スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある意味カオス
PCのデスクトップの散らかり具合は、本物の机の上の散らかり具合と比例すると思う。

一体なんのためにHDD内にフォルダーが作れるのか、一度真剣に考えたほうがいいと思う。オレ。

作業中に「ファイル検索」しない日がないもんなぁ・・・。
スポンサーサイト
新曲!『Plastic Lovers -featuring EM-』
新曲です。前回の『Sweet 'n Spicy Shot -featuring EM-』に引き続き、EMさんに歌っていただきました。

実は、『Sweet 'n Spicy Shot』をお願いした時に、同時に別の曲をお願いしていました。でも、『Sweet 'n Spicy Shot』は非常に実験的なサウンドで、その時同時にお願いしていた曲が、やはりEMさんの普段のイメージとはちょっと違っていたんです。

で、『Sweet 'n Spicy Shot』があまりに実験的だったので、「このままでは彼女の魅力が活かしきれない!」と感じていました。

その時ふと思い出したのが、昨年のアメリカ出張中にテレビから流れてきた曲に突然インスピレーションをもらって、あわててその場でベースパターンとドラムパターンだけをプログラムし、「日本に持ち帰ってからまとめよう」と思っていながらうまくまとめられないでいた曲でした。

「あれならEMさんの魅力を活かせるかもしれない!」と思い立ち、EMさんには「2曲目、ちょっと保留!」と連絡し(とにかく彼女は仕事が早いので(^^;))、まとめたのがこの曲です。

曲を送るとき、「曲の途中の空白部分には、『チッ!』とかいう感じの舌打ちを入れてもかっこいいかも、とか思ってます」と書いたら、そのイメージで彼女が詞を作ってくれました。これが、僕の最初のイメージにぴったりで、その上かわいらしさまで追加されているという超スグレものでした。タイトルも彼女が決めてくれました。「Plastic」っていう響き、僕、大好きなんです(笑)。もう、即OKでした。

彼女の歌が上手いのは、今さら説明の必要がないでしょう。この録音にほとんど時間がかかっていないのも彼女のすごみ(たしか、ほんの数日だったと思います)。

で、この曲を、いつもお世話になっている永瀬たくみさんに試聴していただいたところ、「曲のイメージはこんな感じ」と言って、イラストを描いてくれました。これもたしか2~3日後には送られて来ていたはずなのにすごいクオリティーで、曲のイメージにぴったりなので、ここにアップしておきます。

onnanoko.jpg
(クリックで大きくなります)

ね?いいでしょ?ちょっとツンデレな感じがよく出てる(笑)

さぁ、ではお聴きください!(毎度のことながら、Nextmusic以外のサイトでは楽曲の認証に時間がかかるため、聴けるのは数日後になります)

Nextmusic:
http://nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20090926220722

Muzie:
http://www.muzie.co.jp/artist/a010442/

MySpace:
http://www.myspace.com/takayukinishioka

Last.fm:
http://www.lastfm.jp/music/Takayuki+Nishioka
(「Album 2009」をクリックしてください)
新コンテンツ追加
役に立ってるんだか立ってないんだかよくわかんない「作曲・編曲講座」ですが、新コンテンツを追加しました。

題して「ネットでの音楽制作について

僕や僕の周りの人たちにとってはもはや当たり前の「ネット経由でのコラボレーション」ですが、昔のバンド仲間とか、ライブ中心のバンドをやっている知り合いとかに話すと「え!?そんなことできるの!?」と、意外なほど驚かれることが多いんです。「僕の曲を歌ってくれてる人でも、会ったことがないどころか、どこに住んでるのかも知らない人だっているよ」なんて話すと「え~~っ!?!?」なんて。

で、そういうことができるってことも知らない人が結構いるんだなと思い、ひょっとしたら役に立つんじゃないかと思って、僕の今までの経験を元に、具体的な手順と気をつけるべき点について、トラックメーカーからの視点とボーカリストからの視点の両方からまとめることにしました。

これが、ネット経由でのコラボレーションを元にした音楽制作に興味のある人にとっての足がかりになり、少しでも役に立てば幸いです。

「これも書いておいたら?」とか「ここはわかりにくい」とかのフィードバックも大歓迎です。

これまで同様(ってか、これまで以上に)、よろしくお願いします。
カラフルウイーク
世間はシルバーウイークまっただ中。

「世間は」なんつって、僕もシルバーウイークなんですけどね。

ゴールデン、シルバーと来たら、ブロンズウイークも欲しいところだけど、逆にあったらヤなのが

ブラックウイーク

「土日が祝日と祝日に挟まれた場合、祝日と土日はどちらも平日とする」とかいう法律ができて、2週間ぶっ続けで働き続けなきゃいけない、悪魔のウイーク。

うわぁ、ヤだなぁ。通常営業でもヤなのに。

あと「イエローウイーク」とか「ディープブルーウイーク」とか「うこん色ウイーク」とか「浅葱色ウイーク」とか。「土曜日の午後から日曜日の午前までは平日扱い」とか。「水曜日の2時から4時までは祝日」とかね。

あぁ、めんどくさい。
すぐ冷え
ウチの会社にウォーターサーバーがあります。冷たい水と熱いお湯の両方が出せるタイプのもの。

このウォーターサーバーが、なぜか僕が飲もうとするときに空になってるんです。まるではかったように。誰かの陰謀に違いない。

とかなんとか思いつつ、仕方ないのでスペアのタンクに差し替えます。で、冷たい水をカップに注ぐと

あら不思議。すぐに冷え冷えの水が出てくるのです。

あれ、なんで?ほんとにカラカラにしてからタンクを差し替えてるのに。どうしてそんなにすぐ冷えるの?

きっとこれは亜空間の(めんどくさいから、以下略)
モバイルコロムビアで『Sweet 'n Spicy Shot -featuring EM-』配信決定
前回の曲『気づかずに -featuring Junko, Mayu, kikuzo-』に引き続き、『Sweet 'n Spicy Shot -featuring EM-』が同じモバイルコロムビアで着ウタ配信されることが決定しました。実際の配信はおそらく来月に入ってからだと思います。下記のサイトにはまだ実際にはアップされていませんが、それ以外の曲は既に配信を開始していますので、よろしければどうぞ!

Takayuki Nishioka


モバイルコロムビアフル
URL:http://mf.columbia.jp/

アクセス方法:
○i-mode
「i Menu」 → 「メニューリスト」 → 「着うたフル」 → 「J-POP」 → 「モバイ
ルコロムビア」

○EZweb
「au oneトップメニュー」 → 「カテゴリ(メニューリスト)」 → 「着うたフル・ビ
デオクリップ」 → 「J-POP」 → 「モバイルコロムビアフル」

○Yahoo!ケータイ
「Yahoo!ケータイ」 → 「メニューリスト」 → 「着うたフル」 → 「J-POP・イン
ディーズ」 → 「モバイルコロムビアフル」 

それにしても、前回の曲といい今回の曲といい、渋谷のスクランブル交差点で鳴っても気づかないんじゃないかっていうくらい静かな曲なんだけど、いいのかな・・・?あ、そういうニーズもあるのかな?会議中とかね(マナーモードにしておきなさい)。
何かが違う
今日の「別に間違ってはいないんだけど・・・」

BMWに乗るお坊さん

Dolce & Gabbanaの小さな紙バッグを持った相撲取り


両方とも昨日見かけて、なんかこう・・・。
どこ?
昼飯を食いに行った帰り、道端でどこかのおじさんが、携帯片手に何かを怒鳴っていました。

「だから、お前今どこにいるんだよ!」

誰かを待っているようです。

「近く!?近くってどこだよ!?・・・ここだよ、ここ!・・・バカ、違うよ!坂を上がるんだよ、坂を!歩道から坂上がれよ、バカ!・・・違うって、ここだよ!ここ!」

あのね、おっさん。あんたは「ここ」がどこかわかるだろうけど、相手は「ここ」がどこなのかわかってないと思うよ。

二人が無事に出会えたのかどうか、しばらく様子を見たかったのですが、おっさんはかなりイライラしてて、ぼんやり見ててとばっちりを食うのもイヤなので帰ってきました。

二人は出会えたんだろうか?
日帰り名古屋
昨日、突然の仕事で、日帰りで名古屋に行ってきました。

出発が午後2時過ぎ。名古屋についたのが4時前くらい。それから一通り仕事を済ませ、東京についたのが夜の9時半過ぎ。

こんなこと、できちゃうんだよね。困ったもんだよ、ほんとに。

今回は名古屋だったけど、やろうと思えば福岡だって札幌だって出来ちゃうわけでしょ。飛行機なら。

大抵のところならどこへでも日帰りできちゃうんだよね。

でね、日帰りなら疲れないかといえば、全然そんなことない。移動中は別に何もすることないわけだから寝てたっていいんだけど、それでも疲れないってことはないんだよね、やっぱり。

だってさ、普段東京で仕事してる時は、仕事中に寝るってことはまずあり得ないわけじゃない?今回みたいな場合は、寝ることはできるわけよ。それでも普段東京で仕事してる時より圧倒的に疲れる。

問題は仕事をしていた拘束時間じゃなくて、移動距離ってのもあるんだな、とか思ったのでした。

そういえば、「移動する交通手段が高速であればあるほど疲労がたまる」っていう話も聞いたことがあるな。

まぁともかく、こういう仕事はできるだけ減らしたいと思うニシオカでした。
ランチで1000円超えるとかなりビビるような身分です
書けないときってあるじゃん。

いきなりで申し訳ないですけど、何がって、例えばここのBlogとかね。

どうにも書けないときってあるでしょ?

そういうとき、無理してでも何か書こうと思って書くと、大抵ロクなことにはならないのね。

ってかさ、言いたいこととか書きたいことがあるときに書けばいいわけよ。別に連載してお金もらってるわけでもないんだからさ。

でも、僕の場合、わざわざ自分で開設しておいて、何もしないってのがどうにももったいないのね。

昨日、新しいクレジットカードを申し込もうとして、とあるWebサイトにアクセスしました(いきなり話変わるよ。ついておいで。Come on, Boys 'n Girls!)

Web申し込みだろうがなんだろうが、聞かれることは同じなわけですよ。当たり前だけど。住所・氏名・年齢はもちろん、会社名、会社の資本金、従業員数、年収とか。「お前にそんなこと聞かれる筋合いはない!」といいたくなるようなプライベートな情報が「必須!」という文字で強制的に記入させられます。

またこれが、項目が多いんだ。

で、それでも我慢しながら進んでいったら、最後のページで「Web申し込みだと使えないオプション」なんてのが出てきて、それが僕にとっては結構大切なオプションだったのね。

なので、その時点で申し込みを中止し、郵送での申し込みに切り替えました。

ここまで40分くらい。まるっきり無駄。

そういうことは最初に書いておいてくれよ。多分書いてあっても読まなかったと思うけどさ(ダメじゃん)。

世の中ってめんどくさい。ブラックカードとかもらえる身分になりたいな(本気で思っちゃいないけどね。そういう身分はそういう身分でめんどくさそうだから)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。