スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば「東京333m」っていう歌、なかったっけ?
スカイツリーが、本日ついに、東京タワーの高さを抜いたそうですよ。

実はわたくし、一昨日の土曜日、「東京タワーを抜く前に」と、スカイツリーを見に行ったのです。いわばその時点で、ほぼ東京タワーと同じ高さだったわけですが、建設現場のすぐ間近で見ていたにも関わらず「・・・あれ?こんなもの?」という感じの高さでした。東京タワーはそれこそ足元から見上げる形で見てますから、そこは単純に比較できないものの、もっと威圧感があるかと思ってたらそうでもなかったんだよね。

その後、その足で浅草へ向かい、仲見世を一旦抜けてオレンジ通りへ出て、近くのすし屋で昼飯を食べました。店を出てふと隅田川方面を見ると、そこにスカイタワーが見えたのです。それは、ついさっき間近で見たものとあまり変わらない・・・というよりも、距離が離れた分だけ威圧感が増すというか。そんな風に見えました。

あれでまだ半分くらいの高さなんでしょ?そこに展望台を作って、さらに上に積み上げていくんだから、完成したら結構な威圧感なんだろうな。

浅草の仲見世越しに見るスカイツリーは、なんか奇妙なたたずまいでした。

で、そこでちょっと想像してみたんです。高度成長期時代の東京タワーも、こんな複雑な面持ちで建ちあがって行ったのかな、と。「成長と発展のシンボル」としての誇らしさと、下町の風情の中に突然現れる奇妙な違和感との狭間にいたのかな。

スカイツリーが建っているのが、押上の駅のすぐそばで、曳船-押上-浅草という、いまだに下町情緒の残る場所に建ちあがっていることが、余計にそう感じさせたのかもしれません。

つまり、なんかすごく奇妙な後味だったんですよ。わかってもらえるかなぁ・・・。スカイツリーを非難するなんていうことじゃ全然なくて、「あの頃、東京タワーを見上げていた気持ちは、きっとこんなんじゃなかったんだろうな。成長と発展への希望にあふれてたんだろうな」という(ちなみに、僕は東京タワーの頃は知りませんよ。そんなに歳じゃない)。

その後、神谷バーで「電気ブラン」を買って、家で飲みましたとさ。学生の頃飲んだ「電気ブラン」はイマイチその味がわからなかったんだけど、日曜日に飲んだ「電気ブラン」はおいしかったなぁ。「歳をとるってのは、こういうことなのかな」とか思うと、それはそれで悪くない。

※『作曲・編曲講座 -Basic-』に「バスドラとベースは仲良し」を追加しました。
スポンサーサイト
話が飛びまくりなのはいつものこと
世間は春休みなわけですよ。

春休みというのは、学生に与えられた特権ですよね。いいよねぇ、春休み。一年で一番いい季節に、宿題も何もない完全な「休み」がもらえるわけでしょ?

そういえば、最後に春休みを過ごしたのはいつのことだったかなぁ・・・(遠い目)

会社でも春休み、あればいいのにね。そしたら・・・そしたら・・・何するんだろう?

そういえば、学生の頃も特に何もしないまま過ごしてたなぁ・・・。「特に何もしない」からいいんだよね、春休み。

さくらも咲き始めてますよ(おぉっ!なんてさりげない宣伝!)(←ちっともさりげなくない)。

しかし、マジでVoさん探さないとなぁ・・・(I have to find female vocalist...)(おぉっ!またまた、なんてさりげない宣伝!)(←だから、ちっともさりげなくない)(わざわざ英語まで書いて)。

あ、ちなみに、ボーカリストさんの国籍は問いません。日本人の方でももちろん大歓迎ですよ。ただ、今回に限っては、できれば英語(スペイン語ならさらにベター)がある程度歌える人がいいです。

途中から完全に宣伝になってるなぁ、今日のブログ。こういうの、読んでて面白くないんだよね。わかってるってば。でも、切実なのよ。

学生のみんなも、春休みに僕を手伝ってくれてもいいじゃない(妙なテンション)。
『ビューティフル・サンデー』『Whooooopee!』リミックス
以前にも、僕の『Plastic Lovers』をリミックスしてくださったWEB-MIXさんが、さらに2曲、昨年僕が発表した曲をRemixしてくださいました。

まずは『ビューティフル・サンデー -featuring Mayu-』。Remixはこちら
オリジナルは、雰囲気的にはピチカート・ファイブみたいな感じですが、リミックスはFantastic Plastic Machineのような。これ、僕はかなり好きです。とても爽やか、かつダンサブルな感じに仕上げてくれました。

続いて『Whooooopee! -featuring Hiromi, EM, Junko-』。Remixはこちら
イントロの「パーティー感」は、僕のオリジナルより増してる感じがしますね。この曲、何しろボイス数が多いので、実は相当めんどくさい作業だったんじゃないかと思うんですが(^^;)、しっかり、軽々とまとめてくれてます。

毎度のことながら、リミックスしてもらうっていうのはうれしいですね。自分では作りえなかった形に変貌するのを見るのは、新たな発見があって楽しいです。

いつもながらのWEB-MIXテイストで「別の衣装を着せてもらった」曲たちを、オリジナルともども、是非お聴きください。

※引き続き、女性ボーカリスト募集中!まずはお気軽にご連絡を!
※I'm still looking for female vocalists. Please join me!
流行遅れ
この季節、みなさん、大変ですね。お困りの方は、さぞお困りでしょう。

え?なんでひとごとみたいかって?

それはね、僕は杉花粉症じゃないから。

正確に言うと「杉」花粉症じゃなくて、「カモガヤ」花粉症なのです。

「・・・は?」って思ったでしょ?思ったでしょ!?お母ちゃん、怒らないから言ってごらん!思ったでしょ!?

カモガヤ」っていう草があるんですよ。「茅」ね。「茅葺き(かやぶき)屋根」の、あの茅の一種。「そんなの見たことない」って思うでしょ?これが結構あるらしいんですよ。

で、これの花粉の季節が4月~5月くらい。つまり、みんなの杉花粉が終わった頃にやってくるわけです。

何がいけないって、毎年説明がめんどくさいのなんのって。「カモガヤなんですよ」「・・・は?」の繰り返し。今の季節だと「あ、杉でしょ。大変だよね」で済んじゃうのに、一息遅れてやってくるから、鼻は出るわ、目はかゆいわの状態で(つまり、今のあなたのような、その状態で)説明しなきゃならない。

英語で言うと「Orchard Grass(オーチャード・グラス)」。こっちの方がかっこいいっぽいから、こっちで言おうかな。

「何?風邪?」
「いや、オーチャードグラスでね・・・フフン(鼻をたらしながら)」

全然かっこよくねぇ(--;)
でもゴールドも欲しい
4月に、シンガポールへ出張が決まりましてね。

2年ぶりですかね。3泊4日ですけど、初日と最終日は移動日なので、実質2日間の仕事。これくらいの気軽な感じがいいです。やれロスに1週間とか、ラスベガスに10日間とか、ちょっと気が重いじゃないですか。遊びならともかく、仕事ですからね。まして、アメリカだと飛行時間は最低でも10時間以上。シンガポールだと7時間ちょい。エコノミークラスにしか座らせてもらえない、しがない普通のサラリーマン・エンジニアとしては、これくらいが限界ですよ、マジで。

で、マイレージってあるじゃないですか。あれ、僕も貯めてるわけですよ。ANAのヤツね。あれって貯めていくと「ゴールドメンバー」とか「プラチナメンバー」とかってグレードが上がっていくんですよね。今年はもうロスにも行ったし、シンガポールにも行くし、結構貯まるんじゃないかと思って。

僕は今のところ、まだ「ヒラ」なので(ヒラっていうのか、こういうの?)、次のグレードは「ブロンズメンバー」。正直言って、ブロンズメンバーくらいだとほとんどメリットなんてないんだけど、ひょっとしたらブロンズくらいにはなれるんじゃないかと思いましてね。

で、今の僕のマイレージを確認してみたわけです。あとどれくらいでブロンズになれるんだろう?

そしたら、前回ロスに行ったときの加算マイルがやけに低いんですよ。今回行くシンガポールと同じくらい。

なんで?ひょっとして計算ミスとか?

・・・あ、そうだ。前回は「経費節減」とかなんかで、ANAじゃなくてUnited使ったんだっけ。Unitedもスターアライアンスだから、ANAのマイレージにはなるんだけど、ANAで行った時と同じ量はもらえないわけです。

なんだ、そういうことか。

ゴールドメンバーとかになるとラウンジが使えるようになって、あそこって(ゴールドの人が一緒にいれば、一人は入れてもらえるんです)確かにタダでコーヒーが飲めたりソファーがあったり、快適ではあるんだ。でも、オレにとっては、なんていうか「・・・うん、まぁね」っていう程度のもんだったんだよね。優先搭乗の権利だって、一般の人より3分くらい早く乗れるってだけの話でしょ?それよりも、10時間のフライトをゆっくりくつろげるほうがうれしいよな。

どっちかっていうと、ゴールドとかどうでもいいから、せめてビジネスクラスでフライトがしたいと思うニシオカでした。

あと、できれば「どこでもドア」が欲しい。

* I'm still wanted your help. Please read details by click on here.
名言
音楽とは七文字の文学である。文学とは二十五音の音楽である。
-ジョゼフ・ジュベール

詩は音楽にならなかった言葉。
音楽は言葉にならなかった詩。
-ヘルマン・ヘッセ

音楽とはもっとエモーショナルなものであるべきだ。
-モーリス・ラヴェル

音楽とは言葉を探している愛である。
-シドニー・ラリエ

ジャズとは「自分とは何者であるか」ということでしかない。
-ルイ・アームストロング

音楽は、決して不快感を与えてはなりません。楽しみを与える、つまり「音楽」でなくてはなりません。
-W.A.モーツァルト

音楽にジャンルはない。あるのは良い音楽と悪い音楽だけだ。
-デューク・エリントン

音楽とは本質的に、堅苦しく伝統的な「形式」には収まらないものだ。
音楽とは「色彩」と「律動のある時間の流れ」によって構成されるものだ。
-クロード・ドビュッシー

音楽は、それを作った人間のひたっていた心境に、直にすぐ運んでくれる。
-L.N.トルストイ

人生は、指の練習をしているには短すぎるし、第一、意味がない。
-フジコ・ヘミング

愛していればきっとできる。
-クインシー・ジョーンズ


音楽を創るという行為は、永遠に到達できない山頂を目指す行為と似ている。
それでも私は音楽を創る。
-Takayuki Nishioka
Help Wanted! (Why don't you make song with me?)
Sorry. This offering is temporary closed.

I'm really looking for female vocalist who can sing by English or Spanish for my next song. It doesn't matter what your nationality is.

You MUST:
(1-1) have DAW system (Pro Tools, Cubase, etc..) which can record your vocal with my track (doesn't matter which system you have).
or
(1-2) have friend who has DAW system which ...;-)

Because we'll make music via internet.

and if possible, I HOPE:
(1) you can make melody and lyrics as you like (especially if you are Spanish speaker).
(2) you can sing ad-lib by scat.

Jazz, Soul or R&B based singer may fit to this.

I can't pay money for your cooperation because I'm just an amateur musician and no plan to earn money by this song. If you want money, please ignore this.

If you are interested in this, please send message to me. And if you know such a person, please introduce to me. I'll send my track. Of course, you can refuse me after listen it. Even making lyrics ONLY is greatly helpful for me.

So, please feel free to mail me or reply to here. Please, please, please help me! I wanna make music with you!
腹減ったなう
Twitterって面白いんですかね?

「やってみないと面白さがわからない」と言われるんですが、未だにやっていない僕としては、なんかイマイチその面白さがわからない。

多分こういうのって本当にそうで、いくら他人に「こういうところが面白いんだよ!」と力説されても、伝わらないんじゃないかと思うんですよね。

「じゃあ、Blogはどうして始めたの?面白そうだと思ったの?」と聴かれたら、「ん~・・・まぁね」という程度のものなんだよね。

とはいいながら、こういう(↑「こういう」ね)ぐだぐだした話が書ける媒体としては有効に使わせてもらってるわけで、そういう意味では僕も「Blogの有効性はやってみて初めて気づいた」と言えるわけです。

なるほど。やってみなけりゃわからないことってあるんだよね。

なんて思ってたら、ウチの会社の社員が結構な人数 "Facebook" に登録していることを知りまして。ドイツからもシンガポールからもアメリカからも、「Faccebookに登録しろ」と催促されたので、登録してみたわけです。

あれって、最初に登録した情報を元に、知り合いと思われる人を自動的にリストアップしてくれるのね。びっくりした。とんでもない人数がリストアップされてね。「すげぇ~」と思ったんだけど・・・

Facebookについては、今のところそれだけ。「面白いか?」と聞かれると、「なんかよく分からない」ってのが正直なところ。

こういうのは趣向の問題で、人によって「当たり」か「はずれ」かは変わるよな、そりゃ。

それにさ、あんまり手を広げると、すべての場所の情報が薄くなるような気がするんだよね。僕なんか、ここのBlogの更新だけでもこんなに薄い内容なのに(それは反省しなさい)(はい)。

Twitterは、僕にとってどうなんだろう?なんか、僕には向いてない気がするんだよなぁ・・・なう。
新曲!『Sailin' On』
さて、本年初の新曲です。みなさま、明けましておめでとうございます。

この曲は、最初はもっとジャズハウスっぽくするつもりで作りはじめました。しかし、ギターがメロディーを弾き始めた途端、なんていうか、曲が勝手に暴走を始め、すっかりコントロールが効かなくなってしまいました。最終的に、完全にカシオペアになっちまいました(^^;)。

「このニシオカが、こんなに爽やかな曲作っていいの?」と恥ずかしくなるくらい爽やかです。なので、タイトルも恥ずかしいくらい爽やかです(^^;)。

よろしければ、是非。

Nextmusic:
http://nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20100308145002

Muzie:
http://www.muzie.co.jp/artist/a010442/

MySpace:
http://profile.myspace.com/takayukinishioka

lastfm:
http://www.lastfm.jp/music/Takayuki+Nishioka ("Album 2010"をクリックしてください)
アメリカとポーランド
まずはこちら。

http://www.soulstrut.com/ubbthreads/showflat.php?Cat=0&Number=1417386&Main=1417386

2時間のノンストップミックスで、かなりセンスのいい曲が流れ続けます。つなぎも上手くて、それぞれの曲への愛情が感じられます。

で、このノンストップミックスの、1時間1分を過ぎたあたりから、僕の曲「Bird」を使ってもらっています。

このミックスを作ったDJの詳細はこちら。
「Double Standard」
http://doublestandardcrew.com/

タイトルが「Richmond Soul Stew」なんですが、これはやっぱり、バージニア州のリッチモンドなんですかね?ワンコーラスだけで次の曲へ行っちゃうのは、僕個人としてはちょっと残念ですが(^^;)、間奏の長いパーカッションソロの部分に次の曲のイントロをうまく重ねて、実にスムースなバトンタッチをしています。

しかし、A Tribe Called QuestとかStevie Wonderとか、大御所に混じって僕の曲が入ってると、ビビっちゃいますね(^^;)(著作権とか大丈夫なんだろうか・・・?)


続いてこちら。

http://www.wrzuta.pl/tag/Nishioka

こちらは、ポーランドのサイトですが、どうやら日本で言うところのmixiのようなコミュニティーサイトみたいです。で、この中の「toshiropol」さんという方が、僕の曲をまとめて紹介してくれています。アイコンがアニメなのは本当は日本人なのか、それとも日本好きなポーランド人なのか、その辺はよくわかりません(^^;)。


そんなわけで、最近の、僕を紹介してくれている海外サイトのご紹介でした。よろしければ是非。
あかりをつけましょ腕時計(暗いから)
やぁ、みんな!

今日は3月3日だぜ!

ちょっと腕時計を見てごらん?

2月31日になってないかい?


以上、ひなまつりとは一切関係ない話題でした。では、また。
液晶保護フィルム
会社の携帯がまた変わりました。今度のはDocomo N-06A。タッチパネル対応の3.2インチ液晶ディスプレイです。

で、これは折りたたむタイプではなく、回転させてたたむタイプなので、液晶画面は常にむき出しのまま。iPod Touchも液晶保護フィルムを貼るまでは持ち歩かなかった神経質なニシオカとしては、やはりこれにも液晶保護フィルムを貼らねばなるまい。

ってなわけで、電器屋で保護フィルムを買い(機種別にそれぞれ専用フィルムがあるのね。大したもんだ)、レッツ、はりはり。

まず、フィルムを台紙から半分だけはがし、端を慎重に合わせてから、気泡が入らないように徐々にゆっくりと・・・

ぐわっ!なんだ、この糸くずの山は!

僕がその時着ていたウールのセーターの糸くずが、フィルムを台紙から剥がした時の静電気に引き込まれ、大量に巻き込まれてしまっています。

ぎゃ~~!大失敗!

さすがにそこまで気が回りませんでした。うわぁ、どうしよう・・・

まぁ、たかが一枚360円なので、もう一枚買ってやり直そうと諦めかけたのですが、それでもやはり悔しい。値段の問題ではないのですよ。プライドの問題なのです(360円のプライド)。なにか、ここからのリカバー方法はないものか・・・

(ネット検索中)

あった!

「保護フィルム、または本体側に付着してしまった糸くずを、普通のセロテープ(できれば粘着力の弱いもの)を使ってペタペタと剥がす」という方法。なるほど!そんな手があったか!

早速実行。

約10分後。

完璧!すげぇよ、この方法!大量に巻き込まれてしまった糸くずは、きれいさっぱり。後はちょっとずつ貼りながら、見落としていた糸くずをペタペタし、徐々に貼っていくだけ。これで完璧にキレイに貼れます。

これ、オススメ。

「気泡が入らないように・・・」と左手に渾身の力を込めて貼り付ける作業を都合2回繰り返したせいで、すべてが終わった後、少し左手が震えていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。