スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北(4)
さて、台北のまとめです。

まずは、とにかく親日。街中日本であふれているといっていいくらい。普通の胃薬のテレビコマーシャルで、台湾のメーカーが作ってる台湾の薬なのに、最後に日本語で「スッキリ!」とか言ったりします。日本のメーカーのコマーシャルのサウンドロゴも日本語のまま流れます。クーラーのコマーシャルでも「組み立ては台湾だけど、心臓部であるコンプレッサーは日本製!」と高らかにうたったりします。日本人が、ちょっと高品質を訴えたいときになぜかフランス語の製品名をつけたりするのと同じような感じなんでしょうか?こういうのは、やっぱり素直にうれしいですね。今回一緒に行動した香港人も「ここはとにかく日本っぽいんだ。他のどの場所よりも強く日本を感じる」って言ってました。

次に料理なんですが・・・ごめんなさい。これは正直、僕にはちょっと合いませんでした。何もかも薄味。マイルドでソフト。パクチーとか八角とかのスパイスの香りはあって、これは僕は大好きなんですけど、それ以外の味がなんとも薄い。このあたりは完全に好みの問題だと思うので、例えば女性の多くはきっと好きだと思います。でも、普段から濃い味が好きな僕には、ちょっと物足りない感じが残ってしまいました。

あと喫煙者の方、要注意。台湾では、不特定多数の人が集まる場所での喫煙は禁止です。罰金10,000元(約30,000円)。駅前とかバス停とか、レストランとかは禁煙。ホテル内もダメです。喫煙ルームとか、ありません。タバコを吸いたければ、外に出るしかありません。シンガポールも喫煙には厳しいですけど、路上には灰皿が設置してある場所が結構多いので問題なかったんですが、台湾はこれもあんまりありません。僕にはむしろ、台湾の方がきつかったです。

人はみんな優しい人ばかりでした。これも僕が幸運だっただけなのかもしれませんが、仕事で一人で行ったオフィスの入り口で、僕が担当の人と会えずにうろうろしてたら、警備のおじいちゃんが声をかけてくれて、中に入れてくれました。「タバコは吸う?」と聞かれたので「はい」と答えたら、通用門の鍵を開けてくれて「ここにいるから、いつでも声をかけてくれればいい。すぐに開けてあげるから」と言ってくれました。やさしいおじいちゃんだった。それなのに英語ペラペラなのにもちょっとびっくりしたけど。

路地が狭い、ってのも台北の特徴ですかね。わりと古いビルが多くて、それが狭い路地を挟んでぎっしり立ち並んでる感じ。101ビルってのはすごく特異で、それ以外は比較的背の低い古そうなビルがぎっしり。「地震が多いから、あまり背の高いビルは建てられない」って言ってましたけど、そうだとすると「土地が狭くて地震が多い」なんて、親近感を感じますね。

さて、完全に旅行記になってしまっている最近のブログですが、次回はなんと、インドネシアはジャカルタからお送りする予定です。・・・あぁ、日本に落ち着きたい。
スポンサーサイト
台北(3)
一夜明けまして、日曜日。

今日は台北101ビルに行くのです。地下鉄・台北駅から電車で15分程度。市政府駅で降りて、歩いて10分くらい。

IMG_1237.jpg

台湾で一番高いビル、台北101。2007年までは世界一高いビルでした。

IMG_1241.jpg

入り口に、どこかで見たオブジェが・・・(これはロバート・インディアナの作品「LOVE」。新宿アイランドタワー、台北101の他、アメリカの多くの美術館の前とか、シンガポール、カナダ等、あちこちにあるそうです)

IMG_1242.jpg

天気がよければ91階から屋外へ出られるのですが、あいにく、この日は朝から小雨がぱらつく天気。89階の屋内展望室からの見学になりました。それでも、この景色はなかなか。

IMG_1253.jpg

101ビルのマスコット「ダンパー・ベイビー」。けっこうかわいい。

IMG_1257.jpg

ビルの見学は午前中で終了。地下のフードコートで擔仔麺(タンツーメン、ターアーミー)を食べて

IMG_1259.jpg

市政府駅に戻って、地下鉄で、今度は中正記念堂駅で下車。

IMG_1261.jpg

中正記念堂(蒋介石記念堂)です。「中正」ってのは、蒋介石の本名なんだって。知らなかった。

ここ、とにかくデカい!距離感覚がわかんなくなります。

正門からすぐ近くに見える記念堂が

IMG_1264.jpg

歩けど

IMG_1265.jpg

歩けど

IMG_1266.jpg

まだかよ・・・

IMG_1278.jpg

やっと会えました。蒋介石さん。

IMG_1280.jpg

衛兵が番をしてます。この衛兵さん、ものすごく暑いのにぴくりとも動かない。

IMG_1274.jpg

一時間に一回、交代式があります。これは必見。ひょっとしたら、僕が今回台湾で見たもののうちで一番良かったかもってくらい。かなり間近で見られるのもGood。

IMG_1295.jpg

この日は、台湾軍のフェスティバルみたいなことをやってましてね。

IMG_1294.jpg

みんなのアイドル、憲兵ちゃん(っていう名前かどうか知らないけど)

休日は今日で終わり。明日からまた仕事です。次回、まとめっ!
台北(2)
はい、やってきました。淡水。

IMG_1187.jpg

ついたのが4時前くらい。夕方と呼ぶには少し早い時間。淡水は日暮れ頃が一番キレイで、デートスポットなんだそうです。晩御飯にもまだ早いし、そしたら近所を少しぶらぶら歩いてみましょうか。

IMG_1193.jpg

どこに行こうかな・・・

なんかお城があるの?近いのかね?・・・とGoogle Mapを開いてみると、お、行けなくもなさそう。では行ってみましょうか。

IMG_1200.jpg

ってなわけで、紅毛城と呼ばれるお城へ。台湾に現存する一番古い建物で、元イギリス領事館だそうです。淡水駅からなら、ちょっとがんばれば歩けます。無料です。

で、このお城をぐるっと回って、もう一度淡水の川のほとりへ。そこで買ってみたいのがこれ。

IMG_1213.jpg

焼き臭豆腐。歯ざわりはがんもどき、香りはブルーチーズという素晴らしい(?)一品。いや、冗談じゃなくて、おいしいですよ、これ。僕はブルーチーズは好きなので、これも抵抗なくおいしく食べられました。でも、ブルーチーズがダメな人はやめておいた方がいいかも。あと、好きでも2個は要らないかも(^^;)。ブルーチーズだって、そんなにばくばく食べるものじゃないでしょ(^^;)。

IMG_1206.jpg

おぉ、いい夕暮れだ。いっぱい歩いて疲れたし、地下鉄に乗ってそろそろ帰ろうかな。

そうだ、ホテルに帰って軽くいっぱい飲みたいので、ビールとポテチでも仕入れていこう。

IMG_1220.jpg

このパインビール、とてもおいしいです。

IMG_1218.jpg

このポテチ、パッケージだけ見ると完全に日本製なんですけど、台湾製です。すごいな。

さぁ、明日は101ビルを旅します(「世界の車窓から」か)
台北(1)
最近、このブログが旅行記ブログになりつつあるような気がするんだけど・・・

台北からニーハオ。ニシオカです。もちろん、今回も仕事です。でも、今回がいつもと違うのは、今回の出張は土日が挟まっているのですよ。一人っきりではありますが、これは始めての経験。2日間の完全フリータイムがあるという。

泊まっているのは、「君品酒店(Palais de CHINE(パレ・デ・シン))」という、台北駅のすぐ隣に建ってるホテル。とっても便利。とっても綺麗。

木曜日に到着して、そのまま金曜日まで仕事。この話には興味ないと思うのですっ飛ばして土曜日。

「野柳(イェーリウ)」というところに、自然の侵食によって削られた変わった形の岩があると。なんでも、「Queen's Head(女王頭)」という、女王の頭みたいに見えるらしい。でもまぁ、変わった形ったって、岩だろ?別にどっちでもいいな・・・

でも、ここに行くには電車で50分、そこからバスで30分。お、意外と近いじゃん。2日もあるしな。それくらいないと間がもたないよね。さらにはこの岩、今でも侵食が進んでいて、あと20年もすると女王の首がもげるんだそうな。それは行かねば!

ってなわけで、行ってみました、野柳。まずは、台北駅

IMG_1141.jpg

ここから電車に乗って、「基隆(キールン)」というところに向かいます。

IMG_1147.jpg

お値段41元(約120円)。このお値段は、急行か各駅停車かで変わりますが、各駅停車でも50分(50分で120円!?)。逆に、急行だと全然時間が合わなかったりするので、各駅で全然問題ないです。

で、この駅前からシャトルバスが出てます。フリーチケットだと100元。「野柳地質公園」までの片道チケットなら30元。これで細道をクネクネ走ること30分。

到着しました、野柳地質公園。ここに女王様がいるのか。では、いざ・・・の前に、腹ごしらえ。

IMG_1149.jpg

チャーハンと蟹の炒め物。このチャーハン、おいしかったです。

では、女王様に会いに行きましょう!

入り口でチケットを買ったら、テクテク・・・テクテク・・・

IMG_1157.jpg

おぉ!

IMG_1151.jpg

おぉぉ!

IMG_1153.jpg

おぉぉぉぉ!これは絶景。

・・・ところで女王様は?
「女王頭」の矢印にしたがって歩くと、道順の突き当たりへ。そこからUターンしろと言われて戻って、スタート地点に程近いところに

IMG_1164.jpg

いました、女王様。こんなに近かったんじゃねぇか・・・

ものすごく暑いんですよ、台湾。この日の気温は32℃。加えて湿気がすごい。着てたTシャツが、この頃には「絞れば汗が出るぞ」くらいにぐちゃぐちゃ。ちょっと意識が朦朧としてきましてね。何か飲まなきゃ・・・。

ところがここはいわゆる「景観保護区」というやつで、入場門より先には自販機どころか影になる建物もありません。飲み物を買うなら外に出なきゃなりません。

IMG_1171.jpg

ってなわけで、入り口に戻ってきました。

ここから、元来た基隆に戻っても良いんですが、逆方向の終点である淡水(タンスイ)に行くと、そのまま地下鉄で台北に帰れる。しかもそこは、「台湾のベニス」と言われているらしい。ならそっちに行ってみましょうか。

ってなわけで、バスを待ってそのまま淡水へ。

・・・この話、続けます。なんかほんとに旅行記になってきた・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。