白地図・アップデート

ずいぶん前のことになりますが、「行ったことのある場所を白地図に塗りつぶしたい」という話をして、その時点までに行ったことのある場所を塗りつぶした地図をアップしました。

あれから5年...

地図はどうなっているでしょうか?私の旅はどこまで進んだのでしょうか?

赤く塗る基準は「仕事かプライベートかを問わず、目的を持って行ったことのある場所」。経由地はカウントしません。「住んだことのある場所」は青く塗っています。

まずは日本。

Japan2018.jpg

これはだいぶ塗られてきましたね。目立つのは、あの当時全然行けてなかった四国が全て赤くなったこと。現時点で行けていないのは、三重、和歌山、鳥取、大分、鹿児島の5県ということになります。いつか必ず行くから、待っててね(誰に?)

続いて、世界

World2018.jpg

こちらはあんまり変わってないです。変わったのはニュージーランドが赤く塗られたことくらい。あとは仕事で繰り返し行っているロサンゼルスやラスベガス、ソウルの回数ばかりが増えていくという。同じような場所に何度も行ってるだけ...面白くない...。

というわけで、日本はあと少しですね。ぜひ全県制覇を目指したい。そして、世界。行ったことのない場所はまだいくらでもあります。少しずつでも赤くしていけたらいいな。
スポンサーサイト

Sennheiser MOMENTUM Free

IMG_5013.jpg

買っちゃいました!

以前にワイヤレスのイヤホンが欲しくて、いろいろ悩んだ末、BoseのSound Sportを買ったっていう話をしましたけど、あれからこのイヤホンの(僕にとっての)欠点 ―― 音漏れが激しい、低音ブーストが大きすぎる ―― がちょっと気になるようになってきまして。で、新しいモデルも出てるだろうし、もう一度探してみようかなと思い、電器屋へ。

条件は前回と変わりません。すなわち:

1. ワイヤレス(フルワイヤレスは片方失くしそうだからイヤ)
2. カナルタイプ(今回はこれが絶対条件)
3. 電話用マイク付き
4. 音質

20,000円までくらいの予算でなにかいいのはないかな、と、店頭に並んでいるサンプルを片っ端から聴いてみるんですが、どれもどうもシックリこない。

ってか、最近のモデルってどうしてみんなあんなに低音ブーストするんですかね?あるいは高音が出てないのかな?いずれにせよ、どれも妙に余計な味付けがされてるみたいで、イヤ。で、こりゃダメかなと思いながら、当初の予算をオーバーしてしまう(25,000円)ためそれまで試していなかったSennheiser MOMENTUM Freeを「ま、一応...」と思って試してみたら...!

これが!

なんと!

思わず一人で「そうそう、これこれ!」って唸ってました。それでも若干低音が出てる感じはしますが、上記4つの条件をすべてクリアするばかりか、それまでのどのモデルとも違う素直な出音。「予算オーバーになっちゃうなぁ...でもいいなぁ...う~ん...」とひとしきり悩み、「よし、今日は一旦クールダウンしよう」と帰りかけ、下りのエスカレーターに乗ってすぐ「...いや、今買わなきゃ後悔する!!」と、下りかけたエスカレーターを駆け上がり、購入に至りました。

では、これまでに気づいたこと。まずは長所

(1) 素直な出音、音質調整可能
余計な味付けがほとんどありません。これは僕にとって、とてもとても大事なことです。それでも音質が気になるようであれば、CapTuneというAppをダウンロードすれば、イコライザーで好みの音質に調整できます。これはBoseではできなかったことで、結構重要なことのように思います。

(2) 小さい本体
耳に入る本体部分が小さいので、耳への負担を感じません。カナルタイプなので、音漏れも最小限。

(3) さりげなく機能的
IMG_E5035.jpg

ケーブルが本体に接続される部分にさりげなくあてられたガイド。これが製品のシルエットを美しくし、かつ断線を防ぐ作りになっています。こういうところがドイツデザインのすばらしさ。あと、この写真だとちょっとわかりにくいんですが、ケーブルが表は黒、裏は赤になっています。これもおそらく機能性(極性)から来るものだと思いますが、気づくとオシャレ。


次に短所
(1) 無骨なデザイン
本来これは短所じゃないけどね。「ザ・ドイツ!」っていう感じの無骨なデザイン。Sennheiserの製品はいつもそうで、それがSennheiserのカッコよさなんだけど、小さい本体にひっそり入っている「S」のロゴマークと、コントローラー裏の「Sennheiser」の文字がなければ、とても25,000円するとは思えない地味さ。逆に言うと、「機能に関係しないものは一切付け足さない」という潔さはカッコいい。

(2) 操作が面倒
「次の曲へスキップ:音量ボタンを1秒長押し」っていう、この1秒が結構ストレス。Boseだと「再生ボタンを2回押し」で、こっちのほうがストレスを感じなかったような気がします。「電源を切る:停止ボタンを4秒長押し」とか、強烈。なのに、「自動電源オフ」みたいな機能はないところが危険。あと、「電池残量を知りたいとき:音量ボタンを短く押す」と書いてあるんだけど、これが一度でうまくいった試しがない。いろいろ試したところ、「再生停止後、5-10秒程度待ってから音量-ボタンを短く1回押す」とうまくいくことがわかりました。Boseだと電源On/Offのタイミングでしゃべってくれます。そっちのほうが便利。

(3) Shure掛けができない
これはほんとに盲点だった。この手のカナルタイプのイヤホンは、一度耳の上を通してから耳に入れる、いわゆる「Shure掛け」をしないと、ケーブルがこすれる「ゴソゴソ」というノイズが大きくなってしまいます。でもこのイヤホン、本体とコントローラーの間隔が狭すぎて、耳の上を渡せないのです。電車の中とかならまだしも、歩いてるときはこの「ゴソゴソ音」が結構気になります。店頭で試したときになんで気づかなかったかなぁ...

あと、これは欠点でもなんでもないけど、ナビゲートが英語のみです(w。Boseだと日本語にできたから、言語が変えられるのかなと思ったんだけど、できないみたい。せっかくだからドイツ語で聞いてみたかったのに(w。

それと、Boseのときには「できる」とは書いてなかった壁コンセントからの充電が、Sennheiserでは「できる」と明記してあります。そのくせ、USB-コンセント変換プラグは付属していないのはご愛嬌(w。(ちなみに1.5時間充電、6時間稼働です)

"PLAY" Self Liner Notes

Play_Thumb.jpg

"PLAY"
All songs lyrics, music & arranged by Takayuki Nishioka
Mastering by flash

Self Liner Notes


1. I Love You
今回のアルバムを作るにあたって、最初にできた曲。この曲がアルバムの方向性を決めたと言っても過言ではありません。エレクトロニックではあるがダンスやテクノではなく、作品としてそれぞれの世界観を持っているもの。今回のアルバムは、そういうコンセプトで進めました。

2. In-tension
全編に渡って、コードとベースが全音ズレたOnコードの関係になっています。それはつまり、コードの最高音が13thのテンションということ。なので、このタイトルです。

3. Photograph
本当に具体的なイメージが何もない状態からできた曲。タイトルがなぜPhotographなのかは、実のところ僕にもよくわかりませんが、”Photographs” でも ”A Photograph” でもない ”Photograph” というタイトルには、「何枚ものPhotographでも特定のPhotographでもない、具体的なイメージのない、概念としてのPhotograph」という意味が込められています。

4. Pointillism
ポン、ポンと短くはねるような音だけを使ってできています。持続音は一切使っておらず、すべてを点だけで表現した曲です。

5. Simulacrum
心象風景。後半に出てくる笛と太鼓の音は、日本で育った日本人である僕の心象風景にはそういう音がフィットするからであり、それ以上の民族的な意味はありません。いわゆる「シミュラクラ現象」とはあまり関係ありません。

6. Tokyo Boogie Woogie
3小節目から鳴り出すサンプリングのプリセット名が「Tokyo」だったのと、昔、この手のスリーコードの曲を書いて友人のギタリストに聞かせたら、「これはブルースっていうよりブギウギだな」と言われたのをなぜか思い出したので、このタイトルです。途中で出てくる都市名は、(首都ではなく)世界の大都市を、MacのText to Speechで各国の声で読み上げたものです。

7. Connecting
偶然手に入れたフロッピーディスクを読み込むときの音と、モデムにつなぐときのノイズがあまりに魅力的だったので、それをシーケンス上に並べて切り貼りしているうちにできた曲。微妙にリズムをズラしながら編集だけで作るのは、いつもの作曲とは全然違う楽しさがありました。

8. Passpied
パスピエは、17-8世紀にパリで流行した、テンポの早い舞曲。全体的な雰囲気がそれっぽかったので、大好きなドビュッシーへのオマージュも込めてこのタイトルにしました。

9. Waltz -for a holiday of home electronics-
家電たちの休日のためのワルツ。家族はみんな出かけて、家には誰もいなくなった昼下がり。つかの間の休日となった家電製品たちータイマーやエアコンや、ミニゲーム機やパソコンが、自分の出せる音を使って演奏を楽しんでいます。やがて冷蔵庫や洗濯機がドアを開け締めしたりモーターを動かしたりして、低音パート担当として演奏に加わります。後半でメインメロディを担当するのは、この家のディーバ。途中で古いラジオのおじいさんがチューニングの合わない音で一緒に歌いだしますが、彼女はこのおじいさんが大好きなので、少しもイヤではありません。

10. Cinétique, Phonétique
動的に、音声的に。「音」と「声」が躍動的に飛び回る風景。

11. Sunny Day
今回のアルバムで一番のお気に入り曲。イメージとしては、歌っているのはホームロボットです。いろんなことがあるけど、アナタがいてくれればボクはシアワセ。今日もいい天気になるよ。

2nd Album 『PLAY』リリース!

やっとできました!全曲未発表のオリジナル・アルバムです!

Play_Thumb.jpg

2nd Album 『PLAY
  2,200円(1曲200円)

1. I Love You
2. In-tension
3. Photograph
4. Pointillism
5. Simulacrum
6. Tokyo Boogie Woogie
7. Connecting
8. Passpied
9. Waltz -for a holiday of home electronics-
10. Cinétique, Phonétique
11. Sunny Day


本当は去年の末頃にリリースするつもりだったこのアルバムですが、途中で「もっと『エレクトロニクス』を追求してもいいのではないか」と思いたち、アルバムコンセプトを大幅に見直しました。そこで、それまでにリリースのために溜めていた曲を数曲ボツにし、新たにゼロから作り直したりしました。

今回のアルバムのテーマは『エレクトロニクス』です。「テクノ」でも「ハウス」でもなく、『エレクトロニクス』。踊れるものから実験的なもの、クラシカルなものまで、曲調はいろいろなので、ぜひ全曲通して聴いてから、お気に入りの曲をお選びください。

マスタリングは前作『Landscape』同様、Flash氏です。「違うヘッドフォンで聴いたら音がおかしい」と伝えたら、それと同じヘッドフォンをわざわざ買って確認するプロ魂。しかと見させていただきました。彼にマスタリングをお願いすると、音が皮一枚むける感じ。色で例えると、コントラストがついて、明るくエッジが立つ感じになります。すごいなぁ。

2nd Album 『PLAY』は、以下からご購入・ダウンロードいただけます。よろしかったらぜひぜひご購入のほど、どうか、どうかよろしくお願いします!!iTunes Storeでは1曲\200、アルバム価格\2,200です!


(リンクがないものは"Takayuki Nishioka"で検索してください。また、配信にあと数日必要なサイトもあります。これらのサイトについては、近日中にアップデートいたします)

​iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/play/1390421720

Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album/Takayuki_Nishioka_PLAY?id=Bdou54qyqjcmxpxfmbyitaktjoa&hl=ja

Apple Music

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DBXJMWH/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1527509416&sr=1-1-mp3-albums-bar-strip-0&keywords=Takayuki+Nishioka

music.jp

ORICON

Spotify

kkbox

More

レコチョク

Line Music

AWA

うたパス

Smart Usen

OTOTOY

R Music

My Sound

DEEZER

着信・うた by KONAMI

一人前

いつまでも「あけましておめでとう」がトップ記事っていうのもなんなので、何か書こうかと。

焼肉の「一人前」って何が基準なんでしょうね?

あれ、「一人前」ってことは、あれで一食分ってことでしょ?例えばお昼にカツ丼を食べに行って、「カツ丼1つね」って言ったら、出て来るのはカツ丼一人前...すなわち一食分ですよね。一気に二人前食べる人もいなくはないだろうけど、普通は一人前、ひょっとしたらそれの大盛りくらいで十分なわけじゃないですか。

でも、焼肉のカルビ一人前だと間違いなく足りませんよね。焼肉屋に行って、ビールとカルビ一人前で帰る人って、見たことないでしょ?四人で焼肉屋さんに行って、合計四人前で帰ったことあります?ないでしょ?

とすると、あの「一人前」の量は何が基準で決まってるんでしょうかね?「これが食えたらお前ももう一人前だな!」っていう意味?だとしたら、大きなお世話でしょ。こちとら仕事して給料もらって、牛丼に生卵を付けるくらいのことはできるくらいは稼いでるんだ。大盛りにするとちょっとドキドキするけど。

...ってなことを、今日の昼に焼肉定食を食べながら思ったっていうお話。お昼の焼肉定食は、十分一人前なんだよね。

新年

みなさま

あけまして

 おめでとう

  ございます


初夢に「シンセ間をMIDIケーブルでつなごうとしてるんだけど、なぜかうまくつながらなくてものすごく焦ってる」夢を見たニシオカです。この夢、昔から結構見るんだけど、よりによって初夢に見なくてもいいのに…

さて新年、いかがお過ごしでしょうか。わたくしはいつもどおり自堕落な新年を送っております。新年は出来得る限り自堕落になることにしてます。一所懸命自堕落。それこそが日本の正月なのだ。

さて、これも毎年恒例の今年の目標ですが、もうなんといっても

2枚目のアルバムを出す(後編)

これはもう必ず出す。去年のリベンジを果たすのです。なにしろそのために元日から曲作りに入っているという熱の入れよう(さっき自堕落になるって言ってたぢゃないか…)

あと、これは結構真剣に考えてるのが

柔軟ストレッチ

体が硬いのです。それはもう驚異的に。で、昔からやろうやろうと思ってたんだけど、なかなか続かない。
なので、今年は本腰いれて続けてみようかと。目指すは体べったり二つ折り。

後はこのブログだけど、去年みたいな体たらくにはしないようにしたいな、と。もうちょっとちゃんとボケようと。「まじめかっ!」みたいなツッコミは褒め言葉じゃないのよ!そんなもの、誰も求めてないのよ!もっとボケなさい!


そんなわけでみなさま、

本年もよろしくお願いいたします!


2017年まとめ

はい、そういうわけで、今年もあと2日でございます。
年末恒例の「今年の反省」ブログですが…

今年は反省すること「しか」ない…

今年の年始に立てた目標は2つ。

1. 今年中に2枚めのアルバムを出す。
…前回のエントリーに書いたように、間に合いませんでした。でも、ちょっと明るい兆しもありまして、あの後突然「これだ!」と閃いた方向性がありましてね。その直感に従って曲を書いたら、これまで1年かかって5曲しかできなかったのに

この1ヶ月で一気に4曲できた。

なんだろうな、このバランスのなさ…。でも今、かなりノってきてるのは確かです。この調子を失わずに行きたい。

2. このブログをもうちょっと書く
これも惨敗…。ってかね、軸足が完全にFacebookに移っちゃってるのよね。短い文章ならあっちで十分なわけですよ。今回みたいな長文を書きたいときはどうしてもこっちなんだけど、そういうこともあんまりないんだよね。で、書かないと書けなくなるっていうかさ、文章が長く続かなくなるんだよね。これもちゃんとリハビリしなきゃな…

ま、そんなわけで、苦い反省しかない2017年。みなさんはどんな年でしたか?僕みたいに今年の積み残しがある方も、来年はいい年にしましょうね!

ではみなさま、

よいお年を!

一年越しの…

ちょーーーーー久しぶりのエントリーです。今年、結局1月に書いて以来今まで書いてないんですね。なんてこったい。

それなのにこんな話ってのもなんですが、そろそろ今年も終わりのこの時期に言っておかないといかんなかな、と。

このエントリーの2つ下、今年の1月3日のエントリーで宣言した今年の目標『今年中に2枚目のアルバムを出す』ですが

無理っす

ダメでした。アルバムにまとめられるほどの、お金を払っていただくほどの曲数を作れませんでした。

数えてみたら、今日までに完成・未完成含めて49曲作ってました。アルバムとしては半分くらいまではなんとか形になってるんです。でも、このままじゃ出せないです。

そんなわけで、もう少しあがかせていただきたく。今数えてみたら、このエントリーがちょうど600回目。その節目の記事がこんな内容なのもなんともやりきれませんが、来年。なんとか来年。

Bose SoundSport

SoundSport.jpg

買ってしまいました!去年の年末に!

それまで使っていたM-Audio IE-40がケーブル断線で使えなくなってしまい、本体部に問題はなさそうなので、ケーブルだけ買い換えれば指し直して使える仕様ではあるのですが、そもそもケーブルがあるから断線するのだ、と。この際ワイヤレスにしちゃえば、断線もなにもないではないか、と。あの邪魔なケーブルから解放されるし、いいではないか!

ちなみにワタクシ、スポーツはいたしません(きっぱり)。スポーツ目的でワイヤレスにするわけではないので、SoundSportの「防滴仕様」とかは、正直どっちでもいいのです。通勤・外出時にiPhoneで音楽を聴くためのヘッドフォン。条件としては

1. ワイヤレス
2. カナルタイプ(というか、「オーバーヘッドではない」。持ち歩くので、大きいのヤダ)
3. 電話用マイク付き
4. 音質

この4つ。で、これを買う前にネットでワイヤレスヘッドフォンをいろいろ探してみたんですが、SenheiserもAKGもワイヤレスのカナルタイプヘッドフォンって出してないのね。ひょっとしたら出してるのかもしれないけど、見つけられなかった。で、以前からとても興味のあったBose SoundSportを選ぶことにしました。ノイズキャンセリングもとても興味あったんだけど、上の条件の(2)にひっかかる。首にかける部分が思った以上に大きいのですよ。使わないときはカバンの中に雑に突っ込むニシオカとしては、あっという間にカバンの中で壊しちゃいそうで不安。

というわけで、Bose SoundSport。実使用はまだ2日程度ですが、これまでに気づいたことを書いていきます。

(1) 音質
良くも悪くもBoseの音です。低音出過ぎ、高音キラキラの、いわゆるドンシャリなBoseの音。個人的には、Boseの高音はそんなに嫌いではないのですが、この低音はいかんともしがたい。聴く音楽によっては素晴らしく迫力のある音になるかもだけど、モニタリングのようなそのままの音を聴きたい用途にはまったく向いていません。

それでもこれにしたのは、店先で試聴したとき、周りの雑音の中でBose独特のクセがそれほど気にならなかったから・・・いや、曲によっては気にしだすと気になっちゃうんですけど、このとき手持ちのiPhoneの中で試聴した曲がBasiaの"Drunk On Love"でして、これがなんだか良かったのです。店先のあの喧騒の中でこれだけクリアに聴かせてくれるんなら、(このヘッドフォンはこういう環境で聴くために買うのだから)悪くないぞ、と。

(2) 装着感
感覚としては、「耳のそばに置かれてる」感じ。カナルタイプのヘッドフォンは、僕の感覚で言うと耳の中に「これでもかっ!」と押し込み、ガッツリ固定してから聴くものなのですが、SoundSportはそうなりません。というか、チップ(耳に差し込む部分)がそういう形状になっていないので、そうはできません。チップについている翼のような部分が耳の中で本体を支える構造になっています。本体には大・中・小の3つのサイズのチップがついていますが、違うのはこの翼のような部分の大きさで、耳に差し込まれる部分の大きさはほとんど変わりません。

この「置かれる感じ」が、装着感としてはなんだかとても不安なのですが、使っている最中にズレたり落ちかけたりすることはありません。名前の通りスポーツ仕様なのでしょうから、多少の動きで落ちるんじゃ困るわけです。なので、不安感はあるものの、不思議にズレたりしない。耳の穴の中で支える構造ではないので、耳が痛くもならない。

この不安感、実はまだちょっと違和感があります。このあたりは慣れの問題なのかも。ただ、とにかくワイヤレスの身軽感は本当に本当に快適!!何かをするたびにまとわりつく、あのケーブルがないというだけで晴れ渡る気分なのです!

(3) 充電
そう。ワイヤレスの宿命として、充電が必要なのです。iPhone、iPad、iQOS、そしてあぁ、また充電するモノが増えた・・・。

2時間充電で6時間使用。USBケーブルでの充電ですが、iPhoneみたいにコンセントに直に指して充電することはできません。いや、できないのかどうか、どこにも説明がないので分からないのですが、コンセント用のアタッチメントがついていないのでダメなのでしょう。ということは、充電するためにパソコン(か、USB充電器)が必要ってこと。これは実は、なかなかに面倒な仕様な気がしてます。


というわけで、これからはコイツが私の「お耳の恋人」です。実は大切な要素「耐久性」がどの程度なのか、これから本番で試していきたいと思います。

あけましておめでとうございます。

新年!

明けた〜〜〜!


というわけで、改めまして、新年あけましておめでとうございます。
皆様、良いお年をお過ごしでしょうか。

さて、昨年最後のブログで引っ張ったまま終わった今年の目標ですが、

2枚目のアルバムを出す!

これを今年の目標にしたいと思います。

で、ついては、

このアルバムはネット未発表曲だけで作ろうと思います。

したがって、

おそらく今年はネットに曲は発表しません。

アルバムにするとなると、最低でも8-10曲くらいは欲しいでしょ。アルバムをネット未発表曲だけで作ろうとなると、とてもペースが間に合わないのですよ。ってか、冒頭でぶち上げちゃったはいいけど、今年中にできる自信がまるでないのよね。昔は「1ヶ月に1曲!」とかやってた頃もあるんだけど、クオリティを保とうと思ったら、そういうの、やっぱ無理じゃん。

そんなわけで、今後しばらく、ネットだけ見ると何もしてないように見えてしまうかもしれませんが、やってるんだなと思ってあげてください。

で、そうなると、このブログの役割が大事になってくるのです。「あ、まだ生きてるな」のサインとしてね。なので、目標のもう一つ

もうちょっとここに何か書こうよ。

これをもう一つの目標といたします。

言い回しがものすごく曖昧なところが、決意の低さの現れ。

そんなわけで皆様、昨年同様、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年を!

そんなわけで、2016年もあと7時間を切りました。みなさま、年末のご用事はお済みでしょうか?私は、済んでないけどこんなものを書いてます。何か?

さて、今年を振り返ってみますと、なんといってもアルバムリリースでございます。長年の夢だったアルバム販売が、ついに実現したのでした。


Landscape _Thumb

『LANDSCAPE』 (\1,800)
1. Intro
2. Blue Sky
3. Romantic Headache
4. Blue Stone
5. Chu Chu Chu
6. Silver Hawk Jack
7. Phonon
8. Delicious
9. Landscape

いや、ほんとにうれしい。
しかし、出すだけでは意味がない。是非買っていただきたいのです。みなさんも、お年玉をもらったら是非買ってあげてください(何歳向けの日記なんだ、これは)

iTunes Store
https://itun.es/jp/I4lKgb

Apple Music

Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MXVRQLT/ref=dm_ws_sp_ps_dp

Prime Music (Amazon Prime)
(2017年3月8日より販売開始)

Music.jp

ORICON
(2016年12月13日より販売開始)

Spotify

kkbox
https://www.kkbox.com/jp/ja/album/IRTFXv7j3G7pZ0F1FiXZ009H-index.html

mora

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005531935/?affiliate=4350010196

LINE MUSIC

Google Play
https://play.google.com/store/music/album/Takayuki_Nishioka_Landscape?id=Bsujtbhvxtwalyebsg7a2shs4jm&hl=ja

AWA
(2016年12月10日より販売開始)

うたパス

スマホでUSEN

楽天MUSIC


それ以外には・・・とブログを読み返すと、NumberOneMusicで1位というのもありましたね。

で、あとは新曲リリースのことくらいしか書いてない。ん〜・・・まぁ、そのためのブログでもあるのでいいんですけど、告知ばっかりってのは、典型的な「面白くないブログ」。これじゃいかんな。

ってかね、前にも書いたかもしれないけど、普段のことはFacebookで書いちゃってるので、ここにあんまり書かないのよ。とはいえ、それが故にここが無味乾燥になっていくのは本意ではないのです。うん、来年はちょっと考えようっと。

さて、2017年の決意ですが、すでに心に決めていることもあったりします。が、それは来年はじめの「あけましておめでとうブログ」で書くことにします。ほら、気が変わるかもしれないし(ちょー弱気)。

そんなわけでみなさま。本年も大変お世話になりました。来年も変わらぬご愛顧のほど、ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください!

1stアルバム『Landscape』 iTunes Store等で販売開始!

皆様!

本日12月8日、Takayuki Nishioka初の1stアルバム『Landscape』をリリースいたしました!
iTunes Store、Google Play、Amazon Music等でダウンロード販売を開始しております!


Landscape _Thumb

『LANDSCAPE』 (\1,800)
1. Intro
2. Blue Sky
3. Romantic Headache
4. Blue Stone
5. Chu Chu Chu
6. Silver Hawk Jack
7. Phonon
8. Delicious
9. Landscape


ネット未発表曲2曲(「1. Intro」「9. Landscape」)を含む、全9曲入り!
全曲Flash氏によるリマスタリング!

アルバム・ジャケットの写真もFlash氏です。

これまで発表した曲達から厳選した7曲(リマスタリング)+未発表曲2曲(「Landscape」はこのアルバムのために書き下ろした曲です。)いわば、ここ10年の集大成です。
1曲200円。9曲で1,800円です。よろしければ、是非買ってやってください!


アルバム『Landscape』は、以下の各サイトでお買い求めいただけます。

iTunes Store
https://itun.es/jp/I4lKgb

Apple Music

Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MXVRQLT/ref=dm_ws_sp_ps_dp

Prime Music (Amazon Prime)
(2017年3月8日より販売開始)

Music.jp

ORICON
(2016年12月13日より販売開始)

Spotify

kkbox
https://www.kkbox.com/jp/ja/album/IRTFXv7j3G7pZ0F1FiXZ009H-index.html

mora

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005531935/?affiliate=4350010196

LINE MUSIC

Google Play
https://play.google.com/store/music/album/Takayuki_Nishioka_Landscape?id=Bsujtbhvxtwalyebsg7a2shs4jm&hl=ja

AWA
(2016年12月10日より販売開始)

うたパス

スマホでUSEN

楽天MUSIC

NumberOneMusicで1位

誰にも言ってなかったんですが、最近「NumberOneMusic」というサイトに曲をアップロードしていました。

このサイト、無料で音楽を登録できるんですが、無料だと登録できるのが3曲まで。しかも、最初に登録したときに「SoundCloudと同期する」という項目に「Yes」としたら、新しい曲から3曲同期されて、以上、終了。もう新曲は登録できない、という。

なので、誰にも言わなかったのでした。なんだ。どうにも使いようがないや。

で、もういいやと思っていたんですが、今年のはじめにリリースした「Blue Sky」という曲が、このサイトで1位になってました。


https://www.numberonemusic.com/charts?geo=local&country_id=108&genre_id=27&query=&my=0

いえ、「Japan」の「Electronica」ジャンルでの1位ですけどね。

ちなみに、「Japan」の「All Genre」ランキングだと、今日は7位(過去最高3位)。「Global」の「Electronica」ジャンルだと31位。

というわけで、久しぶりの「1位」。よかったら今のうちに、上のリンクから見ておいてやってください。

ソニー vs 任天堂(あるいはPS vs Switch)

Nintendo Switchが発表されました。

僕は別にゲームマニアじゃないけど、ソニーや任天堂のゲーム機がリリースされるたびに気にして見てます。

で、いつも思うのは、ソニーと任天堂のゲーム機に対してのアプローチの違い。大げさにいえば、両者の「ゲーム機に対する哲学の違い」です。

ソニーはPSを「エンターテイメント・センター」にしようとしているみたいです。Blu-Rayが再生できる。グラフィック性能がすごい。なんだったら4Kだって再生できちゃう。すごい。

一方、任天堂のほうにはそういった項目はあまりフィーチャーされてきません。SwitchのときもWii Uのときも、古くは64のときもそうだったんですが、ゲーム機のスペックはほとんど全面に出ない。今回のSwitchもそうですが、同時期のマシンスペックだけでいったら、PSのほうが上に見えるんです。

でも・・・

でもね。

僕らは楽しいゲームで遊びたい。はっきり言ってしまえば、ゲーム機のスペックなんてどうでもいいです。楽しいゲームで遊べればそれでいいんです。なんだったら、グラフィックのレベルはスペースインベーダー程度だって全然構わない。インベーダーが他のゲームより面白ければ、それで十分なんです。映画も見られるゲーム機より、映画は見られないけどマリオが遊べるゲーム機のほうがずっといいわけです。

任天堂はそこを知っている。だから、彼らはいつでも「そのゲーム機でどんな楽しいゲームができるか」にフォーカスを絞っているように思えます。「あれもこれも、全部できます」ではなく、「こんなに楽しいゲームが遊べます」っていうポイント。マリオが、マリオカートが、スプラトゥーンが、このゲーム機でこんなに楽しく遊べる、っていうことのほうが、Blu-Rayが再生できます、ゲームのグラフィックがきれいです、なんていうことよりずっと大事なことのように、僕には思えます。

3DOやサターン、Xboxといったゲーム機戦争を戦って勝ち残ったのはソニーと任天堂だけなわけですから、どちらが正しいという話ではないのです。逆に言えば、この両者は「ゲーム機がとるべき2つの形」を提示したからこそ生き残っているわけです。しかし、もしこれが最後の2つの形なのだとしたら、僕は任天堂的な哲学のほうが好きです。

というわけで、僕の家には64もWii Uもありますが、PSは買ったことはないし、ほとんど遊んだこともありません。

わりと切実なお願い 〜ボーカリストの皆様へ〜

親愛なるボーカリストの皆様

メール等で歌をお願いした時、歌う気がないなら「歌います」とか「頑張ります」とか言わないでください。
歌う気がなくなったとか、歌えなくなったのなら、その時点で連絡をください。

何も言わずに放置するのだけは、どうか、どうか、やめてください。

去年から今年にかけて、計4人の方に同じことをされています。最初のお返事はとても歯切れが良く「ぜひ歌わせてください!」なんて言っていただけて、それでカラオケと歌詞と僕が歌ったサンプルファイルを送ると「頑張ります!」なんてお返事を頂けるのですが、それっきり。「あれからどうしました?」なんて確認のメールを送ると返事がこない。「今忙しくて」なんてお返事を頂ける場合もあるのですが、「歌う気はあるけど、時間がなくて」なんて言って、結局歌わない。何が困ると言って、そう言われちゃうと他の人を探すこともできないわけです。他の人を探した途端に「できました」なんて言われたら、こっちから誘った新しい人を断らなくちゃいけなくなるでしょ。

確かに僕の曲はただの趣味です。締め切りはありません。お金にもなりません。でも、それはそれなりに心を砕いて作っているのです。「歌う、歌う」と言われて時間を伸ばされて、結局どこにも発表できなくなるのは、そりゃ辛いのですよ。それなら「こんな曲歌いたくない」と断られた方が何倍もマシです。すぐに新しい人を探せますから。

そんな曲が、手元に何曲もあります。みんなに聴いて欲しいと思って一所懸命作った曲ですが、未だにどこにも発表できません。このままだと、これらの曲は全部ボツになります。

繰り返しになりますが、ボーカリストの皆様

歌う気がないなら「歌いたくない」と言ってください。歌う気はあるけど時間が取れないなら、「○日後には歌えます」と教えてください。その後、予定が変わってまた忙しくなったなら、そう言ってください。

お願いですから、黙って捨てるのだけはやめてください。

どうか、どうか、お願いします。

言い訳!

ども、ニシオカです。

年明けから全然ブログを更新しないまま、今日に至ってしまいました。
なぜ今日までブログを更新しなかったのかというと、まず喪中だったので、世間のお正月の空気がひと段落してからにしようと思ってたら、ダラダラと今日になってしまったから。

それと、年明けすぐにロサンゼルス出張とかあって、その後また神戸に一週間いたりして、やたらバタバタして書くタイミングを逸してたから。

ではなぜいま急に書いてるかというと、今日書かないと1月の記事が0本になっちゃうから。

それと、来週ソウル出張があって、またバタバタするから。

なんだよもう・・・出張の話ばっかじゃんよ(--;)

いやマジな話、年明けから全然落ち着かないどころか、フルスロットルであちこち飛び回らされてまして、本当に落ち着かないのですよ。せっかく買い換えた新しいMacも活躍させる時間がないという。新しいワイヤレスキーボードにはテンキーがなく、これがないとReasonにしてもPro Toolsにしてもショートカットが使いづらいので、早く買わなきゃと思いつつ、いいデザインのがなくてまだ買ってないし。うまくいかねぇなぁ、ほんと

なんだよもう・・・今度は愚痴かよ(--;)

ってなわけでこのブログ、やっと新年の始動を迎えたわけですが、安心してください。書いてますよ(なんだよもう・・・最後はパクりかよ)

良いお年を

いやぁ、すっかりご無沙汰になっちまいました。ついにここまで放置になってしまうとは、このブログを開設した当初は想像もできませんでしたが。何も書かないまま年末ですもんね。

ってか、ちょっとだけ言い訳させてもらうと、Facebookにはちょこちょこ書いてるんですよ。で、それで書いた気になっちゃうのね。なので、ついこっちを放置してしまう。実はそれなりに大きな事件も起きてるんだけど、Facebookに書いたら満足しちゃうのね。このブログもFacebookにフィードしてるので、だったらこっちを先に書けばいいんだけどさ。わかっちゃいるけど、ついやっちゃうんすよねぇ。

で、この辺で年末恒例の「今年の出来事」を書いておかないと、書かないまま終わっちゃいそうなんで。

まず一番大きな事件としては

父が亡くなりました。

・・・いきなり深刻な出だしで申し訳ないけど。

春頃に調子を崩して入院してたんですが、9月2日に息を引き取りました。何にも親孝行してやれなかったし、正直、後悔しか残ってないです。けど、とにかく死に目には会えました。

というわけで、正月は喪中なのです。

え〜っと・・・

・・・あ、明るい話題としては、年末にどか〜っとマシンを一新しまして。最新のiMacとiPad Proを購入いたしました!5K Retinaディスプレイ。いやぁ、画面デカイ!そんでキレイ!iPad Proもデカイ!そんでキレイ!そんで、早い!音楽やるだけならそんなに要らねぇだろってくらい、グラフィックもメモリも贅沢しちゃいました。

音楽的には、今年のリリースはklix*で2曲。個人名義で4曲でした。2か月に1曲ペース。最低でもこれくらいはコンスタントに出したいです。久しぶりに個人名義で何曲か出せたし、悪くはなかったかな。

いいことも悪いこともいっぱいあります。でもね、そういうのを全部吹っ飛ばしてリセットできるのがお正月のいいところ。皆さんはどんな年末をお過ごしでしょうか。どうか、良いお年を!

ここまで忘れるとは

何も言えなくて・・・夏

いや、まいったね、しかし。ほんとに何も言えない言わない夏になってしまった。

Facebookの方には結構ちょくちょく何か書いてたんですが、ブログのことは完全に忘れてました。別に何もしてなかったわけではなく、Simcityで遊んだりCandy Crushで遊んだり、Cooking dashで遊んだり「お、Angry Birdsって2が出たんだ」とか。そんな充実した日々を送っておりました。

ウチのiMacもそろそろ疲れてきたらしく、画面に一本縦線が入るようになってしまいました。おそらく液晶画面の故障。iMacはモニター一体なので、こういうとき交換できないわけです。もうかなり長いこと使ってますし、そろそろ買い替えかな、とか思ったりして。で、現行のiMacはCDスロットとかついてないから、これまでのCDやDVDのエロライブラリーを全部USBメモリーにコピーする作業とかやってました。まだ買い替えも決まってないのに。いやぁ、充実してるなぁ(あれ?涙が・・・)。

音楽もやってはいるんですが、なかなか出せない。これも結構なストレスでね。焦ってもいいことないので、ここはじっくり行くつもりではありますが、とはいえそろそろ何か出したいという思いが募っております。募る思い。すごく重い。

2ヶ月以上空けて久しぶりに書いたブログがこれかよと思うと・・・いやぁ、充実してるなぁ、っとくらぁ!!

作曲・編曲講座 HTML5化 完了

前回お話しした「作曲・編曲講座 HTML5化計画」、めでたく全ページ完了しました。

・・・HTML5化っていったって、要するにサンプル音源の再生をQuickTimeではなくHTML5にしたってだけで、それほど大したことはしてません。ぱっと見た目は何も変わってないです。ただ、これで音源の再生にQuickTimeは必要なくなるし、NPAPIをサポートしない次の新しいバージョンのChromeでも問題なく再生できるはずです。

逆に、HTML5をサポートしていないような、あんまり古いバージョンのブラウザーだと再生できないと思いますが、そんなときはお手持ちのブラウザーをアップデートしてくださいませ。

というわけで、今後共ご愛顧のほど、よろしくお願いいたしますです。

作曲・編曲講座 HTML5化計画

ちょっと前のブログで、「Google ChromeがNPAPIサポートを終了するので、『作曲・編曲講座』のQuickTimeが再生できなくなる」という話をしました。

あのときは「Flashを使うんですかね?」とか言ってたんですが、とある方から「HTML5でしょう」というアドバイスをいただき、なるほど、と。

で、どうしたらいいのか、あちこち調べまわって、やっと方法を見つけました。わかってしまえばとても簡単で、これまでQuickTimeで指定していたmp3ファイル再生の部分を

<audio src="xxx.mp3" controls></audio>

と書き換えるだけ。これまで、QuickTImeプラグイン再生のときには6-7行使っていたソースが、たったの1行。う〜ん、便利になったもんだ。

そんなわけで、この方法に従って作曲・編曲講座の全サンプル音源をHTML5に対応させていきます。まずはBasicから。その後、Advance、ミキシング講座、制作日記と、順次対応させていきます。

これまでのところ、Basicの作曲編、コード編、コード進行編の対応を完了しています。HTML5に対応させたこれらのページは、Safari(Mac、iPad)、Chrome、Firefoxで再生を確認していますが、それ以外のブラウザーでも何か不具合があったら教えてください。

・・・「書き換えるだけ」なんて簡単そうに言いましたけど、正直言いまして、ものすごくめんどくさいです(^^;)。こういうの一発置換してくれるツールってないんですかね・・・。

またかよ!(あるいは「マジで、誰か教えてください」)

いやぁ、まいった・・・

2年ほど前にSafari(というか、Mac上のWebブラウザー)がmidiをサポートしなくなったことで、すべてをmp3に置き換えなきゃならなくなった「作曲・編曲講座」ですが、今度はChromeです。

2015年9月をもって、ChromeがNPAPIサポートを終了するそうです。そうなると、ChromeではQuickTimeプラグインは起動できなくなります。NPAPI非サポートは、実は今のバージョンのChromeでもそうなっていて、ただ現在のところは、設定でNPAPIをOnにできるようになっています。それをOnにすれば、今は大丈夫。でも9月以降はどうにもできなくなります。つまり、今度は9月までに、講座内のすべての音素材をNPAPIではない手段・・・例えばPPAPI Flash埋め込みとかにしなきゃならないってこと。

・・・「NPAPIが終了なので、今度はPPAPIに」とか、わかったような事書いてますけど、実は自分で何を言ってるのかさっぱりわかってません。えぬぱぴ?ぴーぱぴ? ってか、ここに辿り着くまで大変だったんだから。いきなりQuickTimeが再生できなくなってるから、「何が起きたんだ!?」と慌てて、調べて調べて、やっと。「PPAPIのFlash Playerで埋め込み」っていう手段で合ってるの?で、それをするにはどうしたらいいの?

もうね・・・ほんといい加減にしてほしい。レガシーなテクノロジーを急いで締め出すことで、ユーザーにどういう恩恵があるんだろう?・・という根源的な問いはこの際置いておくとしても、この種の事態と対応は複雑になる一方で、昔はそれでも意味のわかる対応をすればよかったんだけど(midiをmp3に変換するとかね)、今回のは皆目検討がつかない。僕はいったいどうすればいいの?

マジで、誰か教えてください。

交差点でうおーさおー

問題:

今日の昼下がり。昼飯を食べようとオフィスのエレベーターを下りながら「久しぶりにあのラーメン屋にでも行ってみようかな」などと考えつつ、オフィスのビルの前のかなり大きめな交差点の、待ち時間の長い信号を渡りきったところで、オフィスに携帯を充電したまま忘れてきたことに気づき、「うわ、まいったな・・・このままラーメン屋に行っちゃうと、20-30分連絡つかなくなっちゃうもんなぁ・・・仕方ない、取りに戻るか」と一旦交差点に戻りかけ、「いや、待てよ、ラーメンをあきらめて、このままコンビニで弁当でも買って帰った方が効率的なのでは?」と思い立ち、コンビニに入りかけたところで「いやいや、一旦ラーメンで期待した口に、今さらどんな弁当を選んでも不満しか残らないのでは?」と思い直し、やはり交差点に戻り、オフィスのビルの前のかなり大きめな交差点の、待ち時間の長い信号を渡り、エレベーターに乗ってオフィスへ戻り、携帯を取ってもう一度エレベーターへ。エントランスまで降り、オフィスのビルの前のかなり大きめな交差点の、待ち時間の長い信号を渡りきったところで「急な来客があるんだけど、今から同席できる?」というメッセージを受け取り、コンビニで弁当を買って、オフィスのビルの前のかなり大きめな交差点の、待ち時間の長い信号を渡って帰りました。このとき:

ラーメンを食べるなら携帯を持って行かなくちゃ、という理由でわざわざ取りに帰った、その携帯のせいでラーメンが食べられなくなったとき、ニシオカのとった上記の行動を2文字で総括せよ。


答え:

バカ

ラスベガス

ラスベガスに行くっていう話、したっけ?

先週までラスベガスにいました。カジノとショーの街・ラスベガスで、カジノもショーも観ないで仕事三昧。ラスベガスのコンベンションセンターで、毎年この時期に大きな展示会があり、なので2006年までは毎年のように行っていました。それが、様々な事情でぱったり行けなくなり、今年本当に久しぶりにまた行くことになったのでした。そっかぁ、9年ぶりかあ・・・。

IMG_2940.jpg

IMG_3040.jpg

変わってないところもあれば・・・

IMG_2935.jpg

変わったところもあるなぁ。このホテル、前に来た時はなかったもんね。

今回泊まったのはCaesars Palace(シーザーズ・パレス)
IMG_2937.jpg

ストリップ沿い(ストリップ(The Strip)っていうのは、ラスベガスの真ん中に通る大通りのこと。変な誤解をしないように)のホテルに泊まるのも、本当に久しぶり。

IMG_2927.jpg

アメリカのホテルは、ベッドがデカいのがとにかくいい。僕みたいに体のデカい人間でも、ベッドに斜めに寝て手足をおもいっきり広げられます。う~ん、素晴らしい。

さらに、ラスベガスのいいところは、基本、喫煙が自由なところ。いまどきタバコが吸える客室があるのなんて、ラスベガスくらい。カジノ内もどこでどう吸おうが勝手です。う~ん、パラダイス。

Caesars Palaceのいいところは、バカみたいにでかいショッピングモール「Forum Shops」がつながっていて、おみやげとかには困らないところ。今回泊まってみて気づいたダメな点は、部屋の水が有料なところ。普通、ペットボトルの水はタダでしょ。なのに、1本$7。フリーの水はありません。コーヒーは4回分で$13。このあたりは完全にラスベガス価格。

仕事の詳細については、いつもどおり書きません。興味もないだろうし。その仕事のおかげで、ラスベガスらしいことは何一つしていないので、楽しいこともあんまり書けません。なので、せめて食事のことでも。

このホテルには、ずいぶん前に来た時にも来て、とてもおいしかった記憶があるレストランがあるのでした。名前は「MESA Grill」。たった今知ったんですが、ここのシェフであるボビー・フレイという人は、相当の有名人なんですね。あの「料理の鉄人」にも出てたんだそうな。

IMG_2971.jpg

このフィレミニヨン・ステーキがもう、ほんとに絶品。写真だと「黒焦げの肉塊」にしか見えないかもしれないけど・・・そして実物を見ても「黒焦げの肉塊」にしか見えないんだけど、これが本当に美味しいのです。その代わり、お値段もこの一皿で$50ですので、それなりの覚悟は必要です。けど、これは是非食べて欲しい。

IMG_2974.jpg


デザートも食べて欲しい。タルトのお皿の温かいチョコレートソースの海につかったブラウニー。ベタ甘くなくて美味しい!そして、スパイシー・アイス。そう、このアイス、辛いのです。

他にもクラムチャウダーとかロブスター(これも$50)とか、どれもこれも本当に美味しい。ザガットサーベイとかレストランウイークとかでも高評価のお店。アメリカでステーキを食べて「あれ?こんなもんなの・・・?」と幻滅しちゃった方は、是非この店でステーキを食べてください。ステーキで言うならもう一つ、Rioというホテルの「VooDoo Cafe」という店もとてもいいですが、ストリップから離れてしまうのでちょい不便。

かなりシュールな絵でした

朝の通勤電車で、僕の前に立っていたおっさんが黒いヘッドホンで音楽を聞いていて、ちょうど耳の部分が影に隠れていたので、僕の位置からはおっさんが黒いカチューシャをしているように見え、一度カチューシャに見えると、ヘッドホンだとわかった後でももうカチューシャにしか見えなくなってしまい、おっさんが通勤電車の中でカチューシャをして普通の顔をして立っている絵がおかしくておかしくて。

サイゼリヤ1号店の思い出

サイゼリヤといえば、今や日本中で知らない人はおそらくいない、イタリア料理中心のファミリーレストランです。しかし、その1号店が市川市・本八幡駅前の商店街にあることは、ほとんど誰も知らないでしょう。このお店、今は「教育記念館」ということになっていて営業はしておらず、お店は残っていますが中に入ることはできません。

実はわたくし、このお店の常連でした。

学生の頃、友達の「さとちゃん」こと佐藤クンと二人でこのお店で晩ご飯を食べるのが、毎週木曜日の夜の習わしでした。

いまでこそ、サイゼリヤといえば30~40席あるのが普通の大型ファミリーレストランですが、僕らが通ったこのお店は4席しかない小さな店で、平日の夜ということもあってか、席が埋まっていることもほとんどない、静かで落ち着いたお店でした。

一階は八百屋さんが入っているビルの、細い階段を上がって二階。階段を登り切って左手に入り口
店に入るとすぐにレジがあって、そのまま2~3歩歩けばすぐに厨房の入り口。
そのまま左に折れると左手に2人席がひとつ。さらに、厨房に沿って右にL字に曲がった店内の、窓際に4人席が3つ。
それだけ。

お店には、細い縁の丸いメガネをかけた男の店員さんが一人。とても物腰の柔らかい人で、余計なおしゃべりはしませんが、質問には笑顔で答えてくれて、必要なことはしっかりこなす、そんな人でした。僕らは常連で、食べるメニューもほぼ決まっていたので(僕はビーフシチューとフォッカチオ、さとちゃんは焼き肉ハンバーグ盛り合わせとライス)、その店員さんは僕らが行くと「いつものですね」とにっこり笑いました。いつも座っている窓際の4人席がふさがっているときは、「・・・もうしわけないです・・・2人席でもよろしいですか?」と、とてもすまなそうに聞いてくれました。たまに違うメニューを注文すると「・・・え?今日は冒険ですか?」とか驚いてくれたりもして。そして、二人で一本のワインを開けながらーーワインだけは毎回変えていました。結局僕らは、当時サイゼリヤにあったすべての銘柄を飲み尽くすことになりましたが、一本だけあったマグナムボトルだけは、ついに飲むことが出来ませんでしたーー閉店時間まで、僕らの共通の趣味であった音楽の話や楽器の話をしながら過ごしました。この習慣は、僕らが大学を卒業するまで続きました。やがてさとちゃんは仕事でカナダに移住。僕は東京に残り仕事に追われ、そして僕らはこのお店のことも忘れていました。

このお店がサイゼリヤの1号店だったということを知ったのは、このお店が「教育記念館」として保存された、今の状態になってからでした。そんなに由緒ある店だったんだ、と驚くとともに、ここにはもう入れないのか、という寂しい気持ちにもなりました。

今でもサイゼリヤにはよく行きますが、そこで食事するたびに、僕はあの光景とあの時の気持ちを思い出します。それは、とても贅沢で、心から満たされていた瞬間でした。そして、できることならもう一度あの席で、ビーフシチューとフォッカチオと、そしてワインを開けたいと思うのです。

飛び回り月間

ども、お久しぶりのニシオカです。

今月に入ってまったくブログが更新できていませんが・・・。

2/3からの青森を皮切りに、名古屋、福岡、熊本と毎週飛び回っておりまして、ブログを書くヒマがまったくございません。さらに、来月頭には韓国・ソウルへ行くかもしれず。

これが全部ライブの予定だったりしたら超売れっ子アーティストみたいでかっこいいんですが、全部本職の方でございまして、プライベートに関わるので詳しくは書けないし、書いても面白くもなんともないという。

で、こういう忙しい時に限って曲のアイデアというものは浮かぶもので、土日の二日間で曲とアレンジと、一緒に詞まで出来てしまったりしてます。これ、まとまった曲としては多分最近では最短記録。(ちなみに、これまでの最短記録は「くりっくすのうた」。歌詞も含めて制作2時間程度) さらには翌週の週末にもう一曲できたりしてて、なんだこの駆け込み制作は。

やっぱこう、なんですかね。時間が取れないとわかってると一気に集中するんですかね。とすると忙しいのも悪くはないなとか思ったりするんですが、それでも毎週出張はきつい。

ソウルが終わったら、一回きちんと休もうと思ってるニシオカでした。

・・・あ、忙しくてもキャンディークラッシュはやってるから大丈夫(何が大丈夫だ)

あけましておめでとうございます

松の内も開け、街はすっかり平常運転に戻っている1月8日。

あけましておめでとうございます。
ニシオカです。

今日、ここまで新年のご挨拶を書かなかったのは、単に正月気分に浸りすぎて、なにもかも忘れちゃったからです。

あけましておめでとうございます。
ニシオカです。

というわけで、2015年。1週間経った現時点の最大の悩みは、Mac OSを10.10.2にアップすべきかどうかです。Pro Toolsのサポートが現在のところ10.10.1までらしいので、あげて万一止まっちゃったらヤだしなぁ。

つまり、それくらい平和な幕開けです。

あけましておめでとうございます。
ニシオカです。

今年はもうちょっと曲を出したいです。現在すでに、リリースのめどが立っている曲が2曲あるので、この調子で行きたいですね。できればそれでお小遣いがもらえるようなことになったら最高。これ、毎年言ってるような気がするけど。結局カネかよ。

あと、今ふと2014年のお正月の日記を読み返してみたら、去年のお正月にこのサイトが40,000アクセスを突破してます。「5周年で40,000アクセス!」とか言ってるので、1年平均8,000アクセスくらいはあったということ。それがいまカウンターを見たら、43,620。この一年で3,620しかありません。そんなはずは・・・と思って、サイトのアクセス数を調べてみたら、2014年9月からの平均でも、ユニークアクセスが月に平均1,200弱。トータルアクセスは月平均で2,500程度。一年で3,620はどう考えても少なすぎる。

おかしいなぁ・・・どこかで間違えてるんだろうか・・・?

もう一つは「あいうえおブログ」が終わっちゃったこと。今年は何を書こうかね?とある人から「こんどはABCで」とか言われたんですけど、あいうえおの二番煎じな感じがしなくもなくもなく・・・。

まぁ、そんななんやかんやも含めて、今年もいろいろとよろしくお願いします!

よいお年を!

さぁ、暮れも押し迫ってまいりまして、今年も残すところあと1日。僕の大好きな季節・年末年始でございます。というわけで、恒例・今年最後のブログで一年を振り返ってみましょう。

振り返るに、今年はいろいろとストレスフルな一年でした。何もかもがうまくいかない。仕事もプライベートも、どうにもスムースに進まず、成果が出せない一年でしたね。ちょっと進むとまたすぐ別の障害が出てきて止まる。その繰り返し。ネタにできるような障害だったらいいんだけど、シャレにならないヤツが多くてね。う〜ん、よくないなぁ。

音楽的にも、今年発表したのは4曲。ダメです。いけません、こんなことじゃ。

まぁ、長く生きてるとこういう年もあるというくらいに思うしかないのでしょうね。

・・・ふぅ。

あ、すっかり暗くなってしまいましたね。さぁ、気を取り直して来年ですよ!来年こそいい年にするのだ!するのだ!するのだぁ〜〜〜!!

・・・ふぅ(カラ元気で疲れた)

・・・まぁね。そんな年もありますよ。でもまぁ、とにもかくにも生きてます。音楽も書けるし、ピアノも弾ける。酒はうまいし姉ちゃんはキレイな人もいればそうでない人もいる。他に何を求めますか!?いや、求める!現状で満足しては進歩はないのです。決して満たされることなく、日々精進するのだ。

というわけで、勢いで来年の決意なんぞを語ってしまったため、引っ込みがつかないまま、今年もそろそろ終わりです。まるで今年の僕の一年を象徴するような最後のブログ、いかがでしたでしょうか?(ただいま、ちょっとスネてます。暖かい目で見てやってください)。来年も皆様にとって良い一年でありますように。

それではみなさま、よいお年を!



クルっと回ったのは条件反射でした

オフィスで、エレベーターに乗る。

乗っているのは僕一人。

なんとなく指を鳴らしてみる。

「パッチン!」

静かなエレベーターにひとりきり。音がよく聞こえる。

左手でも

「パッチン!」

今度は両手で続けて

「パチパチパチン!」

クルっと回ってポール牧

「パチパチパッチン!パチパッチン!」

・・・まさかそこでドアが開くとは思わないじゃない・・・orz

そういう気分にさせる舌打ち

オフィスへ向かうエレベーターを待って、入り口に向かって左側の壁のそばで待機。やがて僕が乗るエレベーターがやってきて、ドアが開く。中を覗くと、降りる人はいない模様。では・・・と乗り込むと、エレベーター内の行先階ボタンの前あたり・・・つまり、僕がエレベーターを待っていた位置からは見えなかった位置にぴったりくっついて立っていた様子の、六十歳過ぎくらいの白髪の男性が出てきて、入り口付近でぶつかりそうになる。びっくりして

「あ、すみま・・・」

まで言ったところで、その男性、僕の顔をおもいっきり睨みつけて、舌打ち一つ。

チッ!

思わず、続きの「・・・せん」を言葉にしないで飲み込む僕。

ありがとう、おじいさん。あの舌打ちのおかげで、あなたに謝らずに済みました。
FC2カウンター
プロフィール

T.Nishioka

Author:T.Nishioka
本家 HP 「Takayuki Nishioka」 へも是非どうぞ!

Please vist to my HP "Takayuki Nishioka" , too!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード