スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロスでプレゼン
ども、ニシオカです。

前回の完全お正月モードのご挨拶から一変、仕事でロサンゼルスに来ております。

前回行ったホテルと全く同じホテル。だから、写真はありません。だってほんとに同じ写真しか撮れないんだもん。全然おもしろくないよ。

前回と違うのは、前回は誰かのプレゼンを聴く側だったけど、今回はしゃべる側になったってこと。アメリカ人相手に英語でプレゼンってのは、かなり度胸のいる作業ですよ、ほんとに。リハのときはまるで言葉がでなくなっちゃって、どうしたもんかと思ったけど、本番はなんとかおさめることができてよかった。

こういうときアメリカ人のいいところは、プレゼンが終わったあとわざわざ僕のところに来て「よかったよ」って褒めてくれるところ。次々に来てくれて、「いい内容だった、ありがとう」とかって褒めてくれます。やっぱりすごくうれしいですよ、これは。

思うに、日本人ってこういうことできないですよね。面と向かって悪口も言わない代わりに、褒めもしない。出来ても出来なくても無反応。これ、プレゼンする側としては結構辛いんですよ。伝わってるのか伝わってないのか、楽しんでくれてるのかくれてないのか、わからない。リハで誰もいない会場に向かって喋ってるのと変わらないんだもん。

反応がダイレクトという意味では、プレゼンの最後に「何かご質問は?」と問いかけたとき、日本だと質問が飛んでくることはまずありません。でも、アメリカだと質問が飛んでこないことはまずありません。

今回一番恐れていたのはここ。質問は必ず飛んでくるので、それを正確に聞き取って答えなきゃなりません。何を言ってるかわかれば答えられる自信はあるんですけど、ときどきものすごく聞き取りにくい英語を話す人がいて、何を言ってるかわからない。そうなっちゃったらどうしよう・・・と心から恐れてましたが、幸いにも今回質問してくれた人の英語はとてもわかり易かったのと、それでも一部聞き取れなかった部分は、周りの人が言い直してくれたりして、助けてくれたので、乗り切れました。

いやぁ、今回は「一仕事した」って感じですね。

同じことを、相手を変えてもう一度話すんだけど、二回目は僕の前に話したヤツが話しすぎて僕の時間がなくなって、僕のパートがカットされるというおまけつき。

一回目で自信つけたあとだっただけに、ちょっとさみしいやら、ほっとするやら。

ま、ひとまず僕の出番は終わりました。前回までは全工程3日だったのに、今回は2日追加されて全工程5日のうんざりミーティング。一仕事終わって気はラクだが、まだ先は長いぞ・・・。
スポンサーサイト
オレンジカウンティー
ただいま~


ってなわけで、行って来ましたロサンゼルス。5日間。前にも書いたけど、途中に自由時間はなし。あえて言うなら、到着したその日の夕食までだけが自由時間。目の前にある海岸に行くには、到着したその日だけがチャンス。行かないのはもったいない。

というわけで、ホテルの前からパシフィック・コースト・ハイウェイを横切って海岸へ。

IMG_1817.jpg

この道には思い入れがあるのです。僕が大好きなバート・バカラックの曲に「Pacific Coast Highway」という曲があるんですね。



ここがそのパシフィック・コースト・ハイウェイかぁ。想像通りの気持ちいい道だなぁ。オープンカーとかで走ったら気持ちいいんだろうなぁ。

この道を横切ると(上の写真の左側)ハンティントン・ビーチ。

IMG_1820.jpg

季節は1月で、海に入るにはちょっと寒い。水もつめたい。けれど、たくさんの人がいます。ハンティントン・ビーチの南隣は、有名なロング・ビーチ。そして、この辺はサーファーたちのメッカなんだそうです。

IMG_1862.jpg

のってるのってる。

IMG_1833.jpg

カモメも飛んでる飛んでる。

このまま海岸を歩き、桟橋を歩き、入り口近くのカフェでカクテルジュースを飲んで帰りました。それだけなんだけど、なんか満ち足りちゃったなぁ。今回の滞在で行ったところは、本当にこれだけ。後は部屋と会議室との往復。それ以外に何もなし。でも、憧れのパシフィック・コースト・ハイウェイが見られただけで十分。ご飯もまずかったけど、十分。

IMG_1894.jpg

オレンジカウンティーの夕暮れ。確か、昔エレクトーンの曲で「オレンジカウンティー」っていう曲もあったと思うんだけど・・・オレンジカントリーだったかな・・・

・・・と思って調べてみたら、「オレンジサンシャイン」でした。塚山エリコさんの曲。



これもいい曲だね。勘違いだったけど。
ロサンゼルス
毎年この時期になるとニシオカがグズりだすので、皆様にはすっかりおなじみだと思いますが、明日から「一年一度の全社ミーティングなんだから、どんな場所だろうと遊ぶ時間なんかやらないぜ c/w メシもとびきりマズイぞ in 今年はロサンゼルス 2014」に行って来ます。

あぁ、イヤだ・・・(--;)

ちょっと前までは、それでも「ロサンゼルス」なんていう項目まで作ってブログ書いてたけど、多分もうしない。だってロサンゼルスに関することは何も書けないんだもん。どこにも行けないから。ホテルの部屋が寒かったとか、ホテルのメシがマズかったとか、ホテルの会議室までが遠いとか、そんなことしか書けない。面白いわけがない。

今回泊まるホテルは、Pacific Coast highway沿い、ハンティントン・ビーチの目の前。気温は最高で25-26℃くらい。でも昼間ビーチにいけるはずもなく。遊びで来たら楽しいんだろうなぁ・・・(遠い目)

帰ってくるのは日本時間の木曜日です。ちょっと痩せて帰ってきたりするかもしれません。
もうすぐ終わり
長かった・・・(まだ終わってないけど)。あと24時間もすれば、僕は機上の人です。もうすぐ終わる。

さっき、ホテルの昼ごはんを食べたところです。「アメリカの中でも、こんなにひどい食事には出会ったことがないぞ・毎食同じメニュー大会」もこれで終わり。そう思うと、なんだかちょっとさみしく・・・ない。「おぉ!今日は温かいぞ!」なんていって喜んでるんだから。朝食にはパンもないんだよ?シリアルとフルーツだけ。いくらアメリカ人だって、これに不満を言わないとは思えないんだけどなぁ・・・。

まぁ、いいや。それもこれもあと半日だ。

明日(木曜日)の飛行機で日本に帰ります。到着は金曜日の夕方です。さようなら、ハリウッド。さようなら、ビバリーヒルズ。今年もキミ達に会えなかったね・・・(涙)。
予定通り
はい。当初の予定通り、ホテルに缶詰です。

食事は去年よりひどくなっていて、みんな死んだ魚のような目をしてもそもそ食べています。

後は水しかない。

Image061.jpg

1ガロンだって。3.78リットル。水で腹を膨らませるったって、限界はある。

ミーティングはまだまだ続きます。眠らない自信、0%。
ロス到着
ども。ニシオカです。

今はこちらの時間で1/31(日)午前8時42分です。

昨日、ロスに到着しました。

結局飛行機の中では一睡もできず。そのままホテルに到着し、「今寝たら最後だ!」と思っていたら、「今日(土曜日)はこのまま何も予定がないから、サンタモニカまで行ってみましょう」と言い出したヤツがいまして。

まぁいいけどね。

で、行ったわけです。サンタモニカ。

Image057.jpg

いいところでしたよ。キレイだしね。天気はいいし。自転車借りて、海岸沿いにある「サイクリング専用道」を走ったりすると、それは快適で。インラインスケートやスケートボードで走る人たちもいっぱい。道端にはハーフパイプの練習場があったり(みんなかっこよかった!)、ストリートパフォーマーがいたり。楽しいところです。

でもね。

とにかくこっちは疲れきってるわけですよ。時差ボケもひどいし。なのに、この「サンタモニカへ行きましょう」って言い出したヤツが、いわゆる「体育会系」なわけですよ。こっちはもうヘロヘロなのに、次々と「次はどこどこへ行きましょう」「この後は何々をしましょう」と振り回されっぱなしで。自転車だって、結局合計6マイルは走ったのよ。こっちはもう帰りたいのに「では、次は・・・」とか言い出すから「もう帰らせてくれ」と言って帰って来ました。

そしたら、その体育会系、帰りのタクシーの中で、何て言ったと思います?

「そうですか・・・?そしたら僕は晩飯の時間までランニングでもしてようかな」

勝手にしろ(--;)

結局30時間ほど眠らないままあちこち引きずりまわされ、昨日は泥のように眠り、今起きて朝食を摂って来たきたところです。これから長い長いミーティングが始まります。

今年が初参加の体育会系男。成田で「るるぶロサンゼルス」なんか買いやがって遊ぶ気まんまんなんだが、遊ぶ時間は昨日が最後で、もうそんな時間はないってことを思い知れ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。