの、その手のウソは、もはや気の利いたウソでもなんでもないじゃん(最後のはどうでもいいけど)。このご時勢、ちょっとやそっとのウソでは、笑ってもくれなきゃびっくりしてもくれないわけですよ。

で、ここはウラをかいて、いかにもウソっぽいタイトルなのに本当のことを書くっていうのもアリかな、と。
で、ここはウラをかいて、いかにもウソっぽいタイトルなのに本当のことを書くっていうのもアリかな、と。

というわけで、今日のブログ。テクノロジーを駆使して、3D化してみました。赤と青のセロファンをそれぞれ片目ずつに当てると、文字が飛び出して見えます。
というわけで、今日のブログ。テクノロジーを駆使して、3D化してみました。赤と青のセロファンをそれぞれ片目ずつに当てると、文字が飛び出して見えます。

・・・というネタをやっと考えたのに、今気づいたら、Yahooが本当に3D化のネタをやってた・・・orz。ブロガーの憂鬱は続く・・・。

※ 14:10 追記:しかも、この赤青フィルターネタも、2ちゃんねるでやってやんの・・・orz。思いついたときは「やった!」と思ったのに・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。